中学受験をふりかえる 小学校3年生

 さて、今日は3年生のこと。2年の秋に受けた入塾テストの結果を受けて、入塾を決めました。塾の日は平日2日と土曜に二コマを選べたのですが、うちの場合は、土日をあけたかったので平日です。そのころの塾は二クラス有って、一応上位クラスに入りました。平日に一コマ、2日行くわけですが、結構宿題が多い。まあ、週一ですから、来週までに済ませばいいんですが、今までこういう追い込みはされたことがないので戸惑っている様子でした。それでも、授業そのものは楽しいそうです。
 この塾は月に一度テストがあり、成績がでます。成績いかんによってはクラス変更があります。なので試験勉強をするのですが、具体的に何していいかわからない。以前やった問題やっても結構覚えているので、あまり意味がない。というわけで、テキストのやってない部分をさせました。塾の授業・宿題では、テキストは半分しか使いません。上位クラスは難しい方の問題ばかりをさせられます。易しい方の問題は手をつけません。そこで、試験前には必ずそこをさせるようにしました。易しい問題とはいえ、やったことない問題なのでそれなりに真剣です。時間はかかりませんが。
 そのテストの結果を受けて、はじめての懇談がありました。通常は嫁さんが行くのですが、このときは都合が悪く、私が行きました。そこでの話は、普段の生活、入塾テスト以来の塾での様子やこないだのテストの結果などです。まあ、成績に関しては問題ないようで、中学受験に対する考え方などを聞かれました。とはいえ、私にはそれほど大した知識もなかったので、「いいところにいけたらいいなあ」的な事しか言えません。
 先生もそういう親がいることをわかっているのか、具体的な志望校のことなども聞いてきます。そこで私は

「智弁和歌山くらいに行けたらいいなあ」

みたいなことを話したと思います。これは嫁さんとも話をしていたので、まあ、その辺に行けたらいいだろう位の気持ちです。その時の先生の表情が忘れられません。

「何言ってるんですか。おとうさん。」

本当にこう言われました。「この子は入塾テストで和差算の概念を使ってるんですよ。」と。
 そんなこといわれても、私は中学のレベルなんぞわからないし。それより、「和差算」ってなんだ?という疑問もあったのですが、とりあえず、おいておきます。
 先生からの指導としては塾での生活は今のままでよいとのこと。

「勉強に関しては塾に任して下さい。両親が教えることなど出来なくなりますから。」

このときはこの言葉の意味がよくわからなかった。つい先日、小学校の算数の本を買ってきて勉強を始めたばかりだ。それを参考に教えていけばいいかなと思っていた。しかし、この言葉はやがて現実の物となる。それについてはいずれ書きます。

 まあ、今のうちはまだついていけるので、わからない所を一緒に考えてやってました。そうやって、一年間、毎月のテストを受けながら、成績はほどほどの所を維持します。クラスの移動もなく、楽しくやってました。

 この頃の習い事は、「公文」「スイミング」「チャレンジ」でした。しかし、チャレンジがだんだんつまらなくなってきているようで、毎月来てもあっという間に読み終えて、テストも終えて、投げてしまうようになってた。塾の進度が速くて、チャレンジでは物足りなくなってきてたのだろう。その分、「公文」の英語を増やした。幼稚園の頃、英会話教室に行ってたので、多少の素養はあったとは思う。本人もやりたがったので、やらせてみました。これもさほど苦痛なく続けていたと思います。「公文」の算数に関しては、この頃、数学にかわったと思う。小学校教程が終わり、中学ですね。代数の登場です。これもおもしろがってました。ただ、国語に関しては、長文が多くなってきたので、面倒くさくだんだん嫌になっている様子。それでもがんばってましたね。

 睡眠時間はやはり以前と同じ、9時に寝て7時に起きるという生活です。睡眠時間はしっかり取らせるようにしてました。

 次回は4年生。この辺から、本気モードでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック