心カテ 2回目 ステント設置成功で一安心

 さて、オリンピックも終わり、日本選手の活躍に安堵。じれったい競技もありますが、全員が全力を尽くして闘ったことは間違いないでしょう。選手の皆さん、お疲れ様。
 しかし、この間も韓国は期待を裏切りませんな。というか想像以上の大活躍。グランドの上でも、場外でもね。これについては、後日書きましょう。オリンピック以外もあったし。

 先日、入院して心カテやってまいりました。結果はというと、大成功。前回6時間もかけて、ガイドワイヤーが入らなかったにもかかわらず、今回は、終了まで3時間(長いのか短いのかは不明)。印象としては、あっという間という感じです。
 使った血管は右足と左肘の2本。前回は足2本と左手首だったから、それに比べれば、楽。出血量も少なかったようだ。(術後の血圧が普通だった。前回は80/60とか言われてびっくりしたから)
 もちろん、心カテの後の固定は非常に辛い物でしたが、それも5時間程度で終了。これも前回とは違う。開始時間のせいか?
 翌日、先生から動画を見ながら説明を受ける。比較的早い段階でガイドワイヤーは通っていて、狭窄部位をバルーンで拡張しつつ、そこにステント(35mmくらい)を設置。そうすると、そこから先へ血液がスムースに流れ出す。ステントの先も狭い部分はあるようですが、これは血流再開と共に拡張してくる可能性があるとのこと。投薬治療を続けつつ、半年後に心カテ検査との事です。

 今回のカテの最中に気になったこと。
 処置室には、ヒーリング(?)音楽が流れているんですが、大体1時間位で1観点するのかな。その曲の中に、「タイタニック」が含まれてた。まあ、音楽としては好きだけど、こう言う時と場所では聞きたくないかも知れない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

てらぽん
2019年03月21日 23:14
自分は血栓がどこから飛んできているのか未だ不明で苦慮しています。
「網膜動脈閉塞症」になりました。とても勉強になります。ありがとうございます。自分も治療中で「目の網膜動脈閉塞症ブログ」terapon-jpを書きはじめました。
https://ameblo.jp/terapon-jp
terapon-japan.blogspot.com
twitterは、@terapon_jpです。
よろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック