徳之島からの反旗 この手があったか!

 また、さぼり。どもならんな・・・。これではどこぞの総理を笑えんな。とはいえ、久々に民主ネタです。まあ、

いつものことっちゃ、いつものこと

なので、ニュース性があるかといわれると、ちょっと疑問だけど。

読売:わずか10分、一方的に電話切る…怒る伊仙町長
 会いたいという要望は、即座に拒絶された。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、政府が20日、有力候補地の鹿児島県・徳之島の3町長に初めてかけた公式の電話連絡。平野官房長官との面会要請は、「長官は徳之島の『ト』と言ったこともないと言っていた」「不誠実な方」と切り捨てられた。全島民の約6割が参加した反対集会の勢いを背に、政府への激しい不信感があらわになった。

 島内の徳之島、伊仙、天城の3町役場には20日午後、官僚トップの滝野欣弥・官房副長官から次々と電話が入った。訪ねていた伊仙町長室の電話が鳴ったのは午後1時45分ごろ。大久保明町長は記者の目の前で受話器を取ると、「即座に回答します。18日の決起大会(反対集会)は大変な島民の熱意でした。足の悪い人も子供もみんな集まって基地は断固反対。決定的な民意ですよ」とまくしたてた。

 町長は戦後、米軍占領下で本土復帰を目指して闘った島の歴史も引き合いに出した。「島民の反骨精神は、普通じゃありません。滝野さまがどうお考えか分かりませんけど、協議する余地はまったくない」

 声のトーンが一段と上がったのは、「一つ苦情を言わせてほしい」と切り出し、伊藤祐一郎知事と3町長が3月末に上京し、平野長官と面会した様子を語り出した時だった。「私たちがせっかく行ったのに、『徳之島のト、と言ったこともない』と。そんな不誠実な方に、私は会う気は全くありません。あの時に地元の考えを述べましたけれど、まったく反応がなかったわけですから」と怒りをぶつけた。

 副長官はそれでも、「会うだけでも」と繰り返し、「地元が厳しい状況は分かっている」と食い下がった。だが、町長は「難しいとお思いだったら、なぜ会う必要があるんですか。直接話を聞けば、それで『決着だ』とされてしまう」とにべもない。副長官はさらに、島民がどれほど集会に参加したかを確認したいと求めたが、さらなる怒りを招き、町長は「ビデオで見て、数えて下さい」と拒否した。

 そして、不愉快そうに「政府の方に一町長がこのようなことを申し上げたら失礼だと思いますが、島の民意は結論が出ています。なぜ今から話をするんですか。お会いできません。よろしいですか」と一方的に電話を切った。この間、わずか10分ほどだった。

 天城町の大久幸助町長は「反対集会の前なら話す余地はあったかもしれない。今はもう会えない」と、政府の対応のまずさにあきれた様子。徳之島町の高岡秀規町長は「政府は混乱を避けようとして連絡してきたのだろう」と話した。(舟槻格致)

(2010年4月21日05時15分 読売新聞)



 まあ、内容についてはいうこと無し。ここでの肝はこの一段。

>副長官はそれでも、「会うだけでも」と繰り返し、「地元が厳しい状況は分かっている」と食い下がった。だが、町長は「難しいとお思いだったら、なぜ会う必要があるんですか。直接話を聞けば、それで『決着だ』とされてしまう」とにべもない。副長官はさらに、島民がどれほど集会に参加したかを確認したいと求めたが、さらなる怒りを招き、町長は「ビデオで見て、数えて下さい」と拒否した。

 もう民主の手口は日本全土に知れ渡ってしまったね。この町長の判断は正しい。この町長判断の基となる事例はいくらでもあるが、近々の物ではこれ。


朝日:普天間「決着」とは 首相「互いに方向認められる状況」
2010年4月15日12時12分

 鳩山由紀夫首相は15日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について、5月末までに米政府や移設先の関係自治体との合意を得るとの考えを改めて示した。一方で、この時点での「決着」は「その方向が互いに認められる状況を指す」とも述べ、米国や地元との合意は必ずしも厳密なものでなくてもよい、との含みも残した。

 首相公邸前で記者団から「5月末の決着とは、米国と地元の合意を得た唯一の案が発表されることか」と問われ、「はい、決着は決着ですから、その通りだ」と明言した。首相は続けて「これでいこうと、その方向がお互いに認められる状況を指す。その状況をなんとしてもつくりたい」と語った。

 平野博文官房長官はその後の記者会見で、「地元が話し合いのテーブルにつけば決着と考えるのか」との質問に、「そういう立場に立っていただければ、ある意味で(地元の)理解をいただいていると思う」と答えた。

 これについては政府高官も14日夜、「これでいきましょうと決めて、地元が聞く耳を持ちましょう、これで詰めていこうと一定の方向性が出せればいい」との見方を示している。



 これむちゃくちゃだろ。話し合いのテーブルに着いたら、合意と見なす?

政府公認の ワンクリック何とか ですな

さすが、マ○○○○に精通する議員を抱える民主党だけのことはある。まあ、前回の衆院選が似たような物だったし、この手口は民主のスタンダードなのだろう。ついでにいえば、「民主の意向に逆らう地域には予算を割きません」というおまけ付きだしな。民主の手法を見てて、とあるドラマを思い出した。

ライアーゲーム

です。思い出したので、昨夜見ました。この民主のやり方はまさに、ライアーゲームの登場人物「ヨコヤノリヒコ」「葛城リョウ」のやり方そのものだな。支配力の強化を主眼に置いているが故に、周囲に反発も出る。ましてその支配方法が恐怖による物だとすれば、素直に従う奴らもいないと思うわ。今、しっぽを振ってる奴らもいずれは裏切る。それがライアーゲームであり、だまされる奴が悪いというのが、あのドラマだったと思う。

 このような状況の中で、民主党の関係者に会おうという酔狂な人はいないだろう。なんつったって、会うだけで契約成立と言い出しかねないからな。これでは地元合意など取り付けられるはずもない。そりゃそうだ。交渉にすらならないのだから。この門戸を閉ざしているのはもちろん、徳之島ではあるのだが、その原因を作ってるのが他ならぬ民主党だからな。その場その場で耳障りのいい言葉で取り繕ってるから、帳尻が合わなくなる。当たり前だ。

もっとも、こんな事は衆院選前からわかってたけど

とりあえず、民主党は「嘘をつく」のをやめよ。貴奴らは今までの言動を嘘だとは思ってないだろうが、常識人ならば普通に「嘘つき」という認識だと思う。マスゴミの援護もさすがに手薄になってる。強いていうなら、目先を普天間からそらそうとする位のもんか。たとえば、事業仕訳とかね。

報道が事業仕訳に特化した報道機関を注視しましょう

○日とか○日とか○日とか

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ライアーゲームを見てきました

    Excerpt: ライアーゲームの映画を見てきました。中二の長女は友達と見に行ったので、その下の二人(小六の長男と小4の次女)にせがまれて、行くことになってしまいました。「どうせDVD出るのになー」と思い、あまり気が進.. Weblog: 中年サラリーマンお父さんの日記 racked: 2010-05-08 21:18