大地震 お見舞い申し上げます

 地震で大変なことになってます。お見舞い申し上げます。
 さて、政府に関してはいろいろ言いたいこともありますが、とりあえず、今はやることやってもらおう。どんなに無能であろうとも、こいつらにやってもらわにゃならん。

とりあえず今日は、枝野会見で気になるところを文字おこし。分析はまた今度。なお、聞き取りにくいところもあったのでご勘弁を。


平成23年3月12日(土)午前2-内閣官房長官記者会見

司会(?)
 え~、お願いします。

枝野
 はい。大変遅い時間にお集まりをいただきまして、大変恐縮でございますが、え~、そろそろ現地では警察消防自衛隊をはじめとして、関係者の皆さん、あ~、夜を徹して、え~、救援活動に当たっております。また、こちらの、対策本部の方でも松本防災担当大臣を先頭に全体の情報の集約と整理に当たっているところでございます。そうした中で私から3点ご報告させていただきます。
 まず1点は、当事者である東京電力および経済産業大臣からも発表いたしておりますが、え~、福島第1原子力発電所について、え~、原子炉格納容器の圧力が高まっている「おそれ」があることから、原子炉格納容器の健全性を確保するため、内部の圧力を放出する措置を講ずる必要があるとの判断に立ったとの報告を東京電力より受けました。え~、経済産業大臣ともご相談いたしましたが、安全、安全を確保する上でやむを得ない措置であると考えるものであります。え~、この作業に伴い、原子炉格納容器内の放射能物質が大気に放出される可能性がありますが、事前の評価ではその量は微量と見られており、海側に吹いている風向きも考慮すると現在とられている発電所から3km以内の非難、10km以内での屋内待機の措置により、住民の皆様の安全は十分に確保されており、落ち着いて対処いただきたいと思います。
 既に21時23分に菅総理の出した避難指示に沿って、半径3kmの地区の避難は官僚をいたしました。この避難指示の内容に変更はありません。この避難指示の内容に変更はありません。従って、現地の住民の方々は、あ~、自衛隊、警察自治体などの指示に冷静に従っていただきたいと思います。え~、モニタリングカーの測定によると、現時点で放射性物質の施設外への漏洩は確認をされておりません。先ほどの、お~、措置のとられた後もしっかりと放射性物質の測定を定期的に行い、その情報については、あ~、ほぼ、直ちにと言っていいようなタイミングで警察署、および官邸に届けていただく様指示をいたしております。
 なお、現地は24時丁度前後に池田経済産業副大臣が、現地に到着いたしております。現在、支援体制を池田副大臣の下、全力で整えております。不確実な情報に惑わされることなく、確実な情報に従って、行動するようお願いいたします。
 え~、二つ目に、え~、今回の災害の状況、実態をいち早く把握をするため、ま、特にただいまの原子力発電所の実態について、しっかりと把握することも含めて、明日の朝、総理自ら、あ~、現地を訪れることと・・(振り返り、確認)失礼いたしました、日付替っておりますので、本日の早朝、え~、日が上がりましたら、総理自らヘリコプターにて現地を訪ねるということで、今、最終的な調整をいたしております。
 え~、6時に官邸のヘリポートを出まして、福島のただいまの原子力発電所、ここは現地に降りれるという方向でございます。そして、さらに、上空から海岸部の被災状況を直接把握をした上で、10時50分に官邸に戻る。こういう予定で、朝一番、総理自ら、え~、ヘリコプターによって、え~、被災状況を直接把握をすると言う行動をとるという最終調整をしております。確定し詳細が決まりましたら、張り出し等という形でお伝えをすることになるかと思います。
 え~、3つ目でございます。え~、夜間も救難活動は全力で行っておりますが、あ~、本日の夜が明けまして、救難状況そして被災状況の整理をした上で明朝は朝8時30分に、総理は現地の視察をしていただいておりますが、え~、災害、緊急災害本部ならびに原子力災害対策本部を明日の朝8時半、え~、招集をいたしました。え~、私からは以上であります。


記者
 共同通信の○○(聞き取れない)といいますが、え~、総理が、その~、原発を視察される時っていうのは、常に、もう、その原発での大気(待機?待避?聞き取れない)への作業ってのはやってるん・・・


枝野
 はい。


記者
 その大気への作業ってのは何時頃・・・(語尾不明瞭、ちゃんとしゃべれ記者)


枝野
 え~、これは東京電力が、技術的な点含めて、え~、最終的な調整をする話ではありますが、あ~、これを行う前に、しっかりと国民の皆さんにあらかじめご報告しなければならないということを東京電力の方に要請というよりも指示をいたしまして、え、それでこの時間に経済産業省および官邸でご報告(?不明瞭)しましたので、そんなに遠くない時間になると思っております。


記者
 毎日新聞の小山です。総理の上空からの視察というのは、福島より以北には行かれるのでしょうか。


枝野
 あの~、今、ぎりぎりの日程の組をやっているところでおりますが、あの、できるだけ北の方まであがりたいと、仙台沖位までは行けるのではないだろうかという状況ですが、正確にはまだ、あ~、確定はしておりません。


記者
 それからもう一点。あの~、原発の話なんですけども、その大気放出しなくちゃいけなくなったっていうのは、バッテリーが間に合わなかったということなのか、間に合わなかったとしたら、その原因はどうしてなんでしょうか。


枝野
 あの~、お~、詳細は技術的なこともございますので、経済産業省において、東京電力ならびに原子力安全保安院とともに、報告をさせていただいている所でございます。


記者
 テレビ朝日の小林ですが、その風向きによって海側に行けば問題ないということなんですが、仮に風向きが変わって住民がいる方に行った場合に健康への被害というのはどの程度のものなんでしょうか。


枝野
 あの~、現時点では、当面、西または北西の風、え~、で、かなり安定した状況であろう、ということは気象庁からも報告をうけてます。


記者
 あ、その場合、風向きが住民の方に行った場合の健康被害というのは・・・


枝野
 あの~、基本的には、あ~、そもそも、放射性物質の量が微量と見られる、と言うことがその評価の基本であります。それに加えて、風向きということもあるということが、ま、そう言った意味ではプラス面のもう一つの要素であると言うことでございます。総理自ら、あ~、発電所そのもののすぐそばまで明日、視察に行くと言う調整をしていると言う状況で、その点についてはご認識いただけるのではないかと思っております。


記者
 読売新聞の□□です。総理が、その、福島原発に到着する時間帯はいつごろ・・・


枝野
 えと~、1時間半強位かかるのではないか、1時間半にプラスαくらいかかるのではないか、と思っておりますが、まさに今、フライト計画等詳細を詰めている状況でございます。


記者
 現地ではどのような視察をされるのでしょうか。


枝野
 あの~、まさにあの~、総理は、あ~、こうした技術も含めて専門的な素養もお持ちでございます。この間も具体的にいろんな報告を受けながらやっております。あの~、現地では、あ~、どの状況その他ですね、具体的な説明を現地の当事者、専門家から受けるものと思っております。


記者
 ○○の××です(聞き取れず)。多くの国民はこの会見、明日の朝見ると思うんですけど、2日目を迎えた国民に対するメッセージをお願いします。


枝野
 はい。あの~、ほんとに、え~、明治以来、以降では、あ~、災害の規模の、お~、日本を襲った地震ということであります。大きな被害が出て残念ながら多くの方々が、亡くなられているという状況であります。亡くなられた方のご冥福をお祈りし、被災された方にお見舞い申し上げるとともに、え~、政府のもてる力、総力を既に発揮して救済救援活動に、既に取り組んでおります。え~、大変厳しい状況の中で2日目の朝を迎えられてる方が多々おられると思いますが、あ~、全力を挙げて、政府として、救援に取り組んでおりますので、是非、冷静な対応のもとで、自らの安全を確保する努力、そして、地域の皆さん、ご近所の皆さん、ご家族の皆さんとの連携、協力の助け合いの中で、え~、こうした状況を乗り切るご努力をお願い申し上げるとともに、重ねて、政府としては持ちうる能力の最大限の力を発揮する、そういった状況で常に対応をいたしております。


記者
 原発の話に戻るんですが、先ほど1時40分に出された発表○○で、予測の時間が書かれておりまして、27時20分に原子炉格納容器設計最高圧に到達、原子炉格納容器ベントにより放射性物質が放出されるという・・、あのここには何時って書かれてないんですけど、あの、これは、えっと、3時20分発と思うんですが、え~、ま、この辺の説明をちょっと・・・


枝野
 あの、それは、多分、原子力保安院が可能性をお示しをした物だろうと思っておりますが、あの~、そうした可能性の前提も含めて、え~、実際にこの、ベントを開けるという段階よりも前に、ちゃんときちっと説明を申し上げなければならないということで、え~、3時で、え~、経産省と私の方とで発表をするということでございますので、あの、具体的に詳細な時間は、まさに現場の作業の手順、段取り等によりますので、若干のずれがあり得るかと思いますが、そう遠くない時間に、あの~、圧力を下げる措置に着手する物と思っております。


記者
 ということは、結局、現時点では、下げるべく進んでいるということではないと・・・


枝野
 あの~、少なくとも発表してからにしてくれということは、要請というよりはかなり指示に近い形で東京電力の方には申し伝えております。あの、まあ、経産省、そして私の方でも発表いたしましたので、作業の手順に必要ならば入っていてもおかしくはないと思います。


記者
 テレビ朝日の小林ですが、その原発の件なんですが、現在復旧に向けた作業状況、たとえば電源車が何台到着したとか、あの、さっ、復旧するんであれば目途があるんであればその目途を。


枝野
 あの~、電源車はそうした電源を使う事でですね、対応するための一部は作業に入っているという報告は受けております。詳細は、あの、経済産業省保安院の方におたずねいただければと思います。


記者
 長官。産経新聞の杉本と申します。えと、あの、原発に行くということなんですけども、これはそもそも総理の発案なのか、それともどういった経緯で・・・


枝野
 あの~、総理ご自身も、ま、あの、まさに安全確保のための、お~、やむを得ない措置であるということの中ではありますが、あ~、まさに、あの~、自ら、あ~、その安全性含めてですね、しっかりと把握をしなければならない。それから、現地の状況もいろいろな状況が入って当然きております。え~、ヘリコプター、自衛隊や警察消防等の状況も入ってきておりますが、是非、直接把握をした上で、対応の陣頭指揮しなければならないという強い思いが、総理の方にはあるということであります。


記者
 あの~、現地ではですね、あの~、東電の職員含め警察とか消防等ですね、あの~、緊迫した状況にあると思うんですが、総理が行くことによって、そうした対応に支障を来すっていう懸念というのは・・・


枝野
 従って、福島の原発以外の所は上空からの視察という計画を立てております。


記者
 福島の原発は総理が行っても、ま、いろんな人員が割かれると思うんですけど、それは特に問題は無いんでしょうか。


枝野
 あの~、基本的には、ま、これは具体的な警護の関係にもなってしまうんで、あまり詳細に話すべきではありませんが、あの、基本的には、現地の受け入れ、基本的に、お会いになる、なれるのは、あの、現に原子力発電所の保安をしている担当の方しかいないところでありますので、警備にしても対応にしても、逆に言うとそういう所なので、あの~、きちっと状況の把握のために必要な対応だけで足りるということで、あの~、実際に、経産大臣、保安院、東京電力などと、あの、ご相談をして、ご迷惑、逆にこのことで、そのこと、行くことでご迷惑が無いと判断をいたしました。


記者
 ・・・。まず1点だけ。今回の総理の視察でですね、視察に割かれる時間が約4時間ということですが、その間その、また余震、大規模な余震が来た場合の対応について、総理が不在ということに対するリスクをどのように考えているのかというのが、まず1点と、もう1点は、あの~、原発・・まず、その点から


枝野
 あの~、当然のことながら、あの、私が官房長官として、明日の8時半の緊急対策本部については、私のもとで開かせていただきます。ちなみに原子力災害対策本部の方は副本部長が海江田経産大臣となりますので、海江田経産大臣が責任者ということで開きます。そうしたことで情報の収集、整理、それによる各省間の調整は、あの~、私や海江田大臣の下でしっかりと行います。え、また、もちろん、あの~、様々なリスクがある訳でありますが、今のこの甚大な被害の状況という事が把握、わかっている状況で、その甚大な被害の状況そのものをですね、できるだけ直接認識をして、特に海岸部の情報が必ずしも、メディアの皆さんもそうだと思いますが、十分に把握できない状況の中にありますので、総理自らそうした状況をできるだけ早く直接に把握することで、その後の対応の、には大きな力になるのではないかと、こういう判断であります。


記者
 あの、福島県のですね、南相馬市、防衛省の報告なのかも・・、1800世帯が壊滅状態であると、というのは、防衛省の方からもう既に官房長官に報告があるのかということと、1800世帯が壊滅状態ということは、かなり相当な人的被害が想定されるんですが、それについて官房長官の・・・(聞き取れず、この記者、ちゃんとしゃべれ)


枝野
 あの~、具体的な報告については当該地域についても、報道より前にいただいております。え~、そうした点も含めてですね、大変大きな被害が発生をしているということの中で、少しでもえ~、今、救難救援を待ってらっしゃる皆さん、あるいは避難所等に寒い不安な夜を過ごしてらっしゃる皆さんに対して、一刻も早く最大限の支援をしてまいりたいと、いう風に思っています。


記者
 ・・・原子力・・・。(聞き取れず)


枝野
 あの、技術的なところは経済産業省の方で、保安院や東京電力含めてご説明申し上げると思います。


記者
 時事通信社の○○ですが、総理の視察はこちらからのどういった職員が同行して、何人位の・・・。


枝野
 あの~、大きな航空機、ヘリコプターは、物資の輸送、それから救援活動に使いますので、あの~、そんなに大きくない人数になるという風に思っています。


記者
 読売新聞の○○です。えっと、警察庁等発表されてるんだと思うんですが、現時点での死者、行方不明者の数を把握したり・・・。


枝野
 それは、警察庁と消防庁におたずね下さい。


記者
 中国新聞の多田です。あの~、先ほどのえと~、基本的には放射性物質は微量であるという判断ということですけど、科学的、たとえばその~、人によって放射線への感受性は違うといわれてるんですけど、それは一定程度科学的根拠に基づいてこういう措置をとる、あるいは総理が行かれるという・・・


枝野
 (後ろに確認)委員長だね。
 (記者に対し)原子力安全委員会の委員長、ま、第3者的な方にも官邸に入っていただいて、直接状況を共有していただいて、その上でご意見をいただいています。


---終了---


 ちょっと引っかかる所がある。ですが、今は言うまい。落ち着いたら、書きます。

・・・・・ところで、小沢と「出しゃばり」ポッポはどこだ?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック