すっから菅の退陣? 総選挙? 卑怯者にできる訳がない

 マスゴミが再び、辞職圧力のジェットストリームアタックをかけている様子。まだまだ麻生元総理に比べれば圧力なんざ無いに等しいが。何とか、マスゴミ自らに都合の良い形に持って行きたいようだ。
 しかしながら、赤の闘士(?)・菅直人は思うように動かない。じれるマスゴミ。これはこれでおもしろい。とりあえず、まずいことは決まりにくい状態にはなったし、民主党勢力の弱体化を楽しみましょうかね。


テレ朝:民主・会派離脱議員会合へ 菅総理“辞任”に結束(02/21 11:53)
 「菅降ろし」と「解散風」が交錯し、党内が緊迫化するなか、その菅降ろしの発信源となった「会派離脱」議員らの初会合が21日に行われます。

 会派離脱を表明した議員が事務所に集まってきています。菅総理大臣を総辞職に追い込むため結束を図ります。小沢グループは、「菅総理は解散できない」とたかをくくっています。さらに、「二の矢、三の矢がある」と自信を見せていて、政務三役の集団辞任などを念頭に置いています。一方、菅執行部は、22日にも小沢元代表の処分を正式決定します。数少ないカードの一つ「小沢切り」で支持率回復を狙っています。
 民主党・村越祐民議員:「例え合法であっても、国民の皆さんから見て不当な問題、国民の皆さんの理解が得られない問題がいくつかある」
 菅総理大臣:「私もその通りだと思っています。かつて、金権政治と言われたような時代のあった自民党のように、金で政策や人事が動くようなことがあってはならない」
 菅総理は周辺に「絶対に辞めない」と明言していて、菅降ろしを主導する反執行部と党内抗争は分裂含みの様相です。



 こいつら・・・・、何やってるかわからなくなってるだろう。順に見ましょうかね。

>「菅降ろし」と「解散風」が交錯し、党内が緊迫化するなか、その菅降ろしの発信源となった「会派離脱」議員らの初会合が21日に行われます。
>会派離脱を表明した議員が事務所に集まってきています。菅総理大臣を総辞職に追い込むため結束を図ります。


 まごう事なき烏合の16人衆のことですな。どうせ次の選挙じゃ、議席を失う奴ばかりだ。小沢の鉄砲玉にはちょうどいいんだろう。それに気づいているのか?いないのか?多分気づいてないだろうな。夜郎自大の鳥頭だろうから。


>小沢グループは、「菅総理は解散できない」とたかをくくっています。

 そうかなあ。そうなってほしくない16人衆の願望ではないのか?自分たちでもよくわかってるだろうに。破れかぶれになった赤の闘士がどういう行動をとるのか。


>さらに、「二の矢、三の矢がある」と自信を見せていて、政務三役の集団辞任などを念頭に置いています。

 これははったりだろうな。強いて言うなら、第2、第3の会派離脱だろうか?しかし、離党できない腰抜けぶりがすばらしい。さっさと抜けりゃいいものを。こういう口先だけの圧力なんざ意味無いだろうに。


>一方、菅執行部は、22日にも小沢元代表の処分を正式決定します。数少ないカードの一つ「小沢切り」で支持率回復を狙っています。

 すっから菅も、党員一人の処分すら満足にできない腰抜けぶり。当の小沢も、まともに説明できない・説明しない無能・卑怯な奴でしかない。鳩の鳥頭はもう治らんだろうし。よくもここまで、無責任な奴ばかりが党を引っ張ってこれたな?いや、そういう奴だから、民主の頭目にふさわしいのか。


>民主党・村越祐民議員:「例え合法であっても、国民の皆さんから見て不当な問題、国民の皆さんの理解が得られない問題がいくつかある」

 そうだね。

民主党がそこにある

ということが、既に不当な問題・理解を得られない問題の一つだと思うな。


>菅総理大臣:「私もその通りだと思っています。かつて、金権政治と言われたような時代のあった自民党のように、金で政策や人事が動くようなことがあってはならない」

 嘘をつけ、嘘を。金で動いているだろう。でなきゃ、胆沢ダムが中止にならず、八ッ場ダムが中止になる理由がわからん。また、いつまでたっても小沢を切れないのもそれがあるからだろうに。


>菅総理は周辺に「絶対に辞めない」と明言していて、菅降ろしを主導する反執行部と党内抗争は分裂含みの様相です。

 ま、そうでしょうな。鳩山・小沢に劣らぬ卑怯未練な男であろう事は、十分理解している。民主党内部のいかなる突き上げがあろうとも、奴はやめまい。民主党を大事に思う人がこの3人(鳩・小・菅)の中に一人でもいれば、既にそいつは辞職、離党しているだろう。未だにそう言うのがいないということが、この政党の性質、正確を端的に示している。

 かつて、麻生閣下もこのマスゴミのバッシングにあった。その時確かに麻生総理は辞めなかった。しかし、すっから菅とは、内容が違いすぎる。
 バッシングの勢いは今の比ではない(内容は大笑いだけど)。今でも私はあの時の麻生総理の判断は間違ってないと思う。リーマンショックで世界経済が危険な状況で選挙なんざとんでもない。中川氏とのコンビで不況脱出への足がかりをつけるべく、必死になってやった1年だったと思う。・・・・・鳩頭が1か月で反故にしたけど
 思えば、これが民主のケチの付けはじめだな。そこからずるずると、落ちていくだけ。看板替えても勢い替わらず。マニフェストが嘘八百なのもばれちゃった(小沢は固持してるようだけど。まだだませると思ってるのかもな)。自民の予算を実行してりゃあよかったねえ。同じ落ちるにしても、もうちょっとは持ったかもよ。

 私は、マスゴミがどうなろうと知ったこっちゃないので、もう既に、この状況を楽しみはじめてます。大事なことを決めるのに、与野党の協議をとは思うものの、民主党に大事なことを考える頭があるはずもなく、やることと言えば、次期選挙に向けたばらまきしかない。

こんなもん、借金してまでやることではないわ

 せいぜい、がんばってね。さて、タイムリミットは二年。民主党員にとって

時間が先か?卵が先か?

興味深い実験となりそうですな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック