行き先のない道しるべ

アクセスカウンタ

zoom RSS 田原氏の寝言 自民が政局優先で選挙するかも?

<<   作成日時 : 2009/03/07 12:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

 田原総一朗氏です。この人もかつてはすごい人だったんだけどなあ。老いたかね?それでも、まだ、まともな方に属しているとは思う(森永なんかと比べればというレベルだが)。一部抜粋


日経BPネット:田原総一朗の政財界「ここだけの話」
小沢代表の対検察“戦闘宣言”は角栄仕込みか

前略

検察は“相当のもの”を持っている可能性
 さて、小沢さんも言うように、選挙を控えたこの大事な時期に、こういう問題(政治資金規正法違反)で強制捜査が入り、第一秘書が逮捕されるのは前例がない。
 普通、検察の捜査は、選挙日よりも遅らせる。

 例えば中尾栄一さんという代議士が逮捕されたのは選挙の5日後だった。
 だいたいは選挙をはずして、選挙後にするものだ。それをぶつけてくるというのは異例の出来事だ。
 検察側にも何か意図があったと思わずにはいられない。
 検察側は3月いっぱいでこの事件は時効になるから今やらざるを得なかったと言っている。しかし、時効になるのは半分だけで、残り半分は時効にならない。
 だから、これはどうしても今、強制捜査と逮捕をしなければならない理由にはならない。
 そういう意味では小沢さんの言っている「徹底抗戦」というのは意気込みとしてはよくわかる。

 しかも彼は、「今度の選挙が最後の自分の戦いである。人生最後の戦いである」と言って。僕にも直接そういって言っていた。
 小沢一郎さんからすると、その最後の戦いを検察に全面的に妨害されたという意識を持つのだろう。だから徹底抗戦をする彼の意図はわからなくはない。
 しかし、彼が徹底抗戦をすればするほど民主党にとっては不利になる。
 徹底抗戦をするということは、代表をやめないということだ。
 「やがて嫌疑は晴れる。だから辞任する必要も国民に謝る必要もない」と彼は言っている。
 一方では、わざわざこういう時期に検察があえて第一秘書の逮捕に踏み切ったということは、検察が相当のもの(証拠)を持っていると見たほうがよい。
 国民の多くも、こういう時期の検察のやり方はひどいという気持ちを持つだろう。国民からそういう世論が起きることを承知で検察はやったわけだから、それに対応する相当のブツを検察は持っていると見たほうがよい。


次々に出る新情報のネタ元は?
 そして検察はこれから、新聞やテレビに「いかに小沢が悪いか。秘書が悪いか」という逮捕の根拠を毎日のようにリークしていくと思う。
 現に、逮捕翌日の記事を見ると、すでに朝日新聞が「小沢代表の秘書が西松建設側と献金調整をしていた」という記事を書いている。
 これは要するに、西松側が小沢さんの政治団体に任意の献金をしたのではなくて、西松側に小沢さんの秘書が直接交渉して献金の額や分け方を話し合っていたということだ。
 読売新聞も、「年2500万という金額は小沢代表側と西松建設との間で取り決めたもの。献金総額は3億円に上る」という記事を報じている。
 小沢さんは、記者会見で「献金を受け取ったことは事実だが、それは政治資金規正法に則って、適正に処理し、公開している。何らやましいことはない」と話した。
 ところが、その翌日に2つの新聞が、西松建設側と小沢さんの秘書が、どのように、どのくらいの額を、どういう形で小沢氏の「陸山会」に入れるかということを直接交渉しているということを報じた。これは検察側のリークだ。こんな情報は検察からのリークでなければ出てくるはずがない。
 これから検察側は毎日のようにこのようなリークをし、「小沢が悪い。なんて小沢は悪いやつだ」という世論作りを懸命にやると思う。
 もしかすると、今、表に出ている金とは別の、表面に出ていない金があるのかもしれない。
 普通、裏金というのは表に出ることはないのだが、サラリーマン経営者というのは自分がポケットに入れたのではないということを示すために裏金も細かくメモしている場合がある。
 もしかすると、このメモを検察は押収して手に入れている可能性もある。
 そのくらいの根拠がなければこんな強引なやり方はしないと思う。


民主党「一致団結支持」の危うさ
 小沢さんは徹底抗戦の構えだが、さあ、この徹底抗戦で小沢さんに勝ち目はあるのか。
 田中角栄さんも徹底抗戦をして、結局は有罪判決になった。
 一番の問題は、おそらく23、24日に、検察は大久保第一秘書を起訴するだろう。
 起訴された場合、小沢さんはその代表者だから、小沢さんが知ろうと知るまいと責任が生じる、この場合、常識で考えれば代表を辞めざるをえない。
 鳩山由紀夫さんを中心とした民主党の役員執行部が、「小沢さんの言うとおり、これは検察の不当なやり方であり、小沢さんを一致団結して支持すると」言っている。
 下手をすると、もし秘書が起訴された場合、民主党の執行部は一蓮托生で総辞任ということも起きる可能性がある。
 日本の検察が起訴をすれば99パーセントの確立で有罪になるのだ。

 今のところ、検察の言っていることが100パーセント正しいかどうかもわからないわけだから、小沢さんが個人として独自に戦いを進め、徹底抗戦の構えを続けるのであればそれもよいだろう。
 しかし情けないのは民主党だ。小沢さんの徹底抗戦に、党の役員たちが一致団結して支持するということは、もし秘書が起訴されたり、あるいは裏金など表に出ていない別の問題が出てきたりすれば、一蓮托生で執行部全員が辞任しなければならないという事態になる。
 執行部はそんな危ないことをやっているという自覚があるのだろうか。
 どうも民主党というのは、例えば以前、前原誠司さんが代表のときに偽メール事件があったが、あの時も前原代表(当時)をはじめ、最後の最後にばれるまで偽のメールを守ろうとしてしまった。今度も同じことが起きていて、下手をするとみんな辞めざるを得ない事態が生じかねない。
 こうなると当然、民主党のダメージは大きいだろう。
 本当は小沢さんが代表を辞めたほうがよい。個人として徹底抗戦すればよいのだと思う。
 小沢さんの個人的な徹底抗戦は今のところはいい。しかし、それを民主党の執行部が一蓮托生で乗るというのは非常に危険なことではないかと心配だ。

自民が返り血を浴びる可能性も
 今回の事件で、自民党は「反転攻勢だ」と喜んでいるが、検察はバランスを取るのでいずれ自民党も返り血を浴びる。
 強制捜査のようなことを、自民党の誰かにやるだろう。すでに自民党議員の名前が出始めているが、その検察の対象になるのは、すでに名前が出ている人になるか出ていない人になるかはわからない。出ていない人の方が危ないという情報もある。
 検察はバランスを取る意味で自民党にも捜査の手を伸ばすだろう。ただし、どの程度の人をやるかはわからない。
 それがわからないから自民党も手放しで喜ぶわけにはいかない。
 もう一つ心配なことは、マスコミの報道がこの事件一色になってしまうことだ。
 しかし今は重要なのはこれではなく、不況をどう回復させるかだ。そのためにも予算が終わったら、「20兆円前後の補正予算が必要だ」と古賀誠さんが「サンデープロジェクト」で話していた。僕は20〜30兆の補正予算が必要だと思っている。
 こういう審議こそ懸命にやらなければならないのに、もしかすると自民党がトチ狂って、3月いっぱいで本予算が通った後、補正予算の前に解散総選挙をやりかねない。
 こうなるとまさに、政局のために国民の生活や国がどうなってもよくなってしまっている。とんでもない思い違いだ。非常に危ないと思っている。



 ずいぶんなことを書いていると思うんだけど、理解できてるのかな?反自民に凝り固まるあまり、本質を見誤ってはいないか?順に見ていきましょう。


>さて、小沢さんも言うように、選挙を控えたこの大事な時期に、こういう問題(政治資金規正法違反)で強制捜査が入り、第一秘書が逮捕されるのは前例がない。
 普通、検察の捜査は、選挙日よりも遅らせる。
>だいたいは選挙をはずして、選挙後にするものだ。それをぶつけてくるというのは異例の出来事だ。


 これ、よく言われてるんだけど、別に法律でそう決まっているわけでもあるまい。まして、衆議院議員の話だ。解散・選挙が何時来るかなんて誰にも解らない。これを実行できるのは総理だけだ。マスコミは勘違いしてないか?解散の時期をマスゴミが勝手に設定して、それに従わない政府は間違っているとでも言うのだろうか。
 参議院ならいざ知らず、衆議院は選挙期間中以外はすべて選挙後とも言えるし、選挙前とも言える。ついこないだまで、年末解散・年始解散・年度末解散とトバシ記事を書き続けたのは何処のどいつだ。

責任者、出てこ〜い by 人生幸朗師匠


>検察側にも何か意図があったと思わずにはいられない。

 そりゃあっただろう。「巨悪は見逃さない」という強い意志が働いていただろうな。マスゴミは都合の悪いことには目をつぶるようだけどね。


>検察側は3月いっぱいでこの事件は時効になるから今やらざるを得なかったと言っている。しかし、時効になるのは半分だけで、残り半分は時効にならない。

 はっ!これがマスゴミ理論か。残り半分が時効にならないから、半分が時効になってもかまわないというわけだ。こういう奴らが、社会正義を言うのか?ちゃんちゃらおかしい。いっそのこと時効なんぞ無くしてしまえばいい。そうすれば、こういうたわけたことを言い出す奴がいなくなるだろう。


>だから、これはどうしても今、強制捜査と逮捕をしなければならない理由にはならない。
 そういう意味では小沢さんの言っている「徹底抗戦」というのは意気込みとしてはよくわかる。


 見逃す理由にもならんわな。時効をわざわざ待ってあげて、違法献金額を下げて差し上げるというのがマスゴミ理論なのかね。
 小沢の徹底抗戦は大いに結構。どんどん、泥沼にはまってくれ。民主と共に滅びるが良い。ついでに、自民の膿も出してくれるとうれしい。


>一方では、わざわざこういう時期に検察があえて第一秘書の逮捕に踏み切ったということは、検察が相当のもの(証拠)を持っていると見たほうがよい。
 国民の多くも、こういう時期の検察のやり方はひどいという気持ちを持つだろう。国民からそういう世論が起きることを承知で検察はやったわけだから、それに対応する相当のブツを検察は持っていると見たほうがよい。


 当ったり前田のクラッカ〜!・・・・古いなこんなのわかりきったことだ。最初から秘書の逮捕は、証人の確保を目的とした別件逮捕と考えるのが自然でしょ(この手の事件では何故か関係者に自殺が出るからな)。政治資金規正法に関しては、もう真っ黒なんだろう。だからこそ、逮捕拘留に至ったと思われる。だとすれば、特捜が当たりを付けている本丸は何だろう?
 たぶん、特捜の本丸は贈収賄だとは思うが、ひょっとしたら、もっと何か出るのかもね。ちょっと楽しみですな。


>検察はこれから、新聞やテレビに「いかに小沢が悪いか。秘書が悪いか」という逮捕の根拠を毎日のようにリークしていくと思う。

 これ、あんた方がいつも使う手でしょ。当然特捜も使うさ。全くの無問題ですな。具体的には以下で田原氏の言うとおり。


>小沢さんは、記者会見で「献金を受け取ったことは事実だが、それは政治資金規正法に則って、適正に処理し、公開している。何らやましいことはない」と話した。
 ところが、その翌日に2つの新聞が、西松建設側と小沢さんの秘書が、どのように、どのくらいの額を、どういう形で小沢氏の「陸山会」に入れるかということを直接交渉しているということを報じた。これは検察側のリークだ。こんな情報は検察からのリークでなければ出てくるはずがない。


 そう。この通りのことが行われていると思われる。もちろん、特捜の正式発表でないところがミソ。あくまでも未確認情報としてのリークだ。実際にどのような内容の証言を得ているかを馬鹿正直に発表する必要もない。それこそ、「捜査上の秘密」という奴だろう。 捜査が有利になるような情報操作を行うことが、正しいかどうかは議論が分かれるところだとは思うが、少なくとも今のマスゴミに批判する資格はない。総理が「ホテルのバーは安い」「カップラーメンの値段が400円くらい?」「漢字が読めない」といったことでばかばかしいくらいの時間を割いて報道したことに問題がないのなら、今回の特捜の情報操作がそれほど悪い事とも思えんな。

中川氏の朦朧会見の報道もいいが、IMF幹部の発言も報道しろ(これについては後日書きます)


>これから検察側は毎日のようにこのようなリークをし、「小沢が悪い。なんて小沢は悪いやつだ」という世論作りを懸命にやると思う。
 もしかすると、今、表に出ている金とは別の、表面に出ていない金があるのかもしれない。


 普通の理解力・想像力・推理力があれば、こう考えるのが当然。民主・マスゴミは馬鹿ばっか。


>普通、裏金というのは表に出ることはないのだが、サラリーマン経営者というのは自分がポケットに入れたのではないということを示すために裏金も細かくメモしている場合がある。
 もしかすると、このメモを検察は押収して手に入れている可能性もある。
 そのくらいの根拠がなければこんな強引なやり方はしないと思う。


 その通りです。このくらいの予想はできそうなもんだが、民主もマスゴミもそれができない。だからこそ、「我らが民主党」であり、「マスゴミ」なんだろうけど。


>下手をすると、もし秘書が起訴された場合、民主党の執行部は一蓮托生で総辞任ということも起きる可能性がある。

 そうだねえ。中川氏の問題でも、もっと言うなら、漢字の読み間違えでも「解散」を言いつのってきた政党だ。確か中川氏の時は、「任命責任」という言葉も飛び出したな。
 さて、この任命責任ですが、これは当然、民主党にもある。

小沢党首の任命責任だ。

 前回、小沢は無投票で、代表に選出された。さて、このような汚職を行う議員を党首に据えた民主党員の「任命責任」はどうなるのだろう。民主理論に従えば、辞任は当然で、辞職すべきという声すら出てもおかしくないと思う。まあ、身内に甘い人たちですから、期待はしてないがね。


>日本の検察が起訴をすれば99パーセントの確立で有罪になるのだ。

 これは、有罪になるような物しか立件しないということだ。。ごく一部の例外(痴漢冤罪等)を除けば、おおむね正しく機能しているのだろう。だからこそ、金丸は罰金刑に過ぎなかったし、ロスの三浦氏は無罪になった。いくら心証として真っ黒でも確たる証拠が出てこなければ、微罪(無罪)になる。これもまた、司法が正しく機能している証左でもある。
 言い換えれば、こういう政治が絡むようなデリケートな事案は、有罪にできる確証が無い限り、見逃すと言うことに他ならないと思うんだけどね。むしろ、こっちの方が問題だと思うのは気のせいだろうか?


>本当は小沢さんが代表を辞めたほうがよい。個人として徹底抗戦すればよいのだと思う。
 小沢さんの個人的な徹底抗戦は今のところはいい。しかし、それを民主党の執行部が一蓮托生で乗るというのは非常に危険なことではないかと心配だ。


 そう。まさにこれ。何でこのような意見が民主からでないのか。TVからでないのか、不思議だ。普通に考えれば、そうした方が民主のダメージは小さくなるだろう。民主党は「小沢氏個人の汚職」については、関知しませんというスタンスを取ることで、身内であろうと不正は許さないという姿勢を見せることができるだろうに。そうすることで、民主のクリーンなイメージ(マスゴミによる人工着色料がかなり含まれるようだが)を守ることにもつながる。
 まあ、小沢の金が民主に必要不可欠なら、しかたないか・・・・・


>自民が返り血を浴びる可能性も
 今回の事件で、自民党は「反転攻勢だ」と喜んでいるが、検察はバランスを取るのでいずれ自民党も返り血を浴びる。
 強制捜査のようなことを、自民党の誰かにやるだろう。すでに自民党議員の名前が出始めているが、その検察の対象になるのは、すでに名前が出ている人になるか出ていない人になるかはわからない。出ていない人の方が危ないという情報もある。
 検察はバランスを取る意味で自民党にも捜査の手を伸ばすだろう。ただし、どの程度の人をやるかはわからない。
 それがわからないから自民党も手放しで喜ぶわけにはいかない。


 これもまた正しい。自民議員の名前が挙がっている以上、捜査の手は伸びるだろう。ただ、内容によるな。正真正銘「献金」として受け取った物と、「パーティ−券購入」では意味合いが大分異なると思う。物を売った代価だからね。議員が八百屋をしていて、大根1本100円でスーパーに売ったその売り上げを「不正献金」とは言わんだろう。これについては、特捜の捜査待ちだな。
 で、ここで田原市の言うとおり、自民に手が伸びる以上、民主のほざく「国策捜査」ではあり得ない。最も、自民の人も、そう言う議員が払拭されるのを期待しているかもしれないが。
 田原氏が、自民党員に捜査が伸びることを期待していることだけは解った。


>もう一つ心配なことは、マスコミの報道がこの事件一色になってしまうことだ。

 大丈夫でしょ。中川酩酊会見と比べて、報道量が極めて少ないように思える。

ちゃんとマスゴミによる「偏向報道」は行われてます。

田原さん良かったね。


>しかし今は重要なのはこれではなく、不況をどう回復させるかだ。そのためにも予算が終わったら、「20兆円前後の補正予算が必要だ」と古賀誠さんが「サンデープロジェクト」で話していた。僕は20〜30兆の補正予算が必要だと思っている。
 こういう審議こそ懸命にやらなければならないのに、もしかすると自民党がトチ狂って、3月いっぱいで本予算が通った後、補正予算の前に解散総選挙をやりかねない。
 こうなるとまさに、政局のために国民の生活や国がどうなってもよくなってしまっている。とんでもない思い違いだ。非常に危ないと思っている。


 これはちょっと聞き捨てならんな。いままで、景気対策そっちのけで、「1に解散2に解散、3・4が無くて5に選挙」とあおり続けたのがあんた方だろ。総理は常に「景気対策」を最優先してきた。それを必死になって阻止しようとしていたのが「民主党」だろう。
 今、例の交付金が出ることになったが、今度は出るのが遅いと言い出す始末。文句があるなら、さっさと関連法案通して参院通過させれば良かったんだよ。否決したいならそれでもいい。さっさと否決して、衆院に返せば良かったんだ。それをしなかった民主党に文句を言う資格など無い。まして、今さら、景気対策優先だ?馬鹿も休み休み言え。もう一度書く。

>こういう審議こそ懸命にやらなければならないのに、もしかすると自民党がトチ狂って、3月いっぱいで本予算が通った後、補正予算の前に解散総選挙をやりかねない。
 こうなるとまさに、政局のために国民の生活や国がどうなってもよくなってしまっている。とんでもない思い違いだ。非常に危ないと思っている。


 これを今まで実行していたのが民主党だ。実行していたんだよ。じいさん。

そのことをはっきり言わない田原氏は「卑怯者」だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
老いたかね?という言葉がはじめにありますが、これも最近感じていましたね。
「そのことをはっきり言わない田原氏は「卑怯者」だ。」とあるが、同感です。
かぎりなく“偽善者”にも近い、田原氏が幅を利かせるいま世界、これ以上の論客がいないのがさみしい。森永・・・の名前も聞きたくない。
「20兆円前後の補正予算が必要だ」と古賀誠さん言うのを厳しく検証をすることもなく鵜呑みにして喧伝する姿勢もいただけない。
すみません口が悪くて。
口悪爺々
2009/03/07 12:55
アハハ!一々ごもっともな論評恐れ入りました。田原も年令のせいばかりではなく、三流知識人を周りにはべらかしヨイショされ、さもオイラは国政のご意見番です…みたいな風情になりましたね(芸能界ゴッドネエちゃん和田なんとかの評論家判レベルですか)。 大した影響力も無いのに北朝鮮に出向いてみたり(山崎拓ちゃんもそうですが) してトチ狂ってきたのは、おまえ自身だろと…アハハ。 政界編成ガラガラポン出来ないなら、せめて民主は一度引きずりおろされた岡田氏じゃ無理ですかねぇ。
ときわちょう
2009/03/07 15:52
追伸 当たり前田のクラッカー!は古すぎますよ(笑)
ときわちょう
2009/03/07 15:58
遅くなりました。

口悪爺々様
 私も相当口の悪い部類でしょう。ただ、このような状況を許すこともできないので、どうしてもきつい言葉になってしまいます。「こういうエントリーを書かずに済む時代が来ればいいなあ」と常々思っております。

ときわちょう様
 まあ、田原氏ももう終わりかな。という感じですね。昨日のサンプロも飯を食いながら、ちょっと見ましたが、このエントリー通りの発言でしたね。期待を裏切らない田原氏にある意味感動してしまいます。

当ったり前田のクラッカ〜
・・・・・やっぱり古かったですね。
XL
2009/03/09 10:35
追加
ときわちょう様
 民主の次期代表ですが、とりあえず現在の3トップ(3馬鹿)は問題外。岡田氏もいいとは思いますが、西松関連ではあまり大きな事は言えないような気がします(イオンの受注が多いようだ)。思い切って前原氏がおもしろいとは思う。ちょっと、間抜けなところもあるけど、あの中ではまだましなような気がします。
XL
2009/03/09 10:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
田原氏の寝言 自民が政局優先で選挙するかも? 行き先のない道しるべ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる