石炭灰の代替技術開発ですか。水車と同じ結果になるだろう

まあ、いつものことです。この開発開始が後100年くらいは続くんじゃないかな?


中央日報日本語版 2020.6.26

韓国セメント業界が日本産石炭灰の使用を縮小した中で、韓国産石炭灰の使用拡大に必要な技術開発を始めた。
韓国セメント協会は、セメント原料として韓国産石炭灰をリサイクルする設備確保と工程技術の開発事業を始めると25日、明らかにした。
今回の事業は、従来の工程技術と設備ではリサイクルが難しい埋立て石炭灰までセメントの原料として使える技術開発を目指している。
韓国産業通商資源部の支援を受け、三票(サムピョ)セメント、双龍(サンヨン)セメント、アセアセメントなど韓国のセメント業界と韓国セラミック技術院、韓国建設生活環境試験研究院、石灰石新素材研究所、寧越(ヨンウォル)産業振興院など関連研究機関が今回の事業に参加する。
韓国に輸入される石炭灰はほとんど日本産で、東日本大震災が発生した2011年以降にも日本産石炭灰が着実に輸入されセメント原料として活用されてきた。
昨年、韓国政府や発電会社・セメント会社が官民協議体を発足し、日本産石炭灰の輸入依存度を引き下げるために取り組んできた。

これに関しては、自前でやろうという気概はいい。ただ、この手のことが成功したためしがないんじゃなかったか。水車導入を100年以上かけて何度も開発に勤しんだが、ついに完成することはなかったと聞く。

頑張ってね~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント