南青山に児童相談所は必要だね。こんな大人がいるんじゃあね

 テレビで見た。ここに書かれているよりももっといやらしさが出てる。こういう人たちがいる以上、この施設は必要だよ。この反対者がいるような地域ですもの。


青山ブランドに「児相の子つらくなる」 建設に住民反発


12/15(土) 20:11配信

朝日新聞デジタル


「港区子ども家庭総合支援センター整備に関する区民等説明会」で、住民らから「南青山である必要はないのでは」と質問が集中した。区の担当者らが質問に答えた=2018年12月15日午前10時41分、東京都港区赤坂4丁目、中山由美撮影


 周辺住民らの反対で難航している児童相談所などの複合施設「港区子ども家庭総合支援センター」(仮称)の整備について、東京都港区は14、15の両日、説明会を開いた。延べ300人余りが集まり、住民からは「なぜ南青山なのか?」など立地についての質問が集中し、紛糾した。

南青山にある児童相談所などが入る施設の建設予定地

 港区は、地域で子育てを支援するセンターの建設を計画。児童虐待などに対応する児相や、子育てや母子生活を支援する施設が入る予定だ。昨年11月、南青山5丁目の約3200平方メートルの用地を、国から約72億円で購入、来年度に工事を始め、2021年4月のオープンを目指している。

 説明会では、子どもの虹情報研修センター(横浜市)の川松亮研究部長が講演。「家族だけでなく社会が子育てに責任を持ち、地域ぐるみで支えなくてはいけない」と児相の意義を述べた。区は、三田にある子ども家庭支援センターへの相談件数が増え、昨年度は千件を超えたと報告。児相のほか子育てや母子生活を支援する複合施設の必要性を強調した。

 区の説明に対し、周辺住民からは「なぜ高い土地を買って南青山につくるのか?」「保健所がある三田ではダメなのか」「人口が増えている港南地区にすればいい」など反対意見と質問が続いた。有賀謙二・区子ども家庭支援部長は「港区は広い空き地がなく価格も高い。審査を経て適正価格で国から譲渡いただいた。コスト意識をもって運営する」と答えた。

 近くに住む女性は「3人の子を南青山の小学校に入れたくて土地を買って家を建てた。物価が高く、学校レベルも高く、習い事をする子も多い。施設の子が来ればつらい気持ちになるのではないか」「青山のブランドイメージを守って。土地の価値を下げないでほしい」といった声も出て、区側との考えの溝は埋まらなかった。(中山由美)
.
朝日新聞社



 テレビでは、もっと手ひどい内容だったな。まあ、区側の不手際はあるにせよ、反対のための反対をしている奴らなのだから、どのように体裁を整えても無駄だわ。この会合以前にいろいろ情報提要はしていたようなのに、それについては一切ふれず、「区側の説明がなってない」だからな。もちろん、区側があそこで説明しなかったというのも理由はあるんだろう。おそらく、曖昧な部分が有り、そこに難癖つけるであろう事が予測されたかもしれない。事前に情報提供があったのかもしれない(役人にしては対応がお粗末すぎる。事前情報が有り、それによる対応なら仕方ない)。

 なんか、楳図かずお先生の自宅騒動を思い出すな。反対者の言葉は選んでいるようで、実に品性下劣だった。この反対者達も同じにおいがする。実に汚らしいにおいだ。
 しかし、そんな会場にあって、反対者に対しはっきりと意思表示をした賛成者がいた。凄い人もいるもんだ。東京の人には、この反対者と同様の印象を持っていたので、ちょっと驚いた。こういう人こそ

南青山にふさわしい人

と言えるだろう。後の人はとても似合っているとは言えないね。お似合いの場所が他にあるだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

morimorikanamori6250
2019年01月13日 14:39
児童相談所の存在意義を否定し、児童相談所と関わりを持つ児童を上から目線で古馬鹿にして罵倒するような品性下劣な人が住んでいることこそ、南青山の価値を下げるのではないでしょうか。南青山在住の人たちが皆品性下劣の上から目線の人間であるとは到底思えませんので、傲慢勘違いなセレブ気取りと同類扱いされては迷惑と思う人も多いことでしょう。

この記事へのトラックバック