行き先のない道しるべ

アクセスカウンタ

zoom RSS 今度は海江田 失言・・・じゃねえな、パワハラだ

<<   作成日時 : 2011/03/22 17:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 毎日、毎日、よくもこう失策できるもんだな。マスゴミが報道しないから持ってるようなもんだ。麻生政権下でこれがおきてたら、ゴミ共の姿勢は違ったろうな。ゴミ共が少しでも機能するためにも、「自民党政権」の方がましだろう。今、ゴミ共のチェック機能はOFFになってる。今回も発言力および情報発信できる人からの抗議だからこうなったが、握りつぶされている犠牲者も多いと思うな。
 今回の馬鹿は「海江田万里」。評論家だけやってりゃいいものを、どっかの馬鹿におだてられたんだろ。「あなたなら日本を変えられる」とか言われてな。自分の無能に気づいてりゃ、評論家のままでいたろうに。ま、それがわからんからこそ、「評論家」であり「民主党員」なのだろう。
 事件の発端はこれ。

猪瀬直樹氏のblog 2011年3月21日 (月)
福島原発の放水活動で東京消防報告。今後の教訓にしたいこと。

 3月21日15時すぎ、石原知事と京王線幡ヶ谷駅に近い消防学校へ行った。福島原発で活躍した139人の隊員たちの慰労のため。

「皆さん、ほんとうにありがとうございます」と、石原知事は涙ぐんで慰労した。

消防隊幹部と現場の状況について報告を受けた。問題点として、政府・東電の指揮命令系統が明確でないことがわかった。今後の現場の活動をよりスムーズにするために、以下の点を記録しておきたい。

○ 本部は原発の現場より20km離れたところに前線指揮所が設置されている。

○ 地震発生当初は現場と前線本部をつなぐ、無線の状態が悪く、現場の状況がよくわからないようだった。

○ 現場を知らない本部の人達から、東京消防庁が現場で判断した方針を変更するよう度々要求された。

・放水は当初4時間の予定だった。その後状況を勘案し、必要に応じ再度放水することにしていた。しかし、連続して7時間放水し続けるよう執拗に要求された。結果として、7時間放水することになったが、そのため2台ある放水塔車のうち1台がディーゼルエンジンの焼き付きにより使用不能となった。
・東京消防庁にて海から放水塔車までの給水ホースの設置ルートを800メートルの最短距離で、設定していたが、遠回りにするように執拗に要求された。
・「俺たちの指示に従えないのなら、お前らやめさせてやる」の発言もあった。


○ 職員の命を預かる隊長としては、現場をわかっていない人達に職員の命を預けるわけにはいかない。

○ 消防庁は、自衛隊の指揮下に入ったが、現場の自衛隊員と消防庁の職員とはお互いに協力して、事態に当たった。

○ 防護服は放射線を遮断できない。そのため、各職員が携帯している積算被爆放射線計と活動時間の管理を厳密に行った。

○ 放水は16名によって行った。隊員の状況に応じていつでも交代が出来るように、その後ろにバックアップの職員を待機させながら、放水した。

○ 東京消防庁が放水する際に使ったホース800m(口径15cmドイツ製)を今後も活用できるように、現場にそのまま残してある。普通のホースは6cmである。今回の太いホースはオランダで使われている特別製のもの。

○ 原発への放水には大阪市、横浜市、川崎市など政令指定都市からも申し入れが入っている。以後、放水塔車や特別製ホースなどインフラを使ってもらうなど調整は東京消防庁が行っていく。



 この太字の部分、結構とんでもないことで、それ故、現場からの報告としてあがってきたのだろう。もちろん、虎の子の消防車が壊れた理由を書かなきゃならんだろうしな。

4時間リミットの機械を7時間強制操作し、エンジン焼き付き。
ホースの取り回しを何故か遠回り。
「言うこと聞かなきゃやめさせる」と恫喝。


 これが報告書としてあがってきた訳だ。それ故、上司であるこの方が動いた。


朝日:「速やかに放水やらねば処分」国の指示か 都知事が抗議
2011年3月21日22時44分

(写真)
首相官邸を出る際、報道陣の質問に答える石原慎太郎東京都知事=21日午後3時59分、橋本弦撮影

 石原慎太郎・東京都知事が21日、首相官邸の菅直人首相を訪ね、東京消防庁による福島第一原発への放水作業に関連し、国の対応に抗議した。政府関係者が「速やかにやらなければ処分する」と同庁隊員に指示し、長時間放水した結果、放水車が壊れたなどとしている。都関係者によると、この政府関係者は海江田万里経済産業相という。海江田氏周辺は「そのような発言の事実はない」と否定している。

 石原知事は菅首相と会談後、報道陣に「言う通りでなければ処分するなんて(言っても)、絶対に兵隊は動かない」と述べ、首相に抗議したことを明らかにした。

 枝野幸男官房長官は21日夕の記者会見で「事実関係を把握した上で、善処が必要であれば政府として対応させていただく」と述べた。

 東京消防庁によると、19日午後からの2回目の放水は当初、7時間の予定だったが13時間35分続いた。屈折放水塔車の排出ガス処理装置の警告灯が点灯し、3回目からは別の車両を使った。長時間の運転で、排ガス中の有害物質を減らす装置のフィルターにすすがたまった可能性があるという。



 石原都知事が首相に抗議。この時点では、海江田の名前は出ていない。ただ、と関係者の証言により、海江田と判明。しかしながら、海江田氏周辺は

そのような発言の事実はない

と否定してた。
 まあ、ここまでなら、言った言わないの水掛け論だ。おまけに、直接の関係者である海江田の言葉を取ってきた訳でもない。この時点なら、誰かになすりつけようとでも考えてたのかもな。しかし、こうなる。


時事:圧力的発言めぐり陳謝=事実関係「差し控える」―海江田経産相
時事通信 3月22日(火)10時24分配信

 海江田万里経済産業相は22日の閣議後会見で、福島第1原発での放水作業をめぐり、海江田氏が東京消防庁ハイパーレスキュー隊幹部に「速やかにやらなければ処分する」と圧力的な発言をしたとされることについて、「進行中の話であり、事実関係を詳細に述べることは差し控えるが、私の発言で不快な思いをされたのであれば申し訳なく思う」と陳謝した。
 ただ、発言の具体的な内容に関しては「私が直接現場と話したのではない」「かなり事実の混同がある」などと述べるにとどめ、明らかにしなかった。
 


 民主党員節、炸裂。さすがに、多数の証人もいるだろうから、ごまかすのは得策でないと判断したか。一応の謝罪の言葉は述べたようだ。言ってないとは言えないのが、すべてだろう。(「言ってない」って発表した後、「言ってた」記録が出てきたらおしまいだもんね)
 しかし、あの様子じゃあ、反省なんぞしてないだろうな。あくまでも、メッセンジャーの問題という形で矮小化したい意図が丸見えだね。

 ただ、少し変化の兆しはある。NHK(日本偏向協会)だ。ここ数日の報道を見るに、ちょっと民主党政権と距離を置き始めたような感じがする。この方向性をより進めて、

自民党政権時代のように、きちんと「チェック機能」を働かせる

ことを期待する。それができれば、日本偏向協会という記載はやめよう。

ま、単に民主のひどさを見せたくないだけかも知れんが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
どこの政党でも同じでしょ

いまの日本は腐ってる
Gg
2011/03/22 22:28
Ggさん、コメントありがとうございます。

確かに今の日本に問題はある。しかし、それ以上の希望があると思ってますよ、私は。
 とりあえず、その希望を消し去ろうとしているマスゴミと民主党員は腐ってるとは思います。
 自民党も腐ってるかも知れないが、仕事するだけましですね。また、自民政権下なら、マスゴミによるチェック機能も働く。後は視聴者、有権者が賢く情報を判断するだけでしょう。下手なあおりをするようなマスゴミはつるし上げればよい(本来は他のメディアによる監視が望ましいんだけど。翼賛報道中に付き、期待できません。)
XL
2011/03/23 07:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
今度は海江田 失言・・・じゃねえな、パワハラだ 行き先のない道しるべ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる