行き先のない道しるべ

アクセスカウンタ

zoom RSS データマックスの対応について

<<   作成日時 : 2008/07/08 16:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

逆ギレキター!

プレナスの「加盟店が泣いている」の記事についての意見メールが届く

2008年07月08日 15:46 更新

 プレナスの「加盟店が泣いている」の記事についての意見メールが届いた。 

  Sさんからのメールはこちら>>

 当社は、消費者として36個の弁当を注文した。たしかに、社内の会議弁当として頻繁に使用していた「幕王」を「幕の内弁当」の代名詞のように用いており、名前がリニューアルした事まで気にしながら会議弁当を食べてはいなかった。記事として公にする際、商品名の確認をしていなかったことについてはこちらの不備である。しかし、このことからも「悪質なクレーム行為」の意図を持って購入したものではないことは明らかである。

 購入した弁当の「消費期限」表示が1ヶ月前6月4日だったことで混乱したのはまぎれもない事実である。また、「ほっともっと」が店舗で調理を行なっていることは認知している。しかし、当社は36個必要だったため、事前発注しておいたものである。購入担当者は実際の調理過程を目にしていない。

 店舗担当者によると、当社が発注した商品については「通常、そういった大量注文に関しては、外部で製造したものを真空パックの状態で当日店舗に持ち込み、専用の保存用機材に入れて置き、発売時にラップを剥いで2時間後の消費期限のラベルを張って販売する」とのこと。「(その商品については)店舗では一切調理しない」とのコメントを得ている。であれば、食品の保存方法が高度化している中で「1ヶ月前に調理したものを解凍して持ち込んでも、消費者は気がつかないのではないか」と考える。店舗側も否定していない。

 ただし、ことの本質はその商品が期限を切れていたがどうかでなく、表示ミスが消費者にそうした疑念を抱かせるということである。そして、本部直営店がミスを犯すことで、賢明に働く加盟店すべてにそうした疑念が持たれてしまう。消費者として「無知」といわれればそれまでだが、そもそも消費者とは無防備なのではないか。Sさん、ことの本質を見誤らないで頂きたい。



 これ、真顔で言ってのかな?だとすれば、プレナスもえらい奴にかみつかれたもんだ。ひいき目に見ても、言い訳にすらなってないわ。

>店舗担当者によると、当社が発注した商品については「通常、そういった大量注文に関しては、外部で製造したものを真空パックの状態で当日店舗に持ち込み、専用の保存用機材に入れて置き、発売時にラップを剥いで2時間後の消費期限のラベルを張って販売する」とのこと。「(その商品については)店舗では一切調理しない」とのコメントを得ている。であれば、食品の保存方法が高度化している中で「1ヶ月前に調理したものを解凍して持ち込んでも、消費者は気がつかないのではないか」と考える。店舗側も否定していない。

 36個の弁当が大量かどうかは議論の余地があるとして、仮にデータマックスの言うとおり、別な場所でつくったものであったとしよう。それがいつ作られたかが問題なのであり、それを調べてから書くべきでしたな。また、先にも述べたように、保存方法が高度化しているのは理解できる。十分な対策を取った保存であれば、1ヶ月持つかもしれない。ただ、そんなことすりゃ、あんな価格でできるもんか。大体、在庫ってのはあるだけで場所も取るし、お金もかかるんだぞ。その在庫を如何に少なくするかってのが、物販特に食品関係では至上命題になっていると思うがね。
 また、ここに書いているとおりなら、外部から持ち込まれた弁当は、すでに盛りつけされているわけだ。調理しないんだから、そうだわな。で、1ヶ月間保存しておいて、あのパッケージングのままで解凍することなんかできるのかね?私には疑問だな。あそこには揚げ物もあったし、野菜なんかもあったようだ。ついでに言えば、紙製のカップを使ってたな。こんなに素材の異なる冷凍物を、きれいに解凍できるとでも思ってるのか?本当に企業情報に詳しい会社とも思えぬな。
 弁当屋でバイトしてたこともあるけど、この手の大量注文に関しては、確かに販売店ではつくらないことが多い。大体、夜中にセンター(調理配送するとこ)で、せっせとつくってたな。保存する場所なんか、あるもんか。通常の冷蔵庫くらいしかなかったぞ。もちろん、つくったものはその日のうちに消費されるのだから、期限もへったくれもない。36個もの大量かつ長期間の保存をする意味がないと思うが。作り置きなんてもんは、まずありませんな。

>ただし、ことの本質はその商品が期限を切れていたがどうかでなく、表示ミスが消費者にそうした疑念を抱かせるということである。そして、本部直営店がミスを犯すことで、賢明に働く加盟店すべてにそうした疑念が持たれてしまう。消費者として「無知」といわれればそれまでだが、そもそも消費者とは無防備なのではないか。Sさん、ことの本質を見誤らないで頂きたい。

 疑念を抱いたのは、あんたのとこだけだと思うな。他の人、いや常識人なら、「表示がおかしいよ」「ああ、すいません」ですんだことだと思うな(冗談でからかう人もいるだろうが)。まさか、1ヶ月前の弁当という発想は無いと思う。
 事の本質というなら、この弁当がいつ作られたかを、きちんと調べるべきだったと思うぞ。Sさんの指摘は正しいと思う。
 まあ、表示ミスについては、もちろん、反省を促すのはいい。ただ、あたかも1ヶ月前の弁当が配られていたと断定した記事はまずかったとは思うけどね。そのことで逆ギレというのは、情報を売り物にしている会社としては、いかがなものか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
データマックスの対応について 行き先のない道しるべ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる