陽性率ね。山中先生を利用する勢力が出てきそうだな

また、どっかの誰かが妙なことで検査拡大をもくろんでいるようだ。まぐまぐニュースから(これなんだ?)一部抜粋

山中教授が警鐘。PCR検査で「東京の陽性率40%は危険領域」

 iPS細胞の発見でノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授は、自身の公式サイト「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」で、「感染者数で一喜一憂するのではなく、注目すべきは陽性者の割合」だとする投稿をした。

東京の陽性率40%という驚くべき数字

自身のホームページで、東京と大阪の陽性率の高さに警鐘を鳴らした山中教授。陽性率とは、PCR検査をした人数に対して、どれだけ陽性者が出たかを示す割合で、東京の検査数は9827人(1月15日~4月25日)に対し、陽性者数は3850人となり、陽性率約40%となっている。

しかし、現状では条件に合う人のみにPCR検査を行っているため、「体調が悪い」「咳が出る」という軽症の疑いがある人は検査をしていない。このため、条件に当てはまらない感染者が多数いる恐れもあり、山中教授も「非常に多くの陽性者を見逃している可能性が高いと推定されます」と指摘している。

また、山中教授はホームページの中で他国の陽性率にも触れていて、「アメリカは日本よりはるかに多くの検査を行っていますが陽性率は20%程度」にも関わらず、「専門家は、まだまだ陽性率が高すぎるので検査数を3倍は増やす必要があると訴えています」としている。十分に検査をしているドイツは陽性率7%、韓国は3%だとし、「東京で約40%、大阪で約20%と高い陽性率となっています。これは危険領域です」と警鐘を鳴らしている。

陽性率という新たな指標

山中教授から発せられた「感染者数のみで一喜一憂するのではなく、真の姿をとらえる必要があります」とのメッセージ。これまでのような感染者数だけではなく、陽性率という指標を示してくれたことは大きい。ネット上でも「陽性率を重視することは大切」「今後は陽性率も見るべき」など同調する声が多数聞こえてくる。


一応、山中先生のHPでも確認した。確かにそう書いている。ただ、違和感はあるな。

>感染者数のみで一喜一憂するのではなく、真の姿をとらえる必要があります

確かにその通り。しかし、先生の主張する方法は正しいのか?かえって全体を多大なるリスクの中に放り込むことになりはしないか?私には先生の意見がこう聞こえる。

この味噌汁は辛すぎるから、お湯を加えて辛さを軽減しましょう

これが全く意味の無い行為だと言うことは、説明はいらんでしょう。お湯を加えても塩分量は変わらないからね。やるなら、塩分そのものを減らさないと塩分摂取は減らない。
 また、検査に関しては擬陽性・偽陰性の問題もある(私ごときが言うのもはばかられるが)。
 メディアを中心に先生の意見を利用して、「利権」等につなげようという勢力もあるだろう(利権はまだいい方かもね)。もう少し、これに群がる魑魅魍魎に注目していきたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント