行き先のない道しるべ

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK(日本偏向協会)提訴から一夜明けて

<<   作成日時 : 2009/06/26 10:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 さて、発表から一夜あけました。今のところ、テレビはあまりさわりたくない様子。NHKはと言えば、五時のニュースで流しただけかな。ま、民放に比べればまだましか。民放なら先ず報道しないもんな。そのことだけは評価します。

アリバイ作りの報道であったとしてもだ。

報道局の人間はこの提訴を受け、どのように考えているのだろうか。この報道姿勢を見る限り、同じ穴の狢としか思えんが。

 このニュースを取り上げた新聞社は、

朝日・読売・産経・毎日・共同

と大体出そろったようだ。さすがに無視を決め込むのは具合が悪いと踏んだのだろう。

朝日:台湾統治巡る番組「偏向」 8389人、NHKを提訴
2009年6月25日21時21分

 日本の台湾統治をめぐるNHKの番組「アジアの“一等国”」が偏向し、公正さなどを期待した視聴者が精神的損害を受けたとして、小田村四郎・元拓大総長ら8389人が25日、NHKに対し、1人当たり1万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

 訴状によると原告は、番組は「日台戦争」といった言葉を誤って使い、日本の統治時代に台湾の人が不当な扱いを受けたかのように偏って伝えた、などと主張している。原告はインターネットなどでの呼びかけを通じて集まった。

 提訴に対し、NHKは「番組の内容には問題がなかったと考えている」との談話を出した。



読売:「台湾統治で偏向報道」視聴者8千人がNHK提訴

 日本の台湾統治を扱ったNHKの番組を巡り、全国の視聴者約8300人が25日、「事実と異なる偏向報道が行われた」として、NHKに対し、1人あたり1万円の慰謝料を求める訴えを東京地裁に起こした。

 問題とされたのは、4月5日に放送された「シリーズJAPANデビュー」の第1回「アジアの“一等国”」。訴状によると、番組では台湾人に対する日本政府の弾圧や差別が描かれていたが、原告らが出演した台湾人に確認したところ、本人の意図が歪曲(わいきょく)されていたと主張。「NHKの手法は公平な報道を定めた放送法に違反する」と訴えている。

 放送後、一部の原告がインターネットなどで視聴者に訴訟参加を呼び掛けた。

 NHK広報局の話「訴状を受け取っておらずコメントできない。番組内容には問題がなかったと考えている」
(2009年6月25日22時05分 読売新聞)



産経:NHK相手に8400人が集団提訴 「JAPANデビュー」歪曲報道で
2009.6.25 17:22

 NHKスペシャル「シリーズ・JAPANデビュー アジアの“一等国”」に出演した台湾人や日台友好団体などから番組内容に偏向・歪曲(わいきょく)があったと批判が相次いでいる問題で、視聴者約8400人が25日、放送法などに反した番組を見たことで精神的苦痛を受けたとして、NHKに計約8400万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。

 問題の番組は日本の台湾統治時代を取り上げたもので、4月5日に放送された。放送直後から「日本の台湾統治を批判するため、証言をねじ曲げている」などの批判が相次いだ。

 原告は訴状で番組について、「取材に応じた台湾人の話を、一方的に都合良く編集して使っている」などと指摘。具体的には(1)台湾統治下の暴動を「日台戦争」と表現(2)「日英博覧会」でパイワン族の生活状況を実演紹介した企画を「人間動物園」と表現などを挙げ、番組にはやらせや事実の歪曲・捏造(ねつぞう)があり、放送法に違反する番組だった−などと主張している。

 原告には、約150人の台湾人も含まれている。原告側は今後、出演した台湾人や友好団体の関係者の証人申請や、出演者らがNHKに出した抗議文などの提出も検討している。また、東京、大阪、名古屋では、放送に反発する地方議員や有識者ら有志が抗議デモを行った。

 NHK広報局は「訴状を受け取っていないのでコメントできない。番組の内容には問題がなかったと考えている」としている。

「シリーズ・JAPANデビュー」

 NHKによると、近代国家を目指し世界にデビューした日本がなぜ国際社会で孤立し敗戦を迎えたのかを考え、未来へのヒントを探るのが企画の狙い。テーマは「アジア」「天皇と憲法」「貿易」「軍事」の4つで、うち「アジアの“一等国”」は、その第1回。近代日本とアジアの原点を台湾統治に探る内容としている。



毎日:提訴:「NHKスペシャル」内容めぐり8389人 偏向と

2009年6月25日 20時8分 更新:6月25日 22時53分

 戦前の日本による台湾統治を取り上げたNHKスペシャルは事実を捏造(ねつぞう)し、偏向した放送法違反の内容だとして、小田村四郎・元拓殖大総長ら8389人が25日、NHKを相手に1人当たり1万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。

 番組は今年4月5日に放送された「シリーズ・JAPANデビュー 第1回アジアの“一等国”」で、証言や史料から統治を検証する内容。

 訴状で原告は「台湾総督府民生局長だった後藤新平が産業発展に貢献したにもかかわらず、弾圧差別の首謀者としてのみ描いている」と主張。併合直後に起きた台湾人による暴動と日本軍による鎮圧について「『日台戦争』と呼んでいるのは、弾圧の厳しさを印象づけようとするもので、事実を曲げないことなどを定めた放送法に違反する」と訴えている。

 NHKは「番組の内容には問題がなかったと考えている」とコメントした。



共同:NHKの台湾支配報道は「捏造」 歴史研究者ら8千人提訴

 戦前の台湾に対する日本の植民地支配を報じたNHKのドキュメンタリー番組は「事実を捏造し、放送法違反に当たる」として、歴史研究者や視聴者ら8389人が25日、NHKに1人当たり1万円の損害賠償を求め東京地裁に提訴した。

 番組は4月5日放送のNHKスペシャル「シリーズ・JAPANデビュー」の第1回「アジアの“一等国”」。植民地時代の台湾について、現地で発見された台湾総督府文書などの資料や、当時を知る住民へのインタビューを基に構成した。

 原告は小田村四郎・元拓殖大総長や中村粲・昭和史研究所代表のほか、インターネットなどを通じ集まった視聴者ら。

 訴状で原告側は「番組は当時の日本がいかに現地の住民を虐待、差別、利用したかを延々と述べている」と主張。放送後に現地調査をした結果、出演した住民のほぼ全員がNHKに訂正と抗議を求めたとし「悪質なやらせ取材などがあった」としている。

 NHK広報局は「訴状を受け取っておらずコメントできない。番組内容には問題がなかったと考えている」としている。
2009/06/25 16:21 【共同通信】



 とりあえず、大手報道社すべてで報道されたのはいいこと。空前の規模であることが何処にも書かれてないのがなんだし、扱いに気になるところもあるが。
 朝日・読売の記事は、アリバイ作りだな。それ以上のものじゃないだろう。とりあえず、何かを意図しているようには見えない。続報はおそらく無いだろう。
 産経は、以前からこの問題を追いかけていただけに、他よりも扱いがでかい。ちょっと気になる表記もあるが、筆が走ったという感じだな。
 上記新聞と毛色が違うのが、毎日Hentaiと共同。一見すると、さほど違わないように思えるが、ここが違う。

朝 日    偏向
読 売    偏向・歪曲
産 経    偏向・歪曲・捏造
毎日Hentai 捏造・偏向
共 同    捏造・やらせ取材


何処に軸足を置いているか、よく分かる。毎日Hentaiと共同、とりわけ共同は捏造でいきたいようだ。確かに捏造だけを主軸に置いた訴えなら、NHKに分があるだろう。確かに、番組では事実しか出さなかったしな。しかし、それは半分の真実でしかない。目隠しをした人が、象の鼻に触って「象とは太い蛇のようなものだ」と言っても、それは事実かも知れんが真実ではない。放送法3条に定める規定に違反していると思う。共同の「やらせ取材」に至っては「矮小化」をもくろんでいると言われても仕方あるまい。

 さて、ここまでのニュースは国内のことだけで、NHK(日本偏向協会)は台湾からの抗議は無いというスタンスだったが、このたび、言い逃れの出来ない正式な抗議書が出されたようだ。


産経:【NHK提訴】台湾民間団体「友愛グループ」も抗議書
2009.6.25 18:45

 【台北=山本勲】台湾の民間団体「友愛グループ(台北市、陳絢暉会長)」は22日、NHKのドキュメンタリー番組「アジアの“一等国”」(4月5日放映)がグループ関係者の発言を偏向報道したとして抗議と訂正を求める文書を福地茂雄会長あてに郵送した。友愛グループは戦前の台湾で日本語教育を受けた世代を中心に「美しく正しい日本語を台湾に残そう」との趣旨で1990年代初めに発足、勉強会などの活動を続けてきた。

 同グループによると、NHKはインタビューした元メンバーの柯徳三さんら友愛会関係者の発言中、日本を批判した部分だけを放映し台湾の人の心と日台関係を傷つけたという。



 実に興味深いですなあ。「美しく正しい日本語を台湾に残そう」と言う趣旨で発足した団体メンバーが、日本が悪い一点張りだったってのがNHK(日本偏向協会)の主張なわけだ。

台湾人を差別・弾圧・殺戮し、富の大部分を持って行かれ、台湾語を強制排除した日本の美しい言葉を台湾に残そう

って、どんな団体だよ。
 この団体の設立意図から考えても、NHK(日本放送協会)の取材を受けた理由も分かろうというものだ。台湾と日本との友好を願って受けたことは想像に難くない。それがあのような番組に化けたとなれば、憤るのは当たり前だ。まさか、NHK(日本偏向協会)だとは思わなかっただろう。

NHK(日本偏向協会)がどうでるか、お手並み拝見と行きますか

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK(日本偏向協会)提訴から一夜明けて 行き先のない道しるべ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる