教育関係者というのは、外道の集まりか?

 橋下知事が高校生と討論しました。教育関係者の卑劣さをまざまざと見せられましたね。

FNNによる文字おこしです。

大阪・橋下知事、私学助成金削減めぐり高校生と意見交換会 「日本は自己責任が原則」

大阪府の橋下 徹知事が23日、地元高校生と私学への助成金削減プランをめぐり、意見交換会を行った。
橋下知事と高校生の意見交換会は大激論となった。
激論のきっかけは、財政再建を進める橋下知事が決めた私学への助成金28億円の削減プランだった。
23日夕方、これに反対する「大阪の高校生に笑顔を下さいの会」の12人が府庁を訪れ、橋下知事に直談判した。
意見交換会は、橋下知事の「単なる子どもたちのたわ言みたいにならないように、僕もかなり厳しくそこは反論していくので、そこはしっかり、きょうは議論したいと思いますので、よろしくお願いします」という宣戦布告で始まった。
高校生は「私立にしか行けなかったんです。家は決して裕福ではなく、父親は中学3年生の時にリストラにあいました。橋下知事は『子どもが笑う大阪に』とおっしゃっていましたが、わたしたちは苦しめられています。笑えません」、「僕は今、私立の高校に通っているんですけど、僕の家は母子家庭で、決して裕福ではなくて、僕はそんな母をこれ以上苦しめたくないので、私学助成援助を減らさないでください」と窮状を訴えた。
これに対し、橋下知事が「なぜ、公立を選ばなかったんだろう?」と質問し、「公立に入ったとしても、勉強についていけるかどうかわからないと(教師)に言われて」と高校生が答えると、「追いつこうと思えば公立に入ってもね、自分自身で追いつく努力をやれる話ではあるよね。いいものを選べば、いい値段がかかってくる」と反論した。
この橋下知事の答えに、「だから、『そこ(私立)にしか行けない』って(教師に)言われたんですよ」と泣き出す高校生の姿も見られた。
さらに、別の高校生が「大阪の財政を良くすることは、わたしたちが苦しむことなんですか?」、「ちゃんと税金取っているなら、教育、医療、福祉に使うべきです。アメリカ軍とかに使ってる金の余裕があるのなら、ちゃんとこっち(教育)に金を回すべきです」と涙ながらに訴えると、橋下知事は「じゃあ、あなたが政治家になってそういう活動をやってください」と切り捨てた。
さらに高校生が「それは、わたしが政治家になってすることじゃないはずです」、「高速道路なんか、正味あんなたくさんいらないと思います」と税金に無駄遣いがあると指摘すると、橋下知事は「それは、あなたがそう判断しているだけで、わたしは必要な道路は必要だと思っている」と反論し、一歩も引かなかった。
そして、橋下知事は高校生たちに「皆さんが完全に保護されるのは義務教育まで。高校になったらもう、そこから壁が始まってくる。大学になったらもう定員。社会人になっても定員。先生だって、定員をくぐり抜けてきているんですよ。それが世の中の仕組み」と社会の厳しさについて語った。
この発言に、高校生から「世の中の仕組みがおかしいんじゃないですか?」と意見が出ると、橋下知事は「僕はおかしいとは思わない。やっぱり16(歳)からは壁にぶつかって、ぶつかって」と反論、「そこで倒れた子には?」との質問には、「最後のところを救うのが今の世の中。生活保護制度がちゃんとある」、「今の世の中は、自己責任がまず原則ですよ。誰も救ってくれない」と語った。
さらに、高校生から「それはおかしいです!」と意見が出ると、橋下知事は「それはじゃあ、国を変えるか、この自己責任を求められる日本から出るしかない」と反論した。
高校生との意見交換は予定されていた20分を大幅に超え、1時間半にも及んだ。
橋下知事は再度、意見交換会を行うことを約束し、終了した。
議論を終えた生徒たちは「悔しいです」、「傷ついている人たちの気持ちなんて、まったくわかってくれてないという感じで」、「結局、自分が悪いみたいな感じで言っていたので、腹が立ちました」などと話し、生徒同士で「勉強せなあかん。負けてたらあかんで。悔しいからな、勉強していろんなこと知らなきゃあかん」と語り合っていた。
一方、橋下知事は「子ども扱いはしません。義務教育終わっているので」、「高校生の皆さんも言いたいことは山ほどあるだろうし、ああいう形で政治的な意見を持っているのは立派なんじゃないですかね」と意見交換会の感想を語った。
(10/24 19:19 関西テレビ)


(You Tubeの画像はここ

 この学生のキーワードは「母子家庭、リストラ、低学力」だ。こういえば、黙るだろうと誰かにそそのかされてきたわけだ。ただ、相手が悪いね。橋下徹だよ。貧乏からの脱出のために難関北野高校へ行って、弁護士になった人だ。ここで喋った学生の中で知事以上に勉強した人はいないだろう。その人を前に言ってはいけないことをこいつらは言った。それでも、「馬鹿野郎」と一喝しなかったのは、知事の優しさだろうな。では、一言一言見ていきましょうか。

>「私立にしか行けなかったんです。家は決して裕福ではなく、父親は中学3年生の時にリストラにあいました。橋下知事は『子どもが笑う大阪に』とおっしゃっていましたが、わたしたちは苦しめられています。笑えません」、
「僕は今、私立の高校に通っているんですけど、僕の家は母子家庭で、決して裕福ではなくて、僕はそんな母をこれ以上苦しめたくないので、私学助成援助を減らさないでください」


 まあ、甘えてるなとしか言えないんだが、これに対する知事の答え。

>「なぜ、公立を選ばなかったんだろう?」

 極めて、ノーマルで当たり前の質問です。普通、経済状態が悪いなら、公立・夜学・通信もしくは就職を選択するものだろう。何故、そういう選択肢をこういう奴らは無視するんだろうな。今まさに同様に理由で私学に行っていない同年代の人もいるんだが、それについてどう思うだろう。私ならこう考える。

 こんな奴らに使う金があるなら、公立の授業料を下げて、貧乏人が進学できるようにしろ。

とかね。私学助成金は大阪府の場合、約600億ほどあるようだし、現在公立高校在学中の生徒は15~20万人くらいかな(いい資料が見つからなかった)。となれば、このお金をそのまま府立高支援に回せば一人あたり40~30万円か。今の授業料が年間15万円程度のようだから。15万円以上のおつりが来るな。赤字削減になって、府立高校のレベルも上がるだろう。いいことづくめだ。困るのはレベルの低い私学のみというすばらしい案ではないですか。橋下知事ならずとも、やってみたいと思う人は多いだろう。

 この後、知事の質問に答える形で

>「公立に入ったとしても、勉強についていけるかどうかわからないと(教師)に言われて」

とのこと。まあ、その程度の勉強しかしていないと言うことか。では、私学での勉強も無駄じゃないかな。これ、お金は関係ないからね。おつむのできは助成とは関係ない。
 返す刀で、橋下知事。

>「追いつこうと思えば公立に入ってもね、自分自身で追いつく努力をやれる話ではあるよね。いいものを選べば、いい値段がかかってくる」

 全く持ってその通りです。こういわれて、食い下がる高校生がすごい。

>「だから、『そこ(私立)にしか行けない』って(教師に)言われたんですよ」

 こんな馬鹿を自慢されても、知事も困るだろう。別に義務じゃないんだから、行かなきゃ良い。そういう人も多かろう。

>「大阪の財政を良くすることは、わたしたちが苦しむことなんですか?」

 ちゃんと勉強すれば、公立に行けたろ。「天網恢々疎にして漏らさず」だよ。キリギリスは苦労することになってるんだよ。こんな事もわからないから、公立に行けないんだろうけど。

>「ちゃんと税金取っているなら、教育、医療、福祉に使うべきです。アメリカ軍とかに使ってる金の余裕があるのなら、ちゃんとこっち(教育)に金を回すべきです」

 言いたいことはわからんではないが、ちょっと自己中心過ぎ。また、いきなり大阪にはない米軍の話が出てくるあたり、意味不明(大阪府の予算に米軍関係費は無いはず)。予備討論きっちりやったのか?生徒が恥かかないようにしっかりやってやれよ、先生。で、知事はこう一言。

>「じゃあ、あなたが政治家になってそういう活動をやってください」

 この発言はおそらく「アメリカ軍」が引き出した言葉だろう。もちろん、知事に高校生を馬鹿にする意図はなく、その背後にある政治団体に対する痛烈な皮肉と見た。こういう事を高校生に代弁させるな。いやしくも教育者ならばな。
 この後、いかにもゆとりらしい、極めて無責任な言葉が出る。

>「それは、わたしが政治家になってすることじゃないはずです」

 大事なことは人任せじゃダメだよ。あなた方の仲間の言葉にもあるんじゃない。「今日戦わないやつが明日戦うと言っても、俺は信じない」とか言うやつだ。「俺はしないけど、誰かやってよ」では、人を説得することなどできはしないということを学ぼう。

>「高速道路なんか、正味あんなたくさんいらないと思います」

 これ、大阪や東京のやつが言ってはいけない台詞なんだけどな。阪神高速・首都高が無くなってもそれが言えるなら、大したもんだけど。最も、私学助成に比べれば、まだまともな使い道だとは思うがね。
 どうしてもというなら、私学助成ではなく奨学金に振り分けるくらいが妥当じゃないかな。この言葉を受けた橋下知事はこう返す。

>「それは、あなたがそう判断しているだけで、わたしは必要な道路は必要だと思っている」

 後ろにいる勢力の陰が見え隠れすることもあり、ちょっと突っぱねた感じの一言。まあ、仕方ない。この後、こう続ける。

>「皆さんが完全に保護されるのは義務教育まで。高校になったらもう、そこから壁が始まってくる。大学になったらもう定員。社会人になっても定員。先生だって、定員をくぐり抜けてきているんですよ。それが世の中の仕組み」

 そうですね。反論の余地もない。これを聞いた高校生は

>「世の中の仕組みがおかしいんじゃないですか?」

 まあ、こういいたいのはよくわかる。そういう台詞がかっこいいと薫陶を受けてきているのだろう。だがね、

おかしいのかもしれん。まちがっているのかもしれん。しかし、それが現実で、そこからおまえらは逃げることはできないんだ。 by「生徒諸君!」

ということなんだな。まず、勉強することだ、学生。
 で、知事はこの返事。

>「僕はおかしいとは思わない。やっぱり16(歳)からは壁にぶつかって、ぶつかって」

 まあ、その通りだね。で、台詞途中に高校生乱入。

>「そこで倒れた子には?」

 まあ、言いたいのはわかるが、せめて討論のルールくらいは覚えてこい。相手が喋ってるのを遮ってどうする。先生、しっかり教えてこい。
 で、この言葉に対して知事。

>「最後のところを救うのが今の世の中。生活保護制度がちゃんとある」
>「今の世の中は、自己責任がまず原則ですよ。誰も救ってくれない」

 前半はどうかとは思うけどね。本当に努力してどうしようもない人ならば仕方ないとも思うが、この高校生同様、努力不足の人もいるでしょ。そういうのを峻別する方法を考えないとね。
 後半に関してはその通り。学生時代のように「みんなで幸せになろうよ」なんてのは幻想で、自分のことは自分でするのが常識です。できない人はできないなりに一生懸命生きればよい。何も難しくはない。
 で、知事にこう切り出された高校生が反駁。

>「それはおかしいです!」

 で、知事はこう返答。

>「それはじゃあ、国を変えるか、この自己責任を求められる日本から出るしかない」

 まあ、仕方ないね。確かにどちらかしかないわ。もう一つ言うと、「自分を変える」という選択肢もあるけどね。


 長い討論が終わった後の高校生の弁。

>「悔しいです」

 そりゃそうだろう。全く歯が立たなかったんだからな。橋下知事を相手にするには準備不足です。

>「傷ついている人たちの気持ちなんて、まったくわかってくれてないという感じで」

 自分たちに使われている税金のことなんざ、意にも介さないと言うところが高校生ですな。この討論を見て、傷ついたもしくは腹を立てた中卒の人もいるだろうに。そういう人が納めている税金も、あんた方が通う私立高校に使われていることを忘れないように。

>「結局、自分が悪いみたいな感じで言っていたので、腹が立ちました」

 なんだ、ちゃんとわかってるじゃないの。もう一息だよ。自分の努力不足が一番大きな原因だということに到達するのは。

>「勉強せなあかん。負けてたらあかんで。悔しいからな、勉強していろんなこと知らなきゃあかん」

 まあねえ、そういうことなんだよな。

「この勢いがシーズン終了前に出てくれてれば・・・・・それだけが心残りで」by「メイプル戦記」兎山選手

 高校受験の前にこの意識があればねえ。こういう羽目にもならなかっただろうに。自業自得だ。そのことを自覚してね。

 で、締めは知事の言葉。

>「子ども扱いはしません。義務教育終わっているので」
>「高校生の皆さんも言いたいことは山ほどあるだろうし、ああいう形で政治的な意見を持っているのは立派なんじゃないですかね」

 いかにも政治家の言葉って感じで気持ち悪いけど、仕方ないね。あの高校生が自分で考えてものを言ってるとは思ってないだろうし。後ろにいる勢力に対する皮肉にもとれるな。
 ずいぶんきついことも書いたが、高校生に対する怒りはさほどない。むしろ、「あわれ」でしかない。どちらかというと、こういう高校生を押し立てる教育関係者に怒り心頭だな。

 仮にも教師なら、きちんと想定問答集を作って、対応できるように知恵を付けてやらんか。かわいそうだろ。

 最ももっと痛烈なのが、このVの後の木村太郎氏の言葉。

木村「ただあの~、橋下さんたら弁護士じゃないですか。ぼくはねえ、弁護士としてすっごくいい機会だったと思うんで、子供たちにやっぱ法律のことをね、教えてやるのにいっち番いい機会だったと思う。で、いいテーマだったと思うんです。ていうのは私学助成についてはね、憲法でこういう規定がありましてね、公のお金を公の支配に属しない教育にこれを支出しちゃ行けない」
安藤「ちょっと待ってください。公の支配に属しないというということは私学・」
木村「私学って事ですね。公立じゃない学校に、教育機関に、公のお金を使っちゃ行けませんよ。こういうのは憲法89条にちゃんとあるんですよ。日本国憲法に。やっぱり、このことで何故こんな憲法があるのか。それで、それなのに私学助成が何故行われているのは憲法違反じゃないかとか、じゃ憲法変える必要があるんじゃないかと、いろいろな議論できたはずですよね。やっぱりね、弁護士が高校生論破しても意味がないんで、やっぱりこういう事を橋下さん弁護士としてね、子供たちに自分のその大阪府の子供たちに教えてもらいたかったはずなのに。そっからまた議論が始まるだろうと思う。」

 しかし、木村太郎さん、情け容赦のないコメントですな。背後に護憲派勢力があることを知りつつ、こう言ってのけるあたり、しびれてしまいますな。まあ、この私学助成については以前桝添氏も違憲だと言っていたこともあったしね。この違憲性をどのようにこの高校生ひいては背後にいる勢力が対応できるか、見物ですな。


 ちなみにこの「大阪の高校生に笑顔を下さいの会」というのは、大阪府革新懇によって組織されている。で、こりゃ何だと調べてみると

大阪革新懇とは
革新懇運動は「新しい政治」の担い手です
革新懇は「国民が主人公」の民主的な政府=民主連合政府をめざして、くらし・平和・民主主義からなる「3つの共同目標」にもとづいて、地域や職場で共同をすすめる運動をすすめています。思想や信条、政治的立場の違いを超えて、黒田革新府政後の1980年から大阪をかわきりに全国各地で運動をスタート、その後、個人、団体、政党による構成員は全国で450万人を数えています。

一致する目標で共同運動をすすめています
革新懇は、生活向上・平和・民主主義の目標で一致するすべての人々をはじめ、団体や政党と思想信条、政治的立場をこえて共同を広げています。無党派や保守の人びとを含む広範な人びととの共同を大切にしています。今日の自民党政治がすすめる悪政に対し、貧困の克服をはじめ、医療や福祉、社会保障の拡充、改憲や日米軍事同盟の強化に反対するなどの世論を巻き起こす取り組みをすすめています。共同を発展させながら「国民が主人公」の政府=民主連合政府の樹立をめざしています。

今、民主連合政府づくりを本格的にすすめるとき
海外派兵の恒久法、消費税増税、憲法改定を狙う「大連立」、自民党と民主党による二大政党による政治の正体が明らかになってきています。いま国民の声で政治が動く画期的な状況が生まれていますが、国民要求を本格的に実現するためには、大企業中心、アメリカいいなりの自民党政治をただすことが必要です。国民本位の新しい政治をめざし、国民の中での多数派づくりをすすめる革新懇がいま出番の情勢です。

<革新懇運動の3つの共同目標>
①日本の経済を国民本位に転換し、 暮らしが豊かになる日本をめざします。
②日本国憲法を生かし、自由と人権、民主主義が発展する日本をめざします。
③日米安保条約をなくし、非核・非同盟・中立の平和な日本をめざします。



 まあ、実にわかりやすい名前で結構。ある特定の政治結社であることは間違いない。おもしろいのは、この団体、護憲団体なのだろう。だったら、私学助成を肯定しちゃいけないよ。まあ、何でも反対するのがこの団体では「とれんでぃ」なのかもしれんが。
 そうだとすると、これら高校生はいわば鉄砲玉で、その後ろには糸を引く教師がいるわけだ。こういう事が批判されると言うことが、何故こういう人たちにはわからんのかね?こういう事で大騒ぎしても、かつてのような波にはならんよ。保育園の時もそうだったろ?子供(まあ、高校生だから、子供というのは抵抗あるかもしれんが)を使って、自らの政治思想を代弁させるなんざ外道のやり口だ。まあ、実際そうなのだろうな。

しかし、悪党には悪党なりの仁義というものがあるだろう。

ちったあ、つつしめ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック