参院選終了 民主惨敗  まあ、良かったな

選挙終わりましたね。
結果は知っての通り、民主党の惨敗。
こんな事は選挙前から分かっていたとも言えるが、
思いの外、民主ががんばったようにも思える。気分としては40を割ってほしかったけどね。

マスコミ各社によれば、敗因は消費税だそうだ。消費増税を掲げる自民が勝っている以上、これはあり得ないんだけどね。まあ、一言で言えば、

うそつきだから

につきるだろう。

 大阪は毎度毎度、「お笑い票」なる物が存在すると言われ、芸能人が当選しやすいと言われてきていた。しかしながら、今回、岡部と桂きん枝が落選。従来のパターンを崩した結果となった。逆に大勝したのがレンホウ。お笑い票(芸能票?)は東京に移ったようだな。

 さて、この2人にについて考えてみる。
 まず岡部。消費税反対等、現段階での民主党方針に逆らう形での選挙戦となった。普通ならば、「当選し民主党内の獅子身中の虫になろうとしているのか?」なんて事を考えてもいいんだけど、いかんせんマスコミ関係者だ。翼賛報道の中心にいる。こう言う奴の言うことが信じられるはずもない。仮に当選したらしたで、民主執行部のロボットが1体増えるだけだ。府民の判断は賢明だろう。

 さて、桂きん枝。この人なんででたのかよくわからん。キャッチコピーもどこかで聞いた話だし。昨年の衆院選なら当選したかもしれんが、今はダメだろう。落語家なんだから、もうちょっと世情の変化をかぎ取らないと・・・。

を読むのがへたなのかね?センス(扇子)が無いのかな?

お粗末。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック