行き先のない道しるべ

アクセスカウンタ

zoom RSS 永住権の緩和? ヨーロッパの現状が見えない人か?

<<   作成日時 : 2016/04/13 11:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 桝添は花見にわざわざアメリカに行くようだ。ずいぶんとお金もかかるだろうに。きっと「アジア桜祭り」を提唱するんだろうね。まあ、見物だね。
 さて、今日は、現実の見えない経営者のこと。どうもヨーロッパの現状がよくわかっていないようだ。それとも、「特定」外国人向けの優遇政策の提言かな?また、サントリーの人だ。この会社、何かあるのかね。どうも舌禍が多い企業のようだ。

産経:永住権の大胆緩和 人材確保につながるのか


 外国人労働者の受け入れと永住権取得の大胆な緩和とは、性質が全く異なる政策である。

 受け入れを急ごうとするあまり、強引に結びつけようとしているのであるなら、おかしい。

 永住権の緩和は、4日に開かれた政府の経済財政諮問会議で、民間議員である新浪剛史サントリーホールディングス社長が、世界最速級の「日本版グリーンカード」の創設として提言した。

 「通常10年、超高度人材でも5年かかる。このあたりを改める必要がある」と語り、伊勢志摩サミットで「開かれた国」であることを示すよう求めた。

 政府は「1億総活躍プラン」や骨太方針に向けて、検討を進めていくという。

 だが、永住権の緩和には多くの課題がある。さまざまな角度からの検討が不可欠だ。

 在留が無期限で、職業も自由に選べる永住権は、日本国籍を取得する「移民」に近づく。これを大胆に緩和するとなれば、移民の大量受け入れと似た社会状況になりはしないか。

 安倍晋三首相は「移民政策は考えていない」と明言している。日本の国柄をも大きく変え得る重要な政治テーマでもある。そのあたりをどう考えているのか。

 経済界が緩和を求める背景には、永住権を簡単にとれる国でなければ、高度人材確保をめぐる国際競争に勝てないという理屈がある。だが、それで本当に日本社会が必要とする「人材」は来日するのだろうか。

 世界を股に掛けて活躍する高度人材は、自分の能力を発揮するに足る仕事内容や賃金などを吟味して判断する。

 むしろ、多くの企業の本音は、単純労働者をはじめとする普通の人材の確保だろう。自民党の特命委員会も「移民の寸前まで」の検討を進めている。永住権緩和の対象を拡大する一方的な議論にならないか。

 永住者が増えるということは、その家族も来日するということだ。社会保障や子供の教育といった生活インフラを税金で整える必要性が生じる。厳しい財政状況下で、どう財源を確保するかも考慮しなければならない。

 外国人労働者の拡大、永住権緩和はいずれも重要な政策課題だ。あえて混同させるような議論ではなく、冷静な検討が必要だ。



 まあ、移民という言葉を使わないだけで、移民ですね。移民なんてもんは、古来ろくでもない物と相場は決まっている。何も昨今のヨーロッパのことだけでは無い。アメリカを見れば、移民がとんでもないことは明らか。

 イギリスの食い詰め者が、大陸へ夢を求めて出てきたわけだけど、その移民を温かく迎えた、ネイティブアメリカン。現地での生活について、手ほどきを受けたことだろう。上陸時に戦闘があったという話は聞かないからな。そこで、ある程度の落ち着きを見せ始めた移民は、さまざまな活動で原住民の生活を壊していく。

俺様ルール

でだ。現地人は、当然、移民前にはそれなりの秩序を持って共同生活を送っていたはずだが、それを移民どもはぶちこわした。「野蛮」とかいってな。また、無神論者(キリスト教ではない)で偶像崇拝も排除への助けになったろう。その結果、

西部開拓時代

がはじまるわけだ。まあ、侵略なんだけどね。そこで繰り広げられたのは、いわゆる「西部劇」だ。近代火器をもって、一方的に殺戮し続けるわけだ。もちろん、ちゃんと

「大義名分」(かっこつき)

はつけているがね。それが、正義で無いことなんぞ、今のアメリカ人なら理解できるだろう。今ヨーロッパで起きていることは、かつてアメリカにおいておこなわれたことだということを。

 まあ、日本としては、永住資格は今まで通りでいい。むしろ、もっときびしくしてもいいと思う。犯罪外国人は資格のあるなし関係なしに、とっとと母国へ送り返すべきでしょう。それだけで、結構、日本は住みやすくなると思う。

長い目で見れば、まともな外国人にとってもね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
永住権の緩和? ヨーロッパの現状が見えない人か? 行き先のない道しるべ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる