亀井の真意は? スッカラ菅に読める訳ねえ

 こういう記事がある。

時事:震災復興へ「与野党の力結集」=菅首相、亀井氏と会談

 菅直人首相は2日午後、首相官邸で国民新党の亀井静香代表と会談した。東日本大震災からの復興に取り組む体制について、首相は「与野党の力を結集していくことを考えたい」と述べ、連立を含め野党の協力取り付けに全力を挙げる考えを示した。
 会談で亀井氏は、「与野党が実働部隊をつくった方がいい。(震災対策の)実施まで野党に責任を持ってもらう体制をとった方がいい」と進言。首相は「まったくその通りだ」と答えた。(2011/04/02-19:02)



 普通に読めば、どうということもない記事です。非常事態だから、与野党共闘でというのはよくあること。しかし、スッカラ菅が言うと、額面通りには受け取れねえな。おそらく、奴は亀井氏の

>(震災対策の)実施まで野党に責任を持ってもらう

ってところしか、聞いてないし、考えてないだろう。そして、そのことにたいして、

>まったくその通りだ

と、言ったんだろ。足りなそうな奴の考えそうなことだ。
 しかし、亀井氏の真意はそうではあるまい。普通に、自民に権限を与えて、それに見合う責任を取らせるという意味だろう。ただ、亀井氏がスッカラ菅のこのような言動が予想できないはずもない。簡単に言えば、スッカラ菅は

言質をとられた

と考えるのが自然。民主党に対応能力がないことを警察出身のこの人がわからないはずもない。また、以前、こういうことも言ってる。


産経:亀井氏「バカ足すバカはやっぱりバカ」 民主の閣僚3増案に苦言

2011.3.23 16:32

 国民新党の亀井静香代表は23日の記者会見で、政府・民主党が東日本大震災を受け、震災復興担当相の新設を念頭に内閣法改正による閣僚3人増を検討していることについて、「人を増やせばいいというものではない。バカ足すバカ足すバカは、やっぱりバカなんだ」と苦言を呈した。

 亀井氏は「今の大臣がバカだと言っているのではない」と付け加えながらも、菅直人首相に対し、「今は、とにかく一元的に(震災)対策を断行すべきであり、船頭が多くてはダメだ」と注文を付けた。


 このように、民主党の対応能力に疑問を持つ人が、責任取らせるためだけに内閣に入れようなんぞと考えるはずもない。

近日中に「言ってない」が聞けるかもね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック