行き先のない道しるべ

アクセスカウンタ

zoom RSS 本邦では絶滅の恐れのある(した?)ジャーナリストのお言葉

<<   作成日時 : 2009/03/25 11:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本では、環境庁の哺乳類レッドリストにあがってもおかしくない「ジャーナリスト」のお言葉。

the malaysian insider
Aso falls victim to media attacks — Kwan Weng Kin
FEB 20 — Is Japanese Prime Minister Taro Aso just a manga-loving politician who cannot read Chinese characters correctly, or is he one of the few Japanese leaders who speak English and know their economics? If all that most Japanese know about Aso comes only from television, they would probably have a pretty low opinion of their Prime Minister.

For Aso is clearly a victim of Japan's four privately owned television networks, which seem to treat politics no differently from any other form of programming — namely, the subject must be entertaining, or else.

Japan's sole public broadcaster NHK is the notable exception, its political reports always painstakingly objective to the point of being dreary at times.

But for the four private networks, everything is fair game, from knocking Aso's manga addiction to mocking his daily habit of winding down at members-only bars in five-star hotels.

Such reports, if dished up in small portions now and again to liven up otherwise humdrum political news, probably do little harm.

But they can ruin a politician if they are aimed at belittling him and shown umpteen times throughout the day on news shows that begin as early as 5.30am, with the last of them not ending until well past midnight.

It is telling that the presenters of the more popular of these shows are not news professionals.

Ichiro Furudachi, who hosts the nightly Hodo Station news show, made his mark as a sportscaster for professional wrestling events and is frequently out of his depth when discussing the day's political issues.

Meanwhile, Monta Mino, who presents a three-hour morning news show, holds the Guinness World Record for being the TV host with the most hours of live TV appearances in a week — 22 hours, 15 seconds — most of them on variety programmes.

And when Mino and his counterparts at other networks are not making snide remarks or taking potshots at Aso, they are busy coaxing their studio guests to do so.

For the sake of balanced opinion, however, the anchor, or one of his guests, will at some point in the show dutifully rattle off prepared comments in support of Aso.

But otherwise, what often comes over on the TV screen is a concentrated attack on the Prime Minister that takes place simultaneously across all the networks.


Skewed reporting of Aso's stimulus measures to save the Japanese economy has also made him appear to have done little on that front so far.

The measures he compiled are too numerous to be listed on a single A4-sized sheet, let alone discussed in any detail within the limited time of most TV shows.

So the networks have latched on to just one of those measures — his controversial proposal to give a total of 2 trillion yen (RM78 billion) in cash to all residents.

Siding with the opposition, the networks have generally portrayed the handouts as pork-barrel politics designed to win votes ahead of a general election.

They also said the handouts were really no more than a rebate on income tax, conveniently ignoring the fact that for millions of low-wage earners and pensioners who do not pay such taxes, the 12,000-yen gift per person is really money from heaven.

There has also been a disturbing tendency of late by the networks to rush to conduct opinion polls straight after the breaking of news unfavourable to Aso.

Issues include last week's public tirade by ex-premier Junichiro Koizumi against Aso over postal reforms and this week's resignation of Finance Minister Shoichi Nakagawa over his unbecoming behaviour at an international press conference recently. As people who are surveyed under such circumstances are apt to remember only the bad news, one can hardly expect Aso's popularity to go up — only down.

It would of course be naive to assume that the networks have no hidden agendas and that all the slanted reporting is purely the result of television producers' desperation to drive up viewer ratings.

In fact, the key private networks are owned by media companies that have their own national daily paper, and whose political views range from the right, all the way to the left.

The policies of the networks therefore reflect the political ideology of their respective owners and editors.

At times, as was the case during the Koizumi administration, the networks can be cheerleaders for the prime minister to the point of virtually banning all criticism from their shows.

But with Aso, the networks seem unwilling to give him the benefit of the doubt and have joined hands with the anti-Aso opposition in denouncing the Prime Minister at every opportunity.

There is reason to believe that some politically ambitious media moguls and backroom political operators may also be behind the recent surge in anti-Aso reports on the air.

But even when lampooning their politicians, Japanese networks are able to maintain a level of polite decorum.

Not so in the freewheeling media of neighbouring Taiwan or South Korea, where things can get pretty rough.

For instance, although the popular political satire TV show in Taiwan called Party goes easy on Taiwanese President Ma Ying-jeou due to his staid, squeaky- clean image, it is no-holds-barred exploitation for laughs when it comes to disgraced ex-president Chen Shui-bian.

In Japan, many bloggers have blasted their media for biased reporting against Aso, saying they have played down his strong points while keeping mum about the opposition's weaknesses.

In a piece for the Sankei Shimbun last December, American economist Richard Koo held up Aso as one of the few Japanese prime ministers who understand the problems in the country's economy and whose policies he says are being studied by foreign leaders.

It is therefore “sheer madness” for the Japanese media to want to destroy Aso over such trivial failings as mispronouncing a Chinese character, said Koo, who works for the Nomura Research Institute.

But amid his deepening woes, there appears to be a bright spot for Aso: A survey published yesterday shows that he has the backing of most local chapters of his Liberal Democratic Party to lead it into a general election this year.

According to the poll in the Asahi Shimbun daily, 30 of 47 LDP chapters have pledged support for Aso, although some confessed to doing so reluctantly.

It bears remembering that local party chapters were instrumental in toppling then-Prime Minister Yoshiro Mori in 2001 when public support for him fell. — The Straits Times



以下、機械翻訳(本格翻訳4)

Asoはメディア攻撃の犠牲になる? クワンWeng Kin
2月20日? 日本語総理大臣タローAsoは、単に、漢字を正しく読むことができないマンガを愛する政治家であるか?または、彼は、英語を話し、彼らの経済学を知っている少数の日本語のリーダーのひとりであるか? ほとんどの日本人がAsoについて知っているすべてがテレビからだけ来るならば、彼らはたぶん彼らの総理大臣のかなり低い意見を持つであろう。

日本の4つの私的に所有されたテレビ放送網 プログラミング?、すなわち主題のどのような他のフォームからでも政治を別にいいえ扱うようであることについての, の犠牲者が、はっきりとAsoのためにである 面白いにちがいない または。

日本の唯一の公的なアナウンサーNHKは注目すべき例外(時々退屈なポイントへのいつも勤勉な目的のその政治報告)である。

しかし、4つのプライベート・ネットワークのために、Asoのマンガ中毒を打つことから、彼の、五つ星のホテルの会員制のバーでほどける日常の生活習慣をあざけることまで、すべてはまともに勇ましい。

そのようなリポートは、違った形で単調な政治のニュースを活気づけるために時々小さな部分で皿に盛られるならば、たぶんほとんど傷つけない。

しかし、彼らが、彼を軽んじることに向けられて、健康な過去の真夜中まで終わっていない彼らの最後から5.30amと同じくらい早く始まるニュースショーの上の日にわたって多くの時を示されるならば、彼らは政治家を滅ぼすことができる。

それは、よりこれらのショーのポピュラーなものの提出者がニュースプロフェッショナルではないと報じている。

夜のホドステーションニュースショーを主催するイチローFurudachiはプロレスイベントのためにスポーツ解説者としての彼のマークを作り、頻繁に、日の政治的な問題を議論する時に彼の能力を超えている。

その間、みのもんた、誰が3時間のモーニングショーを見せるか、1週間でのライブテレビ出演の最も多くの時間を持つテレビの司会者であるためにギネス世界記録を保持するか? 22時間(多様性プログラムの上それらのほとんど15秒?)。

そして、ミノと他のネットワークの彼の対応するものが嫌味な意見を述べていて、Asoで乱射を取っていない時に、彼らは、そうすることにそれらのスタジオ客をうまく扱ってすることに忙しい。

しかし、釣り合いが取れた意見のために、アンカーまたは彼の客の1人はショーにおけるあるポイントでAsoのサポートにおいて忠実に準備されたコメントをすらすら言うであろう。

しかし、違った形で、何がしばしばテレビ画面で来るかは、すべてのネットワークを横切って同時に起こる総理大臣への集中的な攻撃である。


日本経済を保存するAsoの刺激策の斜めにされた報告は、また彼を、これまでにその正面の上でほとんどしなかったように見せた。

彼が編集した手段は、ほとんどのTV番組の制限された時間以内にどのような詳細においてでも議論されるどころか1枚のA4サイズのシートの上でリストされるには多すぎる。

従って、ネットワークは、onにおいて、すべての居住者に2兆円(RM78 10億)の合計を現金で与える彼の論争の提案にラッチをそれらの手段?のうちのちょうど1回に掛けた。

反対に味方して、総選挙の前で票を勝ち取るために、利益誘導政治がデザインした時に、ネットワークは一般にハンドアウトを描いた。

彼らはまた、そのような税金を支払わない数百万人の低い賃金労働者と年金受給者にとって、一人あたり12,000円の贈り物が本当に天国からのお金であるという事実を便利に無視して、ハンドアウトが本当に所得税の上の割引にすぎないと言った。

また、世論調査がAsoに不都合なニュースの壊れの後にまっすぐに指揮するために突進するために気がかりな傾向がネットワークによって最近あった。

問題は郵便の改革の上のAsoと最近の国際的な記者会見の彼の不穏当な行動の上の財務大臣ショウイチ・ナカガワの今週の辞任に対して前首相小泉純一郎による先週の公的な長談義を含む。 そのような状況の下で調査される人々が、凶報だけを覚える傾向があるので、人は、ほとんど、Asoの人気が減っているだけである?を登ることを期待することができない。

ネットワークが思惑を全然持っていなく、すべての傾いた報告が、ビューア格付けをつり上げるテレビ製作者の自暴自棄のまったく結果であると仮定することはもちろんナイーブであろう。

実のところ、重要なプライベート・ネットワークは、彼ら自身の全国毎日の紙を持っていて、政見が右からずっと左に及んでいるメディア会社によって持たれている。

従って、ネットワークの方針はそれらのそれぞれのオーナーとエディタの政治的なイデオロギーを反映する。

時々、小泉政権の間のケースがそうであったように、ネットワークは、事実上彼らのショーからすべての批判を禁止するポイントへの総理大臣のためのチアリーダーであるかもしれない。

しかし、Asoとともに、ネットワークは、彼に対して疑点を善意にとることをし、すべての機会で総理大臣を弾劾することにおける反Aso野党と手を組みしぶったようである。

そのある政治的な野心があるメディアをモーグルと信じる理由と政治的なオペレータが空気についての反Asoリポートの中の最近の急増の後ろでまたあるかもしれない奥の部屋がある。

しかし、それらの政治家を風刺する時にさえ、日本のネットワークは、丁寧な端正さのレベルを維持することができる。

隣接している台湾または韓国の自由奔放なメディアの中でそうでない(そこで、物はかなり荒くなることができることでない)。

例えば、パーティーと呼ばれる台湾でのポピュラーな政治風刺TV番組が彼の着実で、キーキー声掃除のイメージのため台湾大統領Maインjeouに優しくするけれども、それは汚された元社長陳水扁となると笑いのための激しい利用である。

日本で、多くの書き込む人は、反対の弱さについて無言の状態を保つ間に、彼らが彼の長所を軽視したと言ってAsoに対して偏っている報告のために彼らのメディアを爆破した。

去年の12月の産経新聞のための断片の中で、国の経済において問題を理解していて、彼が、保険証券が外国のリーダーによって勉強されていると言う少数の日本の総理大臣の1人として、アメリカエコノミスト リチャード・クーはAsoを挙げた。

従って、日本のメディアが、漢字の発音を誤ることのような些細な欠点の上でAsoを破壊したいことは「本当の狂気」であると、野村総合研究所のために働くクーは言った。

しかし、彼の深まる苦難の中央で、Asoのための明るい場所があるように思われる: 昨日出版された調査は、今年それを総選挙に導くために、彼が彼の自由民主党のほとんどの地方支部のバックを持っていることを示す。

毎日の朝日新聞での投票によると、いくつかが、しぶしぶそうしたことを白状したけれども、47の自由民主党章の30はAsoへの支持を誓約した。

それは、ローカルな政党支部が、彼への公的な支持が低下した時に2001年にその時森喜朗総理大臣をひっくり返すことについて手段となっていたことを覚えていることに耐える。 ? ストレーツタイムズ



 こういうのがジャーナリストだよな。今の報道管制状態を、海外のジャーナリストは薄気味悪く見ているわけだ。それ故、その報道に関しては「まゆつば」なんだろう。上韓国か支那並みと見ているのだろう(国内問題に関しては、下朝鮮の方がましかもしれん。日本が絡むとグダグダだが)。

 しかし、海外メディアは痛烈だね。


>夜のホドステーションニュースショーを主催するイチローFurudachiはプロレスイベントのためにスポーツ解説者としての彼のマークを作り、頻繁に、日の政治的な問題を議論する時に彼の能力を超えている。

その間、みのもんた、誰が3時間のモーニングショーを見せるか、1週間でのライブテレビ出演の最も多くの時間を持つテレビの司会者であるためにギネス世界記録を保持するか? 22時間(多様性プログラムの上それらのほとんど15秒?)。

そして、ミノと他のネットワークの彼の対応するものが嫌味な意見を述べていて、Asoで乱射を取っていない時に、彼らは、そうすることにそれらのスタジオ客をうまく扱ってすることに忙しい。

しかし、釣り合いが取れた意見のために、アンカーまたは彼の客の1人はショーにおけるあるポイントでAsoのサポートにおいて忠実に準備されたコメントをすらすら言うであろう。

しかし、違った形で、何がしばしばテレビ画面で来るかは、すべてのネットワークを横切って同時に起こる総理大臣への集中的な攻撃である。



外国人でさえ気付いている欺瞞。それが視聴者に気付かれていないと思っているマスゴミ。

小沢秘書起訴で、ちっとは変わるかな・・・・・変わらんか

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本邦では絶滅の恐れのある(した?)ジャーナリストのお言葉 行き先のない道しるべ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる