外国人参政権 とりあえず見送り・・・ただの延期だろうなあ

 とりあえず、一安心。民主党ですら、まとまるはずもない。いくら翼賛報道中とはいえ、現実に選挙民と直面する議員は、その声を無視する訳にはいかんだろう。

産経:参政権法案 今国会提出断念へ 政府・民主 党内外に反発強く
2009.11.11 10:03

 政府・民主党は10日、永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案の今国会への提出を見送る方針を固めた。同法案をめぐっては、民主党の山岡賢次国対委員長が6日、議員立法として今国会に提出したいとの考えを示していた。

 民主党の小沢一郎幹事長は、和歌山県高野町で記者団に対し、同法案について「外交政策が背景にある問題だから、私がとやかく言う立場ではないが、基本的には政府提案(政府提出法案)としてやった方がいいだろう」と述べた。


 ただ、平野博文官房長官は同日の記者会見で「この国会で政府提案としてやる時間的な余裕はない」と述べた。付与に懐疑的な民主党国対幹部も「外国人参政権なんて党内がもたない。いずれにしても今国会ではできない」と語った。同党や山岡氏ら関係議員に国民から多くの抗議が寄せられたり、党内保守系議員が反発したことも提出を見送る理由となったようだ。

 今後も参政権付与推進派の動きは続くとみられるが、平野氏は10日の会見で、来年1月召集の通常国会への対応について「連立3党の党内で議論が必要だ」と与党の意見集約が政府提案の前提条件との認識を示した。国民新党は「うちの党は(意見集約が)難しい」(亀井静香金融相)としている。

 民主党内で検討中の法案は、日本と相手国が互いに同程度の権利を認める「相互主義」を採らず、中国人でも日本の永住者なら地方参政権を与える内容だ。



 産経のトバシ記事でない事を祈りましょう。順に見ます。


>同法案をめぐっては、民主党の山岡賢次国対委員長が6日、議員立法として今国会に提出したいとの考えを示していた。
>民主党の小沢一郎幹事長は、和歌山県高野町で記者団に対し、同法案について「外交政策が背景にある問題だから、私がとやかく言う立場ではないが、基本的には政府提案(政府提出法案)としてやった方がいいだろう」と述べた。


 そうそう、確かにこいつらが強く推進している事は、良く報道してたな。憲法にも絡む事だろうに。どうしてもやりたきゃ、憲法を改正する必要もあろう。そのための国民投票法だろう。来年の5月18日から施行されるようだから、それを使って、国民に信を問えばいいんじゃねえの?
 ところが、民主内部でも、これについては、一枚岩ではない。


>平野博文官房長官は同日の記者会見で「この国会で政府提案としてやる時間的な余裕はない」と述べた。

 時間の問題だけかよ?この一言だけでも、平野の考えがわかろうというもの。


>付与に懐疑的な民主党国対幹部も「外国人参政権なんて党内がもたない。いずれにしても今国会ではできない」と語った。

 そりゃそうだよな。マニフェストの実現すら怪しいと言うときに、わざわざマニフェストから外した物を、早急に実現しようと画策するなんざ外道だわな。だから、地方の民主党員からの「強烈なパンチ」を受けて、離党勧告なんぞを出さなきゃならなくなった。自業自得だから、民主党には同情しないがね。
 マニフェスト選挙をうたってたんだから、マニフェストの実現に最大の努力をすべきだ。それが達成されるまでは、余計な事はするなよ。


>同党や山岡氏ら関係議員に国民から多くの抗議が寄せられたり、党内保守系議員が反発したことも提出を見送る理由となったようだ。

 強烈な抗議があったと思われる。まあ、しかたない。なんつったって

マニフェストにのってない

んだからな。これで見送りしなきゃ、民主党は自民党に比べて

自由のない民主党

といわれても仕方ない(字面ではその通りだけど)。
 自民党内の党首批判は当たり前に今まであった。党執行部批判なんてのは、いつもの事だった。派閥があり、族議員がいたからな。良くも悪くも、これが機能してたおかげで、自民党はそこそこの政治をやってきたとは思う(ベストではないにしても)。
 翻って民主党。党首からのトップダウンをうたう政党だけに、議論が尽くされない、党としての柱はなさそうだ(ま、小沢が柱なのかも知れんが)。そこに危機感を持つ議員が声を上げ始めてる。地方議員はもとより、国会議員でさえ反対する姿勢を打ち出しているのだろう。

ただの反小沢かもしれんが

まあ、どちらでもいい。小沢を中心とした民主執行部が好き勝手できないように、しっかりと監視してもらいたいもんだ。かつての派閥・族議員のように。
 有権者もしっかり見ていきましょ。この流れを作ったのが、皮肉な事に民主党だ。これもブーメランか?


>今後も参政権付与推進派の動きは続くとみられるが、平野氏は10日の会見で、来年1月召集の通常国会への対応について「連立3党の党内で議論が必要だ」と与党の意見集約が政府提案の前提条件との認識を示した。

 「まだまだ、あきらめんぞ」という平野の本音ですな。しっかり見ていきましょう。しかし、その政権内でさえ、不協和音が。


>国民新党は「うちの党は(意見集約が)難しい」(亀井静香金融相)としている。

 そりゃそうだろう。この党は自民が分裂してできた党だし、どちらかというと保守色の強い政党だろう。亀井氏の発言・政策(徳政令とかね)に同調はできないが、この方向は支持する。まさに

獅子身中の虫

ですな。というと獅子に失礼か?


>民主党内で検討中の法案は、日本と相手国が互いに同程度の権利を認める「相互主義」を採らず、中国人でも日本の永住者なら地方参政権を与える内容だ。

 これが大問題なんだよなあ。民主のお友達の下朝鮮と支那なんだけど、この内、下朝鮮については、確かに永住外国人の参政権はある。しかし、そこには所得制限がある。相互主義を貫くなら、日本の在日韓国人にも所得制限付きで参政権付与ってなもんかな。韓国並みの所得制限を設ければ、日本で選挙権を得る在日韓国人は極めて少なくなるだろう。これじゃあ、意味がないね。民主はこういう相互主義はとらないだろう。
 もちろん、支那に関しては、相互もへったくれもない。日本が一方的に貢ぐ形での選挙権だ。支那にしてみりゃ、日本程度の人口の国民に「支那選挙権」を与えたところで、問題ないだろうから、そうするかもしれんところがちょっと怖いな。

今後も要注意

 なお、この件を民主が急ぐ理由かどうかは知らんが、こういう動きがあるそうな。


聯合:「兵役逃れ犯罪」に対策、新制度導入・処罰強化へ
10月9日15時42分配信 聯合ニュース

【ソウル9日聯合ニュース】兵役が免除される17の疾病の疾患者に対する確認を目的とした身体検査制度の導入や、「兵役逃れ犯罪者」の軍服務期間を1.5倍に延長する案が検討される。兵務庁の文秉敏(ムン・ビョンミン)兵役資源局長は9日に国会国防委員会が実施した国政監査で、兵役処分保留・確認検査制の導入と兵役逃れ犯罪者処罰強化などを内容とする「兵役免脱犯罪総合防止対策」を発表した。
 兵役免除が認められる腎臓炎、本態性高血圧症、ネフローゼ症候群など17の疾病疾患者に対しては、治療病歴がないと疑われる場合、兵務庁が指定した専門医療機関で確認身体検査を受けさせる制度を、2010年または2011年から施行する。特に来年から、兵役免除対象疾患者は疾患が明白な場合を除き、6か月~1年間の事前・事後病歴確認を行った上で、身体等級を最終判定することにした。
 兵役逃れの犯罪を犯した者は軍服務期間を1.5倍に延ばす案を進めるとともに、同犯罪による収監者は補充役と第2国民役に編入させるとした制度を、来年または2011年に廃止する。兵役逃れ行為の監視に当たるサイバー専門担当チームや資料分析チームなどの組織を来年新設し、兵役逃れが懸念される疾患の分析と調査などを強化する。
 過去5年間で530人が摘発された芸能人、社会富裕層などによる兵役逃れの行為を集中監視する法的根拠を設けるため、兵役法も改正する。兵役逃れが疑われる肩の脱きゅう手術や大関節疾患者の身体等級判定基準も、来年から上げるよう調整する。発作性心不全の疾患者に対しても、最近1年以内に2回以上の発作がなければ4級(補充役で公益勤務)と判定する計画だ。
 兵務庁指定外の病院の兵士用診断書を提出した場合は、専門医療機関に委託検査を依頼し、診断内容を徹底再検証する。これまでは疾病による入営期日延期書類として一般診断書も認めていたが、今後は兵士用診断書だけを受け付ける。
 ことしから身体等級4~6級の対象者に対する国民健康保険公団の診療記録閲覧権を確保し、身体等級判定に反映させる。また、兵役義務履行者が優遇される社会風土をつくるため、軍加算点の付与、軍服務終了者に対する道路通行料・国立公園入場料・鉄道など公共施設利用料割引などの案を進める。永住権取得者や疾病を治療した者が自ら義務服務を行う場合の優待案も検討する。
 さらに、年に1~2回の兵役逃れ犯罪申告期間を定めるとともに、兵役逃れを助長するインターネットサイトを通報した場合の報奨金拡大を実施するなど、兵役逃れ犯罪に対する積極的な申告を誘導していく。



これが理由でなけりゃいいねえ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック