中学受験をふりかえる 小学校4年生

 さて、小4です。ここから、理科・社会が入ってきました。うちの場合、理科が好きだったので理科を選択。社会はよくわからなかったので、先生に相談する。すると、この算数・理科なら社会を取るよりも国語の強化をした方がいいとのこと。ならばということで、算数・国語・理科の3科を受講することになりました。この辺は関西のいい所かもしれませんね。関東なら問答無用に4科でしょう。
 塾の日数も3日に増え、宿題の量も相当増えました。また、難易度も上がってる。それ故、帰ってきてからの復習の時間が長くなりました。睡眠時間が削られるのは避けたいので、時間をうまく使わなければならない。いそがしくなってきます。
 こんな中、夏くらいには子供の中でも変化が出てきました。七夕の短冊にとある中学校入学の願がかけられます。まあ、とんでもない所を志望してくれて、親としては

「まあ、希望が高いのはいいこと。それに見合った努力をしなきゃな。」

という事を考え、それと同時に

「なんちゅうこと考えてる?まあ、そのうち現実に目覚めるだろう

こんな事も考えます。

 しかし、勉強量が増えるに従って、他の習い事が大変になってきます。
 まず、子供チャレンジですが、ほとんど見なくなってたのと、やったらあっという間に終わってしまうこともあって、4年を最後にしました。
 また、公文に関しては徐々に時間を取れなくなってきたので、これも4年(4年生の1月)で一時中断しました。もう、手が回らなくなってましたから。
 スイミングに関しては週1回ということもあり、それほど負担にもならないだろうということで継続です。運動不足を解消する意味合いもあります。

 塾での成績はまあ、上位に含まれており、それなりの成果が出ているようです。特に理科がいいですね。元々好きだったのもあるでしょうし、かつて2年間購入していた朝日出版の「かがくる」の効果もあるのかもしれない。毎週購入もめんどくさかったけど、やっててよかったのかな。

 この頃の睡眠時間は10時に寝て7時に起きるという生活でした。時々日付をまたぐこともありましたね。それ故、他の習い事を切っていきました。

次は5年生。いよいよ受験準備です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック