行き先のない道しるべ

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖縄タイムス 2本目 震災の政治利用ゆるすなってか そりゃおまえだろ

<<   作成日時 : 2016/04/18 21:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 オスプレイとあっては、沖タイは黙ってはいられないようだ。


沖縄タイムス:オスプレイの被災地支援で賛否 沖縄・佐賀


2016年4月18日 12:40 政治 社会・くらし オスプレイ 注目 災害 熊本地震


 熊本、大分両県を中心に相次ぐ地震で被災した人々らを支援するため、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の新型輸送機MV22オスプレイが18日に投入されることについて、普天間周辺の住民らの賛否は分かれた。

» 熊本で救助活動へ 沖縄からも医療チームと消防派遣

 早期の飛行場返還を望んでいる地元の男性自治会長(60)は「熊本県民の助けになるのなら、活用も当然だろう」と投入に賛成した。一方、米軍機の騒音差し止めを国に求める普天間爆音訴訟の原告団長、島田善次さん(75)は、配備の既成事実化を懸念。「人道支援は大事だが、自衛隊機がある。オスプレイが必要なのだろうか」と疑問を呈した。

 佐賀県議会は3月、配備受け入れ論議の前提となる環境整備を国などに求める決議を可決した。賛成した自民党県議は「ぜひ、今回の支援で役に立ってほしい。オスプレイのスピードや輸送力を実証できれば、安全性への不安を払拭(ふっしょく)する一助になる」と期待した。

 佐賀空港での受け入れに慎重な民進党県議は「墜落事故による二次災害が起こらぬようにしてほしい」とくぎを刺した。(共同通信)



 ずいぶんお気に召さないようだ。しかし、今そこにいる多くの被災者支援に言うべきことだろうか?

>米軍機の騒音差し止めを国に求める普天間爆音訴訟の原告団長、島田善次さん(75)は、配備の既成事実化を懸念。「人道支援は大事だが、自衛隊機がある。オスプレイが必要なのだろうか」と疑問を呈した。

 むしろ、配備反対を主張しにくくなることをおそれているようにしか思えないな。そう、普天間基地周辺で子供達が危険な環境におかれてるのと同じ構図だ。これこそ、政治的発言で、被災者を何とも思っていないと言われてもしかたあるまい。
 また、民進党県議から、この様な発言も。

>佐賀空港での受け入れに慎重な民進党県議は「墜落事故による二次災害が起こらぬようにしてほしい」とくぎを刺した

 もちろんこれは、救援活動に参加しているオスプレイパイロットのことだよな。オスプレイパイロットの犠牲を出してはならないってことだよな。

 そう聞こえない所が民進党なんだけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
沖縄タイムス 2本目 震災の政治利用ゆるすなってか そりゃおまえだろ 行き先のない道しるべ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる