マスゴミは母子加算に反対なのか?

 補選は民主の勝ちのようだ。まあ、翼賛報道下の選挙なら仕方あるまい。この2ヶ月間、民主の不手際、失言暴言は無視を決め込んできたんだから。今日の所信表明はおもしろいと思う。さて、今後の国会が中継されるかなあ?「NHKが中継拒否」とか言って、2chでも話題になったが、ぎりぎりにならないと解らないそうだ。まあ、そういう事なら仕方ない。これで放送しなきゃ

「翼賛報道中に付き、民主がつっこまれる映像は流しません」

といわれても仕方ない。さすがは日本偏向協会(NHK)と、絶賛されるだろう。

 ただ、昨日の選挙で救いなのは、地方の首長選で惨敗とのこと。地方に行けば行くほど民主の政策が支持されないという事だろう。翼賛報道下においても、そういう方向性が出ている事はいい事。この翼賛報道が解除されるのはいつになるだろうか?


 さて、今日は前にも取り上げた「生活保護」のこと。新聞が具体的な家庭を紹介するたびに、生活保護のゆがんだ実態が明らかになる。こいつら、本当は生活保護削減を目指してるのか?

中日・北陸:母子加算復活 違和感残る予算論議
2009年10月25日

写真
出勤前に子どもたちの洗濯物を干す佐藤さん。母子加算の復活は歓迎するが、複雑な思いもある=金沢市内で

「受ける側に何が必要かを考えてほしい」
 「とにかくうれしいです」。金沢市の佐藤洋子さん(45)=仮名=は、年内の母子加算復活が決まり、安心した表情を見せた。

 毎月、生活保護費など約二十四万円で暮らす。育ち盛りの小中学生の娘三人との四人家族で、五万円弱の食費は増える一方だ。支給日前の夕食は、具がモヤシだけのお好み焼きやふりかけご飯でしのぐこともある。「ごめん、もうお金ないから」「いいよ」。素直に納得してくれる娘たちには感謝している。

 節約できるのは洋服代ぐらい。今年四月に中学校に入学した次女(12)には、体操服を一枚しか買ってやれなかった。「これでもう一枚買えます」

    ◆    ◆

 母子加算の復活に伴い、代替措置の「ひとり親世帯就労促進費」は廃止が決まった。所得に応じて月額最大一万円を支給し、就労による自立を支援する制度だ。九月に仕事が始まり、十一月分から受け取る予定だった佐藤さんは、「一万円がなくなるのは大きい」と残念そうに話した。

 一方で、参考書の購入などに使える「学習支援費」は継続される見込みに。三人分で約九千四百円と少ない額ではなく、「もしなくなったら、生活費に食い込んでいた」と胸をなで下ろした。

 当初「十月にも」としていた母子加算の復活時期は十二月までずれ込み、代替措置の扱いが継続と廃止に分かれた。要求額が過去最大に膨らんだ来年度予算の編成をにらんだ財務省と厚生労働省が“綱引き”した結果だ。「学習支援費は教育のためのお金で、母子加算とは趣旨が違う。まず、受ける側に何が必要かを考えてほしい」。当事者よりも予算ありきの議論に、違和感を隠さない。


    ◆    ◆

 母子加算では子ども一人に約二万円が支給されるが、二人目以降の上乗せ分は千円ほど。「子どもが三人いれば、お金も三人分かかるのに」。復活自体は喜ぶものの、仕組みには釈然としない部分も残る。

 「母子家庭のみ」という条件にも疑問がある。「大変なのは父子家庭も一緒では」。この機会に「ひとり親加算にした方がいい」と提案する。

    ◇    ◇

 「生活第一」を旗印に掲げ、動きだした鳩山政権。その一歩一歩が私たちの暮らしをどう変えていくのか。石川、富山両県の十一人にその「監視役」にななってもらい、身近で起きた変化や感じたことを随時、報告していく。

  生活保護母子加算の復活  生活保護を受給する母子世帯の食費などを補う目的で、一九四九(昭和二十四)年に開始。子ども一人の場合で月約二万円が、二〇〇四年度まで支給された。

 〇三年、社会保障費削減を打ち出した小泉政権の「骨太の方針」で廃止が決定。母子加算を含めた受給額が一般の母子世帯の消費水準を上回る「逆転現象」を理由に、〇八年度末までに段階的に打ち切られた。

 鳩山政権は二十三日の閣議で、十二月の復活を正式に決定。政権内外で、「予算削減に逆行する」「就労による自立を妨げる」などの反対論があったが、政権最初の具体的な「成果」として、マニフェスト実現を優先した形となった。

 対象は約十万世帯。本年度残り四カ月分の約六十億円は予備費から拠出される。一〇年度予算案の概算要求では、金額を明らかにしない「事項要求」に盛り込まれた。

 佐藤洋子さん(45) 約10年前に離婚し、両親とは死別。現在は金沢市内のアパートに住む。今年9月、派遣社員として旅行添乗員の仕事に就いた。



この家庭な家計は以下の通り。

収入
 生活保護他 240,000円
支出
 家賃       65,000円
 電気        5,000~10,000円
 ガス        7,000円
 水道        6,500円
 バス代       2,000円
 電話(インターネット込) 9,000円
 携帯(3台)   25,000円
 食費       50,000円
 学用品など    30,000円
 その他      20,000~40,000円
 合計      219,500~244,500円


 さて、添削。
 収入はまあいいだろう。今の水準ならこんなものだ。はっきり言えば出し過ぎだとは思うが、制度上仕方あるまい。働かない(働こうとしない)のは当たり前だな。
 支出について。家賃はまあいいかな。電気ガス水道なんかもまあまあ。バス代も仕方ないだろう。
 で、電話代なんだけど、インターネットと込みとはいえ、ちょっと高いんじゃないの?もっと安いプランもあるだろう。ADSLにでもすれば削れると思う。それとも、すでにそうしていて、残りは無駄話の経費か?削れ
 やっぱり出た携帯。これもちょっと高いんじゃないのかな?うちも嫁さんと2台持ってるけど、合計で1万超えた事無し。無駄話のしすぎだ。削れ
 食費はまあ仕方ないか。
 さて、学用品に月3万円。小中学校の学用品で毎月3万もかかるって、何使ってんだ?学用品なら年にこのくらいってもんじゃないのかな?まあ、「など」って逃げはうってるけどね。半分は削れるだろう。
 で、その他。毎月2~4万円の予備費ねえ。ずいぶんな家計ですなあ。計画性皆無ってとこか。こういう生活するから、お金が足りないんだと思うな。これも半分にできる。

 軽く見積もっただけでも、3~5万は削れるね。母子加算なんぞいらんという家庭の代表とも言えよう。

マスゴミはどうしたいんだろう?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 財務省

    Excerpt: レビュー書き込みでカタログギフト(2500円相当)をプレゼント中!【送料無料】財務省造幣局品位証明付【おリン】銀製おリン 4.0寸(重量約800g) 【02P26Oct09】商品価格:315,00.. Weblog: 自然 工房 racked: 2009-10-26 13:07
  • 母子加算 父子

    Excerpt: 母子加算復活 違和感残る予算論議 ‎20 時間前‎金沢市の佐藤洋子さん(45)=仮名=は、年内の母子加算復活が決まり、安心した表情を見せた。.. Weblog: まとめて読む今日のニュース racked: 2009-10-26 14:04
  • 生活保護の老齢加算廃止を違法とする判決

    Excerpt: 生活保護の老齢加算について、2004年に国が廃止を決定し、段階的に減額のうえ、2006年には全廃されました。 一般的な生活保護については、もちろん継続して支給されていますが、老齢加算を廃止するもので.. Weblog: 第6の権力 logic starの逆説 racked: 2010-07-11 23:57