鹿児島県伊佐市の奨励金 どこが悪いってんだ?

うちが受験で突っ走ってたとき、こんな事があったんだ。まあ、いいんじゃないかな。


週刊朝日:東大合格に100万円 あの高校はどうなった?

(更新 2015/6/15 07:00)

「東大など難関大に合格したら100万円、その他国公立大などは30万円」

 昨年11月、こんな奨励金による受験生支援策を発表した鹿児島県伊佐市の県立大口高校。少子化による志願者減に悩む自治体の苦肉の策は、思わぬ波紋を生んだ。

「お金で合格をつるのか」
「世紀の愚策」

 激しい批判の声も上がった。論争には“尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹氏も参戦。2~3月に「Yahoo!ニュース」が実施した、是非を問う投票には10万票が集まった。

 今年の入試も終わり、制度の恩恵を受けた生徒はいたのだろうか。

「100万円がもらえる九州大を2人受験しましたが、残念ながら不合格。しかし、最終的には、鹿児島大など30万円の国公立大に計18人が合格しました」

 と、同校の玉利博文教頭は話す。

「昨年の国公立大合格者は4人でしたから、確実に進学実績増につながったと思います」
「母からは『助かる~』って感謝されました!」

 弾んだ声でこう話すのは、下関市立大経済学部に合格、30万円を手にした久木留雅人さんだ。

「奨励金は学費に充てます」とにっこり。

 推薦入試で鹿児島大医学部保健学科に入学した間宮希さんは、

「幸運なことでした」

 と喜ぶ。12月上旬に合格が決まったときは、推薦合格が対象になるかわからなかったからだ。その後もらった30万円は前期授業料に。

「直前に支援策が決まった私たちより、後輩たちには入試まで時間があります。奨励金をモチベーションに頑張ってほしいです」

 支援策は、減り続ける同校の志願者数の歯止めにと期待された。結果はどうか。

「市外からも成績優秀な生徒が志望変更して入学しました」(玉利教頭)

 県教委の調査によると、昨年6月時点で同校への進学希望者は56人だったが、今春の入学者は66人。目標とした3クラスを編成できる81人には届かなかったが、支援策が奏功したとみられている。

 伊佐市の隈元新市長も、

「(支援策が浸透する)2~3年後には東大合格も期待できます」

 と胸を張る。

 全国的な侃々諤々(かんかんがくがく)の議論を巻き起こした奨励金支援策。論争をよそに、志願者増に向けて地元はさらなるPR活動に力を入れるのだった。

※週刊朝日  2015年6月19日号



 おもしろい取り組みだと思う。文句を言ってる奴がおかしい。これはただの自治体による奨学制度だ。教育で飯食ってるから知らない訳のないと思うが、尾木氏は何を考えて反対してんだろう?

 大学でも高校でもいろんな奨学制度がある。それぞれ自治体によるものもあるし、企業によるものもある。もちろん、日本育英会によるものもある。その奨学制度に伊佐市が参加したに過ぎない。
 その奨学金を受け取る資格ってのが、伊佐市の定める大学進学な訳だ。これをけしからんといってる奴は、奨学制度を知らないと言っていいんじゃないのかな。
 大学によってさまざまな形の奨学制度がある事は承知の通り。そこには企業によるものなんかもあり、その場合、就労義務がついているものもある。アメリカなんかは、州兵に登録することを条件に出る奨学金なんてのもある。その場合、有事の際には徴集される(徴兵)わけだが、それについてはどうおもってんだろうな。
 この伊佐市の奨学金はこの高校の学生に限っているわけだから、義務を負わされてるのは高校時代だ。大学以降は自由にでき、返済の必要もない。学生にとって、こんなうれしい奨学制度はないんじゃないの?むしろ、すべての高校で実施してもいいくらいだ。

 昨今の国立大学の学費を考えるなら、こういう形での奨学制度はいいと思うな。特に、入学前から確定しているってのがいい。

伊佐市頑張れ。
大口高校生よ、期待にこたえて、結果を出せ。

教育を食い物にする訳知り顔に一撃を!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック