PCのアップデート その1 Ryzen3 2200Gだ

 さあ、久しぶりのPCいじりだ。嫁さん兼息子のPCがもうダメだ。使い勝手が悪すぎて文句たらたら。というわけで、中身を入れ替えてみます。

 現行はこんな感じ。
 C P U   :celeron E3300 2.5GHz
 motherboad:Biostar G41-M7
 メモリ    :4G(2G×2)
 OS      :Windows10 32bit
 ドライブ   :HDD 300G

 パソコン工房モデルかな。まあいろいろ終わってます。自動アップデートでwin7から勝手にこうなってました。32ビットってのが致命的。マザーは8Gまで入りますが、OSが受け付けません。64ビットに変えて、メモリの増強ってのもありますが、まあ、そこまでしても大した延命にはならないでしょうから、入れ替えます。

 変更後はこの様な感じ。
 C P U   :AMD Ryzen3 2200G 3.5GHz
 Motherboad:Asrock B450M Pro4
 メモリ    :16G(8G×2)
 OS      :Windows10 64bit
 ドライブ   :SSD 480G(CFD)

 AMDははじめて。K6とかいいCPUもありましたね。おもしろい。マザーのAsrockも初めてだ。

 いろいろ準備してます。電源は流用しようとしたら、CPU電源が4ピンしかコネクターがない。変換パーツで8ピンに変更する。ケースもそのまま流用。光学ドライブもDVDを流用。
 なんでも、OSはMS紐付けでそのまま流用できるようで。とりあえず、このPCで試してみよう。うまく行ったら、メインのPCも変更です。
 システムはそのまま移植しようと思っていたのですが、このマザーは32ビットに対応していない様子。新規インストールですね。まあ、その方が気持ちがいいか。
 あと、SSDをつけるに当たってステーがいる。これも別途購入。

 いろいろ細かい部品が後から後から出てくる。まあ、勉強していきましょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック