計画停電? 確かにそうかもな

 さて、今日は停電のお話。東京電力管内では今、計画停電が行われてます。これは、エリアを5つのグループに分け、停電を持ち回りで受け持つことです。こうすることで供給電力を押さえ、全体が落ちることを防ごうという趣旨です。もちろん、これには住民の理解と協力が必要な訳なので、当然、皆さんが不便を承知で、協力しています。
 しかしながら、とある文書がとある場所で出ている様子。これには市議会議員の働きかけによって、停電エリアから除外されたとある。具体的には


△△の要請が実現しました。
東京電力××支社から
○月○日○時○分に
○○地域、病院等〈○○グループ〉は当面
(○/○ ○時○分実施分より)計画停電
の対象地域から除外する
との
連絡がありました。
なお、今後、電力需要によっては再度停電対象地域
になることもありますのでご注意ください。



というものらしい(△△が市議の名前ね)。まあ、こういうご時世なので、怪文書扱いでもいいのかもしれませんが、この文書について当の議員自体が、弁明している様子。


小さい○○でも○グループに分かれています。今回はずれた○グループは○地域など一部です。病院、警察署、市役所、研究所がある地域です。23区の渋谷や港、千代田、中央…ほとんどが除外ですよ。ちなみに私の自宅は除外地区ではありません。

○党議員の要請で計画停電地域が対象外に!” ○市内この地域だけは頼むよ、のような地益誘導ものではありません。病院、指揮命令等行政地域、商業地域などの密集エリアについては停電が二転三転していてはいけないということです。


ツイッターってのは、本当に役に立つね。

馬鹿発見器

として。この書き方で、文書を発行したことを認めてる。本気で馬鹿だ。

 仮に文書の通りだとしたら、地元への利益誘導と取られて仕方ない。△△の要請が~と書いている以上はね。逆にこの議員の要請とは関係なく、東電の判断で行っているのなら、それを自分の手柄として利用したことになる。
 今回の計画停電に関しては、全員で不便を共有することに意義があるのに、こういう「議員の働きかけ」によって、除外されるなんて事が許されるはずもない。もちろん、この決定自体は、東電等で妥当だと判断されたんだろう。病院等の事情を考えるなら合理性もあるとは思う。だからこそ、議員は自分の手柄にしちゃいけないんだ。
 ま、こういう文書を発行してしまった以上、もう元には戻せない。

覆水盆に返らず

だな。なお、この市はこの4月に改選があるようですな。この文書が市中に出回ってしまったのなら、この対象地域外の反発は避けられんだろうし、対象地域内であっても不公平感を持つ人もいるだろう。今回の選挙はトップ当選という訳にはいかないかもね。
 今回いろんな情報がツイッターで流れた。その中で、大馬鹿野郎が多数発見できたことは、思わぬ副産物でしたね。今回のことで、お馬鹿がツイッターを使うに当たっての注意事項がわかった。

ツイートしないこと

こうすることで、馬鹿はばれないよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック