行き先のない道しるべ

アクセスカウンタ

zoom RSS 教育者・・・・・のようなもの 

<<   作成日時 : 2008/10/16 21:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 これが教育に携わる人たちのやることか?


保育園の野菜畑 行政代執行で立ち退きへ 大阪・門真 (1/2ページ)
2008.10.16 00:48

行政代執行を受ける予定の野菜畑を訪れた北巣本保育園の園児ら=15日午後3時10分、大阪府門真市(永原慎吾撮影)
 第二京阪道路(京都市伏見区−大阪府門真市)の建設予定地に位置する北巣本保育園(門真市)の菜園が、16日に大阪府が行う行政代執行によって撤去される。近くサツマイモが収穫時を迎え、園児らがイモ掘りを楽しみにしていたといい、同園では「橋下知事は“子供が笑う大阪”と言っていた。なんとか子供の楽しみと食育の場を奪わないで欲しい」と懇願するが、府は「これ以上待てば、工事に差し支える」と強硬な姿勢を崩さない。

 野菜畑は同園理事の松本剛一さん(49)個人の土地だったが、20年ほど前から園児たちの菜園として提供。園児らは毎年、サツマイモやトマト、ピーマンなど四季の野菜を育て、近所の幼稚園児らとともに収穫、食べるのが恒例行事だった。

 松本さんは、平成15年に用地買収の交渉が始まっても「畑は園児たちにとって食べ物のありがたさや自然の雄大さを学んでもらう大切な場所」として用地売却を拒否していたが、今年3月に強制的な立ち退きが決定した。決定の取り消しを求めた大阪地裁での裁判でも「同園での食育活動は、他の代替地でも可能」などとして訴えは棄却され、現在も係争中だ。

 保育園では14日、保護者らとともに、府などに対し「高裁の判断も30日に出るし、あと2週間、芋掘りまで待ってほしい」という内容の要望書を郵便とファックスで送った。

しかし府は「これ以上の延期すれば工事が間に合わない」と行政代執行を断行する構えだ。

 松本理事は「どうしてあとわずか2週間が待てないのでしょう。子供たちが育てた作物を奪う権利が、だれにあるのでしょうか。高速道路ができれば排気ガスなど園児への影響も心配です」と話している。




 はじめて知った時は、「むごいなあ」と思いもした。が、「行政代執行」なんてものがそう簡単にされるわけがないから、事前に何度も通告があったはずだとも思っていた。で、いろいろ調べてみた。まあ、うさんくささ全開だな。
 上には挙げてないが、一番最初のページに写真があり、そのキャプションが冒頭の部分。

>行政代執行を受ける予定の野菜畑を訪れた北巣本保育園の園児ら=15日午後3時10分、大阪府門真市(永原慎吾撮影)

 ん?前日に園児を連れて畑に来てるじゃないの。何でこの時、芋掘りさせてやらなかったのか。そうすれば、園児が傷つくこともなかったろうに。この時点で疑問に思う人も多いだろう。
 で、実際に代執行されて、更地になったというわけだ。この時、わざわざ、朝の7時から、農園に園児を連れて行き、プラカードを持たせるという準備の周到さ(ちなみにプラカードは園児の自作と思われる。○○の洗脳はこんな時から始まるのか・・・・・)。いかにもマスコミが好きそうなシチュエーションで、どうも尻がムズムズする。

 プラカードつくってる暇があるなら、芋掘りさせてやれ。

 もっとも、彼らの思い通りの絵にはならなかった。府はそこに栽培されていた野菜等を丁寧に収穫しておいてあるようだ。要請があれば返却するようです。

芋なんざ重機で踏みつぶしてくれたらよかったのに・・・・・

と思う人もいたんだろうな。おあいにく様。


>松本理事は「どうしてあとわずか2週間が待てないのでしょう。子供たちが育てた作物を奪う権利が、だれにあるのでしょうか。高速道路ができれば排気ガスなど園児への影響も心配です」と話している。

 2週間どうしても待ってほしかったのはあなたでしょ。とってつけたような園児の心配ありがとうございます。こういう人が教育現場にいることで、園児への影響が心配です。


とあるサイトのまとめより引用。


■この話の問題点

1) 子供達はこの問題ははっきりいって一切関係ない。
2) 強制収用自体も特に問題ない。
3) 農地の相続税減税特例(20年農業したら減税)が、強制収用で中断された場合、
減税分を追徴課税するのはおかしい。

(マスコミ)園児たちが育ててきたサツマイモや落花生が引き抜かれ、整地された。

作物は府で収穫して府の土地であるから一時保管し要請があればいつでも手続きを経て返却できる

(マスコミ)「収穫までのあと2週間をなぜ待てないのですか」

あと?さらにじゃなくて?もう他人の土地だよ。
平成15年から任意買収交渉して19年に収用委員会へ裁決申請。
20年3月に採決し供託金も払い込み4月1日には所有権が移転し4月10日を明け渡し期限とした。


(マスコミ)「収穫までのあと2週間をなぜ待てないのですか」

所有権移転してから6ヶ月に代執行されることは
市民団体さんついてるし知ってるんじゃないですか?


(マスコミ)「収穫までのあと2週間をなぜ待てないのですか」

芋は2週間ではそれほど育たないし十分に食べられるし問題ない。
しかも10日前に最終通知され前日は3連休。
しかも芋ほりの時期は普通9月下旬から10月中旬。
幼稚園で10月下旬から11月初旬に芋ほりなんて聞いた事ない。


(マスコミ)「収穫までのあと2週間をなぜ待てないのですか」

テレビ局呼んでプラカードを作って待ち受けるな事前に収穫すればいいのに。

(マスコミ)サツマイモ畑には子どもの思いがどれだけ詰まっていると思っているのですか」

保育園はわざわざ明け渡し期限の遅い時期に芋を植えて、子供を交渉の道具に使っています。

(マスコミ)事業用地は保育所の畑を除き、まだ7件、約3千平方メートルが未買収だ。

除かなくてもそこは買収済み。

5年前:府との交渉開始
○年前:畑の部分の取引が成立
今年3月:何時まで経っても居座ってるので強制収用決定
今年6月:サツマイモを植える
今年10月:行政代執行開始
どう考えても確信犯です。
本当にありがとうございました。



 ちなみにこの方、園長(理事長)ではない。もちろん、この行政代執行が行われる土地も園の土地ではない。この理事個人の所有物だ。その所有物をまもるため、園を利用したのか?(大体、こういうやり方は汚いんじゃないの。営農するならきっちり営農しろ。しないならしないで、しっかり税金を納めろ)。
 子供を人質に取ったこういうやり口。どこかで見たような気がしますな。やはり、朱に交われば・・・というやつかね。

 こころある教育者はこういうやつに「No!」をたたきつけろ!

 いないなら、しかたないけど・・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
教育者・・・・・のようなもの  行き先のない道しるべ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる