中学受験 入試説明会

 この13日に予定されていた入試説明会が延期になりました。台風のせいです。まあ、これはしかたない。こっちとしてはやってもらった方が都合もよかったのですが、危なそうですしね。次回に行きましょう。
 少し前にももう一つの学校の入試説明会に行って来ました。そこで感じたことなどを描いておきます。

 入試当日の予行もかねて、電車で現地へ。だいたい1時間半くらいですね。まあ、通学としても無理とまでは言えないかな。で、駅から歩いて10分もかからずに現地に到着。説明会よりも1時間ほど早く、「早すぎたか」と考えましたが、結構人はどんどん来ている様子。早速会場へ入りました。
 会場は結構大きな講堂で、椅子が500脚くらいあったのかなあ。結構並んでいました。講堂前で説明会資料を配付され、入場です。入ったところで入学願書と入試の過去問題集(各年度別)を販売していました。願書は1部500円、過去問は1部300円でした。願書については書き直しも考え2部購入。過去問は塾の先生に手をつけるなと指導されていたので、買いませんでした。(直前の模試に使うつもりのようだ。確かに、その方が判定がしっかり出せるかも)
 中に入ると前の方に少しだけ座ってました。まあ、1時間もあるしね。しかし、そこからどんどん来るわ来るわ。30分前にはほぼ一杯になりました。
 説明会の内容については、学校長の挨拶から始まって、学校生活の説明、それから入試の説明でした。学校生活の内容としては、今まで聞いていたことが多かったのでそれほど驚くようなことはなかったのですが、目から鱗が落ちたことが一つ。中高一貫校なので、進度が速く、中学3年間で高校1年レベルまでを終わらせるということです。もちろん、これはいろんなところでも同じようなことを聞いていたので、これ自体はどうと言うこともなかったのですが、その理由に驚きました。元々理数系の強い生徒たちが多く集まる学校なので、生徒のレベルにあった授業をしていると、自ずからスピードが上がり、結果として早く終わってしまうそうです。これはびっくりでしたね。

学校側が詰め込んでるのではなく、生徒が勝手に進んでいく。

いいですねえ。こういう学校。国語等に関しても、独特な授業で有名になった学校でもあります。こういう学校に行けたらいいですね。とはいえ、行きたいからといって、行ける学校でもないですが。

受験まであと100日を切りました。ラストスパート、がんばろう。

"中学受験 入試説明会" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント