網膜動脈分枝閉塞症のこと

 11月から入院加療が何度となく続いておりましたが、ようやく落ち着いてきたようなので、ブログ復活します。

以前に予告したように、今日は病気のこと。私が入院加療した病気は

網膜動脈分枝閉塞症

といいまして、網膜の動脈の一部が閉塞し、血流が再開しないと網膜の能力が失われます(見えなくなる)。それ故早急に手当が必要なのですが、この病気の困ったことは

痛くもかゆくもない

事です。私の場合、「なんか目がかすむなあ」と思ってはいたのですが、今までもそういう事があったこともあり、その時は何となく元に戻ってたので、そんなに気にはしてませんでした。しかし、その状態が2日ほど続き、これはおかしいと言うことで眼科にかかったのですが、その時、先生に言われたのは、

すぐに大学病院へ行って

との事でした。そこの先生の紹介で和歌山県立医大病院へ行く事になり、直ちに病院に向かいました。
 大学病院では眼底チェック(造影)した後、直ちに入院。ウロキナーゼ点滴が行われました。それから1週間、毎日午前中に3時間くらいかけてウロキナーゼ12万単位を点滴し、その後は病院で過ごすという生活が始まります。
 結局、失われた視野は回復することもなく、ただ、ひどくなることもなかったので、退院。よし、これからがんばるぞと決意し、生活改善を図ろうとしていた矢先に再発。違う場所が見えにくくなってきたので、医大病院に連絡すると、「すぐに来てくれ」とのこと。直ちに病院へ向かい、検査の後に再入院。また一週間です。同じ治療が続けられ、今回は大事に至らず、見えにくくなっていたエリアも視野が回復しました。そして、再退院。
 さて、良くなったぞ~と、思うのもつかの間、再発し再入院。また1週間入院しました。1ヶ月の間に3週間にわたって入院したことになります。ようやく収まったかと思われたのですが、その3度目の退院後、USJに行ったところ、いきなり視野が半分になり、急遽医大病院へ。この時は、病院へ着いたときにはもう収まってました。一応いろいろ検査はしましたが、特異な所見は無し。この病院へ来てはじめてです。入院せずに帰るのは。
 4回目の診察を受けて解ったこと。

寒いとダメだ

USJに行くに当たり、マフラー・帽子・コート等防寒には気をつけていたつもりだったのですが、下はジーンズのみ。今まで、どんなに寒くてもこれで過ごしてきましたから(雪降る中でも、冬の山でも)。おそらく、これが原因だろうと推測できたので、それからタイツをはくようになりました。いわゆる股引という奴ですか?最近は暖かい奴がいろいろあっていいですね。最後の退院から1ヶ月。今まで再発無し。まあ、良かった。

 さて、この一ヶ月間に家で行ったのは・・・・・

食事の制限
 あまりしてない。というか、嫁さんの好みもあり、元々減塩気味。肉も少なめだ。ただ、水はやたらに飲む。一日に大体一升。

黒酢
 ちょっと飲んでる。気休めかも知れないが、まあいい。

酒量
 減少。というか激減。

たばこ
 自然に手を離れた。というか、県立医大は敷地内禁煙で、たばこを売ってるところ無し。周囲の道路でも吸わないようにとの指示も出てる。そういう環境で3週間もいれば、自然とやめてしまうな。

適度な運動
 運動をした方がいいとのことなんだけど、やり過ぎるのもこれまた問題。また、寒さに弱いと来たら、一般的に良く行われているであろうウォーキング等がやりにくい。という訳で、子供とばあちゃん用に買っておいたWiiFitPlusが役に立った。1日に大体30~60分程度の筋トレ、有酸素運動等を行っている。たばこをやめたせいもあり太るかと思われたが、実際には3キロほど痩せた。というか、脂肪が落ちたのかな。まあいいことだ。
 次の運動目標はバイクかな。バイクといっても自動じゃない方の二輪。これを使った心拍数トレーニングが良さそうだ。寒い間に基礎的な体力を回復させておいて、春になったら、買おうかねえ。とりあえず、クロスバイク(ルッククロス?)かな?

がんばって、血圧下げるぞ~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

くま
2011年06月28日 17:34
同じ病状で入院加療してました。あなたは、凄く明るくて、、私は、泣きました。なぜ??日曜の夕方になったので、すぐかかりつけの病院へ行ったのですが駆けつけてくれた眼科医師が担当じゃないから分からない(一応上下左右と眼圧測定)と言われ明日月曜日かかてと言われ次の日かかったらもう駄目ですと言われ(頭真白)泣く泣く職場に電話して、(行く元気なく休みました)、次の日職場の人から違う眼科で見てもらったらと言われ、仕事を片付けて午後2時過ぎ受診検査後すぐ紹介状で入院。早かったらと医院で言われた、かかるところが違うと結果が違うと思ったしだいです。びっくり仰天ニュースになるような再生は、ないかとネット検索したら辿り着いたのがここです。情報ありましたら教えてください。
XL
2011年10月13日 20:31
くまさん コメントありがとうございます。

私の返事は長くなったので、エントリーとしてあげました。
XL
2011年10月17日 08:46
ちょっと、表現がおかしいですね。

>私の返事は長くなったので、エントリーとしてあげました。

正確には

私の返事は長くなったので、エントリーにしました。
けいけん
2013年05月31日 12:39
「網膜動脈分枝閉塞症のこと」について
27日夜発症
手遅れでした。
現在右の視力はあるものの影が上半分と右下の一部あります。
前向きな気分になれず、滅入っています。
入院治療ってどんなことするのでしょう?
私は入院していません。
視野は回復するのかな?今あきらめが半分以上です。
XL
2013年07月10日 17:06
けいけん様
気づくのが遅くなり申し訳ありません。
私の右目と同じような感じでしょうか。
入院中の治療としては、私の場合、記事の通り、ウロキナーゼ点滴を朝に3~4時間くらいかけて行い、その後は、ただ寝てるだけです。別に何も制限はされませんでしたが、暇つぶしが大変でした。
なお、私の視野に関しても、回復はしていません。これ以上ひどくならないようにという対応のみですね。
けいけん様も大変だと思います。
今後できるであろう治療としては、例のIPS細胞でしょうか?まあ、実用化までは大分時間はかかると思いますが、希望はあります。
どんな生き方をしても、一生は一生。ならば、楽しまなけりゃ損じゃないですか?
てらぽん
2019年03月21日 23:05
「網膜動脈閉塞症」になりました。とても勉強になります。ありがとうございます。自分も治療中で「目の網膜動脈閉塞症ブログ」terapon-jpを書きはじめました。
https://ameblo.jp/terapon-jp
terapon-japan.blogspot.com
twitterは、@terapon_jpです。
よろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック