赤松口蹄疫 最悪の決断。早期出荷・・・馬鹿松農林相

 もうこいつら、自分が何言ってるか分からないだろ。

時事:10キロ圏内、殺処分=20キロ以内は早期出荷促す-政府、口蹄疫対策本部で決定へ

 宮崎県で口蹄(こうてい)疫の被害が拡大している問題で、政府は19日、発生地から半径10キロ圏内の家畜にワクチンを投与した上で殺処分する方針を固めた。10~20キロ圏内の家畜については早期出荷を促す。消毒などによる現行の対策では感染拡大を防ぐのが難しいと判断した。鳩山由紀夫首相を本部長とする「口蹄疫対策本部」を同日午後、官邸で開き、正式決定する見通し。
 農林水産省は19日午前、省内の対策本部を開催した。赤松広隆農水相は席上、「首相主導の下、総合的な、大胆に踏み込んだ対策を出したい」と述べた。
 殺処分の対象となるのは、同県で感染が拡大し続けている川南町を中心としたエリアになる見込み。関係者によると、この地域には牛が約5万頭、豚が約15万頭いる。10~20キロの家畜については買い上げが検討されたが、費用面から慎重論が出たもよう。早期出荷を促すこととなった。
 ワクチンの使用は口蹄疫の防疫指針で認められているが、これまで国内で使われた例はない。感染そのものを完全に防ぐことはできないものの、ウイルスの拡散を抑えられる効果がある。ワクチンを投与された家畜は順次殺処分される。(2010/05/19-13:37)



 最悪の判断と言っていいだろう。今朝書いた通り、やはりこいつらは戦力(金)を出し惜しみする。その損害たるや、出し惜しんだ金額以上の物になるのは確実。

 いったい何のための殺処分なんだか・・・・・。

これでは、殺されていく牛・豚が浮かばれんな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック