行き先のない道しるべ

アクセスカウンタ

zoom RSS 池上氏の「朝日批判」批判 ちょっとちがうんじゃね?

<<   作成日時 : 2014/09/22 17:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 アジア大会が開幕中ですね。日本勢の活躍が注目されますが、予想通り、大荒れの模様(競技も競技以外も)。まあ、おどろきません。あの国だし。これにめげず、選手たちには頑張ってもらいたいですね。

 さて、久々に報道関係のエントリーです。とあるサイトにこのような記事があった。あの池上氏が今の朝日新聞批判に批判的だそうだ。

リテラ:池上彰が朝日叩きに走る新聞、週刊誌を批判! 他紙での掲載拒否も告白!

2014.09.21.

 ありとあらゆるメディア、識者、ジャーナリストが問題の本質をネグって、“朝日吊るし上げ”に熱狂する言論状況。そんな中、本サイトは逆に朝日を叩く側、読売新聞や産経新聞、週刊誌、そして安倍政権に対して、「おまえたちも同じアナのムジナだ!」と徹底批判を展開してきた。付和雷同、勝ち馬に乗ることしか考えていないこの国のメディアの中でこんな酔狂なまねをするのは自分たちくらいだろうと覚悟しつつ……。実際、いくら書いても孤立無援、本サイトの意見に同調してくれる新聞、テレビ、雑誌は皆無だった。

 ところがここにきて、意外な人物が本サイトと同様、メディアの“朝日叩き”への違和感を口にし始めた。その人物とは、朝日新聞の連載で朝日の報道姿勢を批判するコラムを書いて掲載を拒否された池上彰氏だ。

 この問題は朝日新聞による言論の封殺だとして読者から非常な不評を買い、朝日にとって「慰安婦問題」や「吉田調書」以上にダメ―ジになったと言われている。ところが、一方の当事者であるその池上氏が「週刊文春」(文藝春秋)9月25日号の連載コラム「池上彰のそこからですか!?」で、朝日を叩いている他のメディアも同じようなことをしていると指摘したのだ。

 まず、池上氏は冒頭で「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい」という聖書の一節を引いた上で、こんな体験を語る。

「私は、かつて、ある新聞社の社内報(記事審査報)に連載コラムをもっていました。このコラムの中で、その新聞社の報道姿勢に注文(批判に近いもの)をつけた途端、担当者が私に会いに来て、『外部筆者に連載をお願いするシステムを止めることにしました』と通告されました」
「後で新聞社内から、『経営トップが池上の原稿を読んで激怒した』という情報が漏れてきました」

 ようするに、朝日新聞と同様の掲載拒否が別の新聞社でも起こっていたことを暴露したのだ。池上氏は「新聞業界全体の恥になると考え」この一件を封印してきたが、「歴史を知らない若い記者たちが、朝日新聞を批判する記事を書いているのを見て」敢えて過去の体験を明かすことにしたという。そして、冒頭で引用した聖書の一節を再び使ってこう指摘している。

「その新聞社の記者たちは『石を投げる』ことはできないと思うのですが」

 さらに池上氏は朝日新聞が自社の批判特集を掲載した週刊誌の広告掲載を拒否したことにも言及している。この件もまた、他の新聞が激しい批判を展開していたが、池上氏は皮肉まじりにこう書く。

「『そんなに朝日のことを批判できるのかなあ』と思った『週刊現代』の関係者もいるのではないでしょうか。かつて『週刊現代』の新聞広告が、新聞社から長期にわたって掲載を拒否されたことがあったからです。(略)この時期、『週刊現代』は、その新聞社の経営トップに関する記事を立て続けに掲載していました。まさかそれで広告掲載拒否になったなどということは、ありえないと思うのですが」

 実はこの件については、本サイトも全く同じことを指摘していた。池上氏は新聞社名を伏せているが、この新聞社とは読売新聞のことだ。「週刊現代」(講談社)が読売の渡辺恒雄会長への批判や読売巨人軍の不祥事を報道していたところ、ナベツネ会長のツルの一声で「週刊現代」の広告掲載拒否が決まったのである。

 また、本サイトは今回の問題を読売、産経が新聞拡販に利用し、本社販売部からの「朝日攻撃指令」などの指示が出ていることを暴露。結局、商売目的でしかないと批判したが、池上氏も同様の指摘をしている。

「朝日の検証報道をめぐり、朝日を批判し、自社の新聞を購買するように勧誘する他社のチラシが大量に配布されています。これを見て、批判は正しい報道を求めるためなのか、それとも商売のためなのか、と新聞業界全体に失望する読者を生み出すことを懸念します」

 池上の矛先はさらに古巣NHKにも及んでいる。それは1981年2月、当時の『ニュースセンター9時』を舞台にしたものだった。

「ロッキード事件から五年になるのに合わせて特集を組みました。このとき三木武夫元総理のインタビューが、当時の報道局長の指示で放送直前にカットされるという事件がありました」

 これに対し、政治部長も社会部長も各部のデスクも記者たちも激怒、その説明を求めたが、しかしインタビューは放送されることもなく、次の人事異動で政治部長、社会部長ともに異動になったという。そして、池上氏はそのNHKと比べるかたちで、「少なくとも朝日の幹部は判断の誤りを認め、謝罪するという態度をとった」として、評価する姿勢を見せている。

 池上氏の批判は、このコラムが掲載されている「週刊文春」をはじめとする週刊誌にも向けられている。

「一連の批判記事の中には本誌を筆頭に『売国』という文字まで登場しました。これには驚きました。『売国』とは日中戦争から太平洋戦争にかけて、政府の方針に批判的な人物に対して使われた言葉。問答無用の言論封殺の一環です。少なくとも言論報道機関の一員として、こんな用語を使わないようにするのが、せめてもの矜持ではないでしょうか」

 いかがだろうか。新聞社名を伏せるなど、池上サンらしい配慮とバランスを見せていることにはちょっと不満が残るが、おっしゃっていることはすべて正論。正直、この人がここまできちんとした言論の自由への意識、ジャーナリストとしての倫理観をもっているとは思っていなかった。こんな人物がポピュラリティをもってメディアで活躍できていることを素直に喜びたいと思う。

 だが、同時に暗澹とさせられるのが、この国のメディアでこうした意見をはっきりと口にしたのが、今のところ、池上サンただ1人しかいないという事実だ。新聞もテレビも雑誌もそんなことはおくびにもださず、安倍政権と世の中の空気に乗っかって朝日叩きに血道をあげているだけだ。

“朝日叩き”は売れるコンテンツらしいから、やるなとはいわないが、せめて、返す刀で安倍政権や自分たちも含めたメディア全体の責任を検証すべきではないか。

 それは袋だたきにあっている朝日も同様だ。朝日こそこうした反論と真相の暴露をするべきなのに、それをまったくすることができず、まるで食品不祥事を起こした企業のようにひたすら頭を下げてその場をやりすごそうとしている。

 この国で、メディアにジャーナリズムの使命感や矜持を求めるなんていうのはもはや、八百屋で魚を求めるようなものなのかもしれない。
(エンジョウトオル)



 私は文春の記事は読んでない。したがって、このようなことを池上氏が行ったかどうか、確認はとってない。とはいうものの、そこまでうそはつかないだろうとの見込みでエントリーします。
 筆者の言いたいことはわからなくもない。実に

日・本・的・な・す・ば・ら・し・い

感じ方であろうと思われる(大事なことなので大きく書きました)。今の朝日たたきは異常だ。しかし、これは

「今までの日本の報道機関としては」

という、前置きがつく。朝日がこれまでやってきたことは、報道機関として断じて許してはいけないことのはずだ。しかあし、今までの日本の報道機関はこのようなことに対して

「まあまあ」

てな感じで、批判を控えてきた。その結果、読者・視聴者のマスゴミ離れが発生した。もはや国民はマスゴミの主張など意に介さない層が増えている。
 しかし、そのことを未だに理解できない、しようとしないのが、「池上彰」であり、「エンジョウトオル」なのだろう。
 順に見ていきます。

>池上氏は冒頭で「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい」という聖書の一節を引いた上で、こんな体験を語る。

「私は、かつて、ある新聞社の社内報(記事審査報)に連載コラムをもっていました。このコラムの中で、その新聞社の報道姿勢に注文(批判に近いもの)をつけた途端、担当者が私に会いに来て、『外部筆者に連載をお願いするシステムを止めることにしました』と通告されました」
「後で新聞社内から、『経営トップが池上の原稿を読んで激怒した』という情報が漏れてきました」

 ようするに、朝日新聞と同様の掲載拒否が別の新聞社でも起こっていたことを暴露したのだ。池上氏は「新聞業界全体の恥になると考え」この一件を封印してきたが、「歴史を知らない若い記者たちが、朝日新聞を批判する記事を書いているのを見て」敢えて過去の体験を明かすことにしたという。そして、冒頭で引用した聖書の一節を再び使ってこう指摘している。

「その新聞社の記者たちは『石を投げる』ことはできないと思うのですが」



 宗教的倫理観としてはこれは正しいのだろう。しかし、日本では絶滅したジャーナリストとしてはどうだ?まあ、絶滅した物はしょうが無いのかもしれん。もっというなら、今までそのような倫理規範で動いてきたか?
 雪印や不二家の時、「まあしょうがないよね。こんな事はどこでもあることだから、批判するべきではない。」と言ってたか?いいや、そうではない。「ミスしたことのない人だけがこの社を批判できる」なんてこと言ってたか?そんなことはない。
 この倫理規範が表に出るのは、対象者がマスゴミ関係の時に限られる。これはもはや、同業者である

マスゴミによる「隠蔽工作」

といっても過言ではないと考える。まあ、池上氏自身が

>「新聞業界全体の恥になると考え」この一件を封印してきた

といってるんだから、隠蔽工作そのものであり、池上氏にもその自覚があったと考えるべき。所詮、電波芸者のひとりにすぎんか。


>さらに池上氏は朝日新聞が自社の批判特集を掲載した週刊誌の広告掲載を拒否したことにも言及している。この件もまた、他の新聞が激しい批判を展開していたが、池上氏は皮肉まじりにこう書く。

「『そんなに朝日のことを批判できるのかなあ』と思った『週刊現代』の関係者もいるのではないでしょうか。かつて『週刊現代』の新聞広告が、新聞社から長期にわたって掲載を拒否されたことがあったからです。(略)この時期、『週刊現代』は、その新聞社の経営トップに関する記事を立て続けに掲載していました。まさかそれで広告掲載拒否になったなどということは、ありえないと思うのですが」

実はこの件については、本サイトも全く同じことを指摘していた。池上氏は新聞社名を伏せているが、この新聞社とは読売新聞のことだ。「週刊現代」(講談社)が読売の渡辺恒雄会長への批判や読売巨人軍の不祥事を報道していたところ、ナベツネ会長のツルの一声で「週刊現代」の広告掲載拒否が決まったのである。



 だったらその時、連日連夜、読売新聞に対し、批判し続ければ良かったであろう。実に腰が引けている。
 だいたい、今の朝日批判程度で何言ってるんだか。雪印の時の過熱報道を思い起こしして見よ。あのくらい朝日新聞社員、社長を追いこんで見ろよ。「私は寝てないんだ」といわせるくらい、夜討ち朝駆けで報道してみてはどうか?・・・まあ、こんな時でも朝日関係者は枕を高くして眠れるのだろうけど。同業他社のフォローのおかげで。


>また、本サイトは今回の問題を読売、産経が新聞拡販に利用し、本社販売部からの「朝日攻撃指令」などの指示が出ていることを暴露。結局、商売目的でしかないと批判したが、池上氏も同様の指摘をしている。

「朝日の検証報道をめぐり、朝日を批判し、自社の新聞を購買するように勧誘する他社のチラシが大量に配布されています。これを見て、批判は正しい報道を求めるためなのか、それとも商売のためなのか、と新聞業界全体に失望する読者を生み出すことを懸念します」



 私はそうは思わない。多少、倫理的に問題があるようにも思えるが、営利企業としては当たり前だろう。また、新聞業界に期待している人はもう滅んだろう。懸念は無用。

>池上の矛先はさらに古巣NHKにも及んでいる。それは1981年2月、当時の『ニュースセンター9時』を舞台にしたものだった。

「ロッキード事件から五年になるのに合わせて特集を組みました。このとき三木武夫元総理のインタビューが、当時の報道局長の指示で放送直前にカットされるという事件がありました」

 これに対し、政治部長も社会部長も各部のデスクも記者たちも激怒、その説明を求めたが、しかしインタビューは放送されることもなく、次の人事異動で政治部長、社会部長ともに異動になったという。そして、池上氏はそのNHKと比べるかたちで、「少なくとも朝日の幹部は判断の誤りを認め、謝罪するという態度をとった」として、評価する姿勢を見せている。



 なるほど。あれ(「吉田」慰安婦の検証記事)が謝罪に見えるんだ。何言ってんだか。それほどいうなら、変態新聞の時はどうだったのか。興味は尽きませんね。


>池上氏の批判は、このコラムが掲載されている「週刊文春」をはじめとする週刊誌にも向けられている。

「一連の批判記事の中には本誌を筆頭に『売国』という文字まで登場しました。これには驚きました。『売国』とは日中戦争から太平洋戦争にかけて、政府の方針に批判的な人物に対して使われた言葉。問答無用の言論封殺の一環です。少なくとも言論報道機関の一員として、こんな用語を使わないようにするのが、せめてもの矜持ではないでしょうか」

 いかがだろうか。新聞社名を伏せるなど、池上サンらしい配慮とバランスを見せていることにはちょっと不満が残るが、おっしゃっていることはすべて正論。正直、この人がここまできちんとした言論の自由への意識、ジャーナリストとしての倫理観をもっているとは思っていなかった。こんな人物がポピュラリティをもってメディアで活躍できていることを素直に喜びたいと思う。


 ちょっと、違うな。戦争時に「売国奴」と言われたのは、「反政府」「反皇軍」でしょう。今回のは正真正銘、反日による「売国奴」。どちらかといえば、、戦争当時の用語が誤用であり、今回の朝日の一連の報道事件は、「売国奴」が正しい形で用いられている物と考える。


>だが、同時に暗澹とさせられるのが、この国のメディアでこうした意見をはっきりと口にしたのが、今のところ、池上サンただ1人しかいないという事実だ。新聞もテレビも雑誌もそんなことはおくびにもださず、安倍政権と世の中の空気に乗っかって朝日叩きに血道をあげているだけだ。

“朝日叩き”は売れるコンテンツらしいから、やるなとはいわないが、せめて、返す刀で安倍政権や自分たちも含めたメディア全体の責任を検証すべきではないか。


 言ってることはわからなくもないが、今まで、食品偽装が問題になった時に、報道偽装を問題にしてこなかった奴らが言っていいことではない。また、安倍政権と朝日誤報は何の関係もない。というか、安倍政権でなければ、朝日の「吉田調書」のねつ造事件は表に出なかった可能性が高い。朝日はこの手口で「慰安婦」をやってのけたからな。報道機関は、むしろ安倍内閣に報道の最後の一線を守った功労者として表彰してもいい位だと思うな。


>それは袋だたきにあっている朝日も同様だ。朝日こそこうした反論と真相の暴露をするべきなのに、それをまったくすることができず、まるで食品不祥事を起こした企業のようにひたすら頭を下げてその場をやりすごそうとしている。

 誰が頭下げてんだ?あの態度が、マスコミ的には頭を下げていることになるのか?世間とは違う感性をお持ちのようだ。


>この国で、メディアにジャーナリズムの使命感や矜持を求めるなんていうのはもはや、八百屋で魚を求めるようなものなのかもしれない。

 これについては同意。ジャーナリズムなどメディアがすでにたたきつぶしたからな。


 朝日批判なんぞ、私はまだ足りないと思っているが、まあ、メディアがまっとうに生まれ変われるかどうかの瀬戸際だと思う。こういうふざけた報道を行った社・記者は、全メディアで滅多打ちにしなきゃだめだ。そうすることで、他社も緊張感を持った仕事をするようになるだろう。新聞のみならず、あらゆる報道機関・メディアが、相互監視してこそ、メディアがまともに生きていく道だと思う。

しかし、池上氏でさえ、このていたらく。
あとの連中は・・・・・



                 言うだけ野暮か。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
池上氏の「朝日批判」批判 ちょっとちがうんじゃね? 行き先のない道しるべ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる