内閣に広まる感染 集団痴呆か?○肉の食い過ぎかね?

 こいつらの頭を図解で誰か説明してください。

産経:首相の「支持率1%でも辞めない」発言に、「第三者が…」と否定の答弁書 
2010.12.14 11:19
 政府は14日、菅直人首相が「支持率が1%になっても辞めない」と発言したとの報道について、「(首相)本人に確認したところ、発言は本人の言葉ではなく、第三者が激励の気持ちを込めて本人に述べたものだ」と否定する答弁書を閣議決定した。公明党の加藤修一参院議員の質問主意書に答えた。

 首相が11月27日の鳩山由紀夫前首相との会談で発言したと報じられたが、鳩山氏は翌28日の講演で「首相が言ったのではない。友達から『1%になっても辞めるな』と激励されたという話を首相から聞いた」と説明していた。


 自分が何言ったかを、「閣議決定」?

正真正銘、痴呆か?

 まあ、似たようなもんか。しらふでこうだもんなあ。しかし、これに先立ち、こういう発言もしていたようだ。

時事:「低支持率政権、プラスにならぬ」=首相の「1%発言」批判-民主・原口氏
 原口一博前総務相は28日、テレビ朝日の番組で、菅直人首相が前日の鳩山由紀夫前首相との懇談で「(支持率が)1%になっても辞めない」と語ったことについて、「信頼を国民から得られなければ改革は進まない」と疑問を呈した。原口氏はこの後、記者団に「支持のない政権は国民や国益にプラスにならない」と述べた。
 一方、首相は28日、自身に近い民主党議員が電話で「これは重い話になる」と発言に注意するよう助言したのに対し、「大したことはない」と語った。
 福山哲郎官房副長官は同日、首相の発言について「これから支持率を上げ、国民に信用いただけるよう頑張るという例えだと思う。数字自身に意味があるのではない」と説明した。 (2010/11/28-17:57)


 これじゃあ、ごまかせないんじゃないの?

11月の段階で「たいしたことない」と言ってたはずなのに
12月になったら、「俺言ってないってことで


じゃあなあ。いい訳を重ねることで、状況が悪化してるようにしか見えないんだけど。


いつまで続く、民主劇場。
喜劇を通り越し、しかし、悲劇でもない
舞台に、ガラスコップが降り注ぐのが、見えるようだ

そう、BBのoneシーンのように

しかし、皆に愛されるJakeもElwoodもいない。


が、結末は同じであってほしい・・・・と思う今日この頃。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック