奈良障害者訴訟 町は抗告

 また、続報です。町が抗告したようだな。町の言い分に全く耳を貸さなかったと言える「仮決定」なのだから、当然の対処といえる。

朝日:車いす少女の入学仮許可「不服」 町教委、高裁に抗告
2009年7月2日12時39分

(写真)
衣料雑貨店で下市中の制服を試着させてもらい、喜ぶ谷口明花さん(右)と母親の美保さん=6月26日午後、奈良県下市町、高橋友佳理撮影
 車いすで生活を送る谷口明花(めいか)さん(12)=奈良県下市(しもいち)町=が、希望した町立下市中学校への進学を拒否された問題で、町と町教育委員会は、仮の入学許可を出すよう義務づけた奈良地裁の決定を不服として、大阪高裁に即時抗告した。1日付。高裁決定が出るまでは地裁決定が有効であるため、町側は2日付で就学通知書を谷口さん側に手渡し、仮入学を認める方針。明花さんは3日にも初登校する。

 下市町教委の堀光博教育長は「地裁決定には納得できない部分もあり、抗告した。仮入学は認めるが、訴訟はまた別の問題」と話し、高裁で町側の主張を認める逆転決定が出れば入学を取り消す可能性を示唆した。


 明花さんの父親の公務員、正昭さん(51)は「非常に残念。できることなら抗告して欲しくなかった」としたうえで、「明花が一日も早く安心して通えるようにしてほしい」と、早期決着への望みを語った。

 この問題をめぐっては、奈良県の荒井正吾知事が1日の定例会見で、地裁の決定を「大変すばらしい、賛同できる判断」と評価。町教委に明花さんの早期受け入れを求め、講師の派遣などで支援する考えを示していた。

 明花さんは、地元の町立小学校を今春卒業したが、町教委は障害などに見合った設備がないことなどを理由に下市中への入学を拒否。明花さんと両親は4月下旬、町と町教委に入学許可を求めて奈良地裁に提訴。地裁は6月26日、判決が出るまでの措置として、町教委などに仮に入学を認めるよう決定を出した。



 まあ、中身は今まで通りの紙面で新しい情報無し。いくつか言いたいこともある。では順に見ます。

>高裁決定が出るまでは地裁決定が有効であるため、町側は2日付で就学通知書を谷口さん側に手渡し、仮入学を認める方針。明花さんは3日にも初登校する。

 まあ、その通りなんだけど、地裁決定では「バリアフリー化」には言及しなかったからな。設備はそれほどの改善は望めまい。人的介助もどの程度なのかは不明だ。「大丈夫」といったからには、その言葉通りの事が求められるだろう。明日はきっと放送するだろうから、是非とも下市中のすべてを紹介していただきたいものだ。報道にとって都合が悪い映像は流さないだろうけど。

>下市町教委の堀光博教育長は「地裁決定には納得できない部分もあり、抗告した。仮入学は認めるが、訴訟はまた別の問題」と話し、高裁で町側の主張を認める逆転決定が出れば入学を取り消す可能性を示唆した。

 これは当然。お金もないし、危険でもある。もちろん、安全を確保し、通学が認められるのが一番いいが、先立つものがない。町が争うことを選択するのは当たり前。

>明花が一日も早く安心して通えるようにしてほしい

 これがわからん。「今の学校が危険だから、安心して通わせることが出来ない」と町が言ってるんだろ。この言葉から察するに・・・・・、まあ言うまい。

>奈良県の荒井正吾知事が1日の定例会見で、地裁の決定を「大変すばらしい、賛同できる判断」と評価。町教委に明花さんの早期受け入れを求め、講師の派遣などで支援する考えを示していた。

 じゃあ、県の予算で講師の派遣なんぞというけちなこと言わずに、介助者数名分と特別担任、耐震化工事費+バリアフリー関係費用すべて持ってやんな。

次期はないがな

 さて、この記事の中にも「周囲の声」が聞こえてこない。町の姿勢に反対する町議も出ない。元担任の先生の談話もない。「お友達」の声もない。これだけナイナイづくしなのもめずらしい。
 一体、今、この町で何が起こっているのか、今までに何が起こったのか推測する。もちろん、マスゴミが伝えない部分が多いので、あくまでも推測だ。妄想と言ってもかまわない。
 具体的に分かっていることは

引っ越ししてきて小学校入学

小学校時代に介助者・特別担任を配置(町負担)

小学校卒業

地元中学への入学許可降りず訴訟


だけだな。順に考える。

引っ越ししてきて小学校入学
 引っ越しの理由は不明。いろいろ情報が飛び交っているが、詳細は分からない。ただ言えることは、何で父親の努める自治体に引っ越さなかったんだろう。それともそこから引っ越してきたのか?情報が不足してるな。
 で、入学するんだけど、おそらく、通学に問題なしとの判断があったと思う。下市中学とは立地も違うしね。町としても「車いすで通学可能、知的障害無し」なら、当然許可を出すと思われる。

小学校時代に介助者・特別担任を配置(町負担)
 さて、ここだ。町は入学許可を出した。で、当然自力通学できるものと考えていただろう。しかし、現実は通学・帰宅共に要介助(と言うかお手伝い必須。両親がしないから)。小学校教師の中には「インクルージョン」とか「ノーマライゼイション」とか言う言葉に踊ってるのもいたかもしれん。その教師が学校や町に訴えてたかもね。その結果、介助者・特別担任という対応になった。この段階では、まださほどの問題は起きていないと思われる。
 しかし、実際に費用を負担するのは町民だ。もちろん当初は「ああ、中学校の先生のお孫さんかい。麻痺があるんだって?お気の毒なこった。まあ、いいんじゃないの。」「うちの水道もほしいけど、まあ、井戸もあるから後でいいよ」みたいな感じだったんじゃあないのかな。
 介助の内容にしても、低学年は男女差もさほど無いから、特別な配慮はいらんかもしれんが、年齢が進むにつれ、女の子は扱いがむずかしくなるだろう。当然、介助は女性が望ましい。しかし、女性では力業が使えない。その結果、人数を増やして対応することになる。もちろん、費用は町持ちだ。
 さて、この費用なんだが、この町の年間教育予算は3億ほどらしい。これで、小学校・中学校・幼稚園等を維持することになる。平たくすると1学年3000万位か。介助者・特別担任の人件費は年間2000万円くらいだろうか。一部、県等から補助が出たとしても、1000万円くらいは町からの持ち出しだな。1学年3000万円からこの金額を都合付けることは出来ないだろうから、教育費全体からの捻出と言うことになるだろう(小学校予算だけでは無理だと思う)。大体1学年あたり100万円というところか。この数字決して小さくない。100万円あれば、いろんな物に使える。で、この予算削減の影響を受けた児童生徒は、単年度で小中学校総員700人として、6年間の延べ人数4200人。実数でも1000人を越えるだろう(人口の1割以上だ)。となると、いろんな声が上がりそうだな。表だっては何も言わんかもしれんが。

 こんな中、上で挙げた「インクルージョン」教師がいれば、おそらく責任を丸投げされたと思う。当然、両親からのクレーム対応はその教師が負うわけで、大変だったろうな。その子が進級してもずっと責任者。みんなで持ち回ればいいのかもしれんが、多分誰も引き受けない。と言うか、校長・教頭がその教師に押しつけたかもしれない。「大口叩いたんだから、おまえがやれ」てなもんかな?そういう教師がいなかった場合は、持ち回りだ。
 この生活の中でその教師は疲弊していく。それを見ている町民は何かおかしいということに気付くだろう。人の口に戸は立てられない。この両親の所行を見て、「?」となる人がいてもおかしくない。

この負担を納得させる両親の努力があればねえ・・・・・

小学校卒業
 時期が来れば、当然卒業するわけで、その後の進路についても話し合いはもたれたはずだ。吉野の支援校にしてみても、両親の意思の確認をしないまま、受け入れることはあるまい。

両親に拒否された支援校がどう思ったかは知らん

地元中学への入学許可降りず訴訟
 これが今の状態なんだけど、どう見ても町の方に分があるように思える。地裁判事の後先考えない「机上の空論」なんぞ、考慮に値しない。あの判事の言うことくらい、現場の人間も考えたろうよ。それをふまえて、支援校を推したのだと思うけどね。強いて言うなら、町の説明が不十分と言うところか。っと、こんな事言うとまた図に乗った「ふざけた決定」を出すかもしれんな(医療訴訟ではよくあることだ)。


 と、これらはもちろん、私の推測だ。しかし、それを裏付けるかのような、地域からの応援の声の欠如。もはや地域における介助は期待できないんじゃないのか?

小学校時代の元担任の「よかったねえ」と言う声が聞こえない。
友達の「待ってるよ」と言う声も聞こえない
町に反対する町議の意見も聞こえない


この町を舞台に行われた壮大なる実験は失敗に終わりそうだな

誰の実験かは知らんが


願わくば、この町の人が障害者に対し優しくなれますように

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック