岡田外相 無礼者か それともただの馬鹿か

 無礼者なのは知ってたけど、ここまでとはねえ。しかし、速攻ブーメラン。岡田の馬鹿をさらしあげ。

共同:「お言葉に陛下の思いを」と外相 閣僚懇で宮内庁に検討要請
 岡田克也外相は23日午前の閣議後の閣僚懇談会で、国会開会式での天皇陛下のお言葉について「陛下の思いが少しは入った言葉がいただけるような工夫を考えてほしい」と述べ、宮内庁に対しお言葉の見直しを検討するよう求めた。

 閣僚が天皇陛下の発言について意見を述べるのは異例。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 同時に「政治的な意味合いが入ってはいけないという、いろいろ難しいことはある」と指摘。その上で「大きな災害があった直後を除き、同じあいさつをいただいている。わざわざ国会に来ていただいているのだから、よく考えてもらいたい」と強調した。

 この発言に関し、平野博文官房長官は記者会見で「コメントは差し控えたい」と述べた。

2009/10/23 13:12 【共同通信】



共同:宮内庁、岡田外相発言の真意確認へ

 天皇陛下の国会開会式でのお言葉をめぐる岡田克也外相の発言に対し、宮内庁の羽毛田信吾長官は23日、「発言の趣旨を伺わないと何とも言えない」と語り、外相の真意を確認した上で対応を検討する考えを示した。

 羽毛田長官は「国会開会式での陛下のお言葉は、各種行事でのものとは趣旨が異なり、国事行為に準じて内閣の助言と承認により行われる」と指摘。その上で「まずは内閣として、よくご議論をいただきたい」と述べた。

 また宮内庁幹部は「象徴天皇として政治的に中立な立場で述べられる開会式のお言葉が、その場その場で違うというのは、むしろおかしい。違っていなくても、国会審議に対する陛下の思いは十分に込められている」と語った。(共同)

 [2009年10月23日13時43分]



産経:民主・西岡氏、岡田外相の「お言葉」発言批判 「極めて不適切」
2009.10.23 14:39
 岡田外相が23日、国会開会式での天皇陛下のお言葉について「陛下の思いが少しは入った言葉に」と述べたことについて、民主党の西岡武夫参院議院運営委員長は同日、記者団に「天皇陛下の政治的中立を考えれば、お言葉のスタイルについて軽々に言うべきではない。極めて不適切だ」と岡田氏を批判した。



 この発言は右左両陣営を敵に回す物なんだけどねえ。何故か、テレビはふれたくないようだ。新聞は上記のもの以外にも、今朝、読売に出てた。何で社説に書かないのかとも思うが、今のマスゴミの翼賛報道ではこれがせいぜいか。

 さて、この発言、どこに問題があるのか?スタンスは2つ。

1.陛下に注文をつけた
2.陛下の意志を反映させようとした


 この内、1に関しては、

「売店の小倅ごときが、陛下のお言葉に注文をつけるなんぞ、許される事ではない」
「世が世なら、不敬罪」


として、右サイドが激怒する。また、国民統合の象徴をないがしろにする閣僚が、国民を大事にする筈もない。まあ、実際そうなってる。冗談じゃないので笑えない。

 また2に関しては

「天皇の政治利用だ」
「軍靴の音が」


ってなもんか。本来ならば、こういう発言が出た時点で、左サイドは激怒するべき。特にマスコミは、全社一斉のキャンペーンを張ってもおかしくないとは思う。実際自民の閣僚がこれをいったら、大問題にしてたろう。タレントの麻薬裁判なんぞ、無視する形で全社・全局で非難の嵐が吹き荒れたであろう事は想像に難くない。今は絶賛翼賛報道中なので、そのような動きは無いけどね。

 上の二つについてはどちらも考えすぎという意見もあろう。私もそう思う。おそらくあの馬鹿は

イオン新店舗開店時の来賓祝辞

みたいなものを期待したんだろう。所詮、自身の器でしか物は考えられない。しかし、これが後に禍根を残す事になりかねないという事を肝に銘じておくべきだろう。総理にでも聞いてみな。

統帥権干犯ってなんですか?

とな。どう答えるか興味はある。ま、何も言えないか、嘘八百並べるかどっちかだろう。

 この件でおもしろいのは、この馬鹿がどこで「お言葉」を作っているか知らなかった事。この馬鹿は当初、「宮内庁」が作ってると思ってたようだな。だからこそ、こういう注文を出した。言われた宮内庁は

「何言ってんだこの馬鹿。作ってんのは内閣だ」

てなもんか。この馬鹿は、どこで「お言葉」を作っているのかさえ知らなかった。現役内閣の閣僚がだ。一体会議で何話してるんだろうな。
 しかし、ここでこの馬鹿も気づいた。陛下の「お言葉」は内閣が作っており、そこに「陛下のご意志」が存在しない事に。「陛下のご意志」であるかのように、内閣が操作できる事に。だからこそ、いい訳に終始してる。愚にもつかない言葉でだ。さっさと謝罪でもすりゃいいものを。
 かつて、こういう形で日本は戦争へ邁進していく事になったんだけど、こいつはそれを理解してないな。戦中・戦後はずいぶんと興味があるようだが、戦前に対してはそれほどの興味もなく、勉強も不足しているようだ。「軍が悪い」「東条が悪い」で思考停止してるんだろ。

典型的なサヨクだな。

思想もなければ、理想もない。あるのはただ「破壊」のみ。まあ、民主党をたった一人で体現していると言ってもいいのかもしれん。

 今回の件で救いなのは、岡田擁護がテレビだけだという事。自民・共産はもちろん批判する。連立与党の社民・国民新からも異論が出る。そして、民主党内からも異論がでて、閣内でさえ同調する者がいない。新聞にもとりあえず載った。週刊誌も時間の問題だろう。
 普通の政府なら、辞任・辞職ってなもんだと思うが、この政府ではそうはならないだろう。謝罪もなく、有耶無耶ですます事は確実だな。

よかったねえ、民主党政権で

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 平和(ボケ)の鳩、外交とはこういう事だ

    Excerpt: 中国は本当のことを言われると、どうして平気で反論できるあるか。 正面切って言えるのは、世界一の民主主義国家を自負するアメリカぐらいで気持ちがいい。 経済は経済、政治は政治だ。人権問題は内政干渉では.. Weblog: 丹国前向き新聞 racked: 2009-10-27 19:08