行き先のない道しるべ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本の失敗がうれしくてたまらないゴミ  それでもがんばる「あかつき」

<<   作成日時 : 2010/12/09 08:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 さて、今日は「あかつき」の件。うまくいかなくて残念。しかし、おもしろいのは報道各社の対応の違い。前回、「はやぶさ」の折には、完全に無視を決め込んでいたマスゴミ各社が、今回の失敗はこぞってニュースにしてる。奴らが何を望んでいるのか、よく分かる報道ですね。


産経:失敗の金星探査機「あかつき」 6年後に再チャレンジ
2010.12.8 12:38

(写真)
金星探査機「あかつき」の軌道投入が失敗し、図面を手に説明する中村正人プロジェクトマネジャー=8日午前11時40分、相模原市の宇宙航空研究開発機構

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は8日、通信トラブルが発生していた日本初の金星探査機「あかつき」の金星周回軌道への投入に失敗したと発表した。JAXAは検討チームを設置し、詳しい原因を調べる。軌道を修正すれば6年後に再チャレンジできるため、それまで機体を休眠状態にして備えるという。

 日本の宇宙開発にとって悲願だった地球以外の惑星周回軌道への探査機投入は、平成15年の火星探査機「のぞみ」に続き、再び失敗した。会見した計画責任者の中村正人JAXA教授は「重力のある惑星に(探査機を)投入するのは難しかった」と話した。

 JAXAによると、あかつきは7日、減速のために12分間の予定で逆噴射を開始。しかし、地球から見て金星の裏側に回っている間に、何らかの原因で緊急時モードに入り、2〜3分ほどで逆噴射を中断したと推測される。

 軌道データを分析した結果、現状ではすべての燃料を使っても周回軌道に入れることは不可能と判明し、8日午前3時すぎに投入を断念したという。

 機体に損傷は見られないといい、今後軌道を修正すれば平成28(2016)年12月〜同29年1月の間に2回、再投入の機会が訪れる。中村教授は「途中で科学観測も行い、(機体に搭載された)皆さんのメッセージを送り届けたい」と話した。


 JAXAの皆さん、お疲れ様。まだ希望もあるようなので、これからに期待。
 さて、ここにあげたのは産経なのですが、これはまだましな方です。ちなみに朝日が書くとこうなる。

朝日:金星探査機「あかつき」、周回軌道投入に失敗2010年12月8日12時30分

写真
会見で厳しい表情を見せる「あかつき」計画責任者の中村正人教授(右)と小野田淳次郎所長=8日午前11時1分、神奈川県相模原市、東山正宜撮影
写真
金星軌道に入るあかつきの想像図=宇宙機構、池下章裕氏提供
写真
金星探査機「あかつき」を載せて飛び立つH2Aロケット=2010年5月21日、鹿児島・種子島、長沢幹城撮影

 宇宙航空研究開発機構は8日、金星に接近した後に通信ができにくくなった探査機「あかつき」について、金星を回る軌道投入に失敗したと発表した。あかつきを減速させるエンジン噴射がうまくいかなかった。すでに金星から離れる軌道に乗っており、今後修正しても、現段階では周回軌道に乗せることは不可能だと判断した。6年後に再び金星に接近する機会があるため、このときに軌道投入に挑戦するという。

 計画責任者の中村正人教授は記者会見で、「大変残念な結果になり、国民の期待に沿えなかったことは申し訳ない」と述べた。宇宙機構は、宇宙科学研究所の小野田淳次郎所長をトップとする調査・対策チームを設置した。

 あかつきは7日朝、金星を回る軌道に入るためのエンジンを逆噴射した直後に一時通信ができなくなった。緊急時に機体を回転して姿勢を安定させる「セーフホールドモード」に入ったことが確認された。通信速度が遅い非常用の通信しか使えず、あかつきの詳しい軌道や、機体状況の把握に時間がかかっていた。

 7日夜から8日朝にかけ、あかつきから送られたデータを調べたところ、逆噴射をする時間が計画では12分だったのに、2、3分しかできていなかったことがわかった。セーフホールドモードに入る際に噴射が止まったとみられる。あかつきは金星から飛び去り、太陽をまわる軌道に乗っていた。残された燃料をすべて使い切っても、金星をまわる軌道に戻すことは不可能だと判断した。

 ただし、いまのところ機体に故障は見つかっていない。宇宙機構の再挑戦が6年後になるのは、現在のあかつきと金星の軌道から計算した結果。内蔵している蓄電池の寿命は4年程度だが、6年後までの間、太陽電池を常に太陽に向けて発電し続け、使用量を抑えれば、長持ちさせられるという。

 あかつきは5月に鹿児島・種子島から打ち上げられた。半年かけて金星に到着。金星を回りながら、高速の風「スーパーローテーション」がなぜ吹いているのかなど、金星の大気を調べる計画だった。開発と打ち上げにかかった費用は計約250億円。(東山正宜)


 まあ、いいだろう。しかし、最後の一文は何だ?

>開発と打ち上げにかかった費用は計約250億円。

これは、安いということか?いやあ、そうじゃあるまい。

「仕分けろ」

との朝日からの声だな。私なんぞは、格安だと思うが。

 他のマスゴミの報道も似たり寄ったりだ。「はやぶさ」の件と、今回の件について考えて解ること。

マスゴミは日本の失敗がうれしくて仕方ない

ということだな。どこの国の報道機関なんだか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本の失敗がうれしくてたまらないゴミ  それでもがんばる「あかつき」 行き先のない道しるべ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる