行き先のない道しるべ

アクセスカウンタ

zoom RSS スポンサーへの圧力だ〜 どこが?

<<   作成日時 : 2016/04/07 17:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 効いてる効いてるってことかな?

共同:TBS「民主主義に重大な挑戦」

スポンサー圧力示唆に

2016/4/6 19:31


 TBSは6日、作曲家すぎやまこういちさんらが呼び掛け人を務める「放送法遵守を求める視聴者の会」が、安全保障関連法案の報道をめぐり、番組のスポンサー企業への圧力を示唆したとして「表現の自由、ひいては民主主義に対する重大な挑戦で、看過できない」とする声明を出した。

 同会は、TBSが昨年9月、安保法案の報道で反対意見ばかりを伝えたと主張。「政治的公平」を定めた放送法違反に当たるとして、経営陣の辞任などを求めた。誠意ある回答がなければ「国民的なスポンサー運動の展開を検討する」としていた。


 慌ててますなあ。まあ、当然か。民主主義への挑戦?それはおまえらのことだろう。報道しない自由なんぞ認めないよ。TBSでこの公開質問状の件を報道しなさいよ。他の局もやるべきだ。国民の知る権利を守るためにもな。
 とりあえず、岸井にでもしゃべらせてみてはどうか。因みに、その公開質問状って言うのは、ここ(http://housouhou.com/activity/836)にある。

 そのうち、TBSが気にしているであろう部分の抜粋。

◆スポンサー企業への働きかけ
当会は、日本経済を支える優良な多数のスポンサー企業に対して圧力行動をとりたくはない。
しかし、TBSが上記要望に対して4月8日までに「誠意ある」回答を発出しなかった場合、一定の形式や節度を重視しつつも、国民的なスポンサー運動の展開を検討せざるを得ない。その場合は以下の手順をとるであろうことをここに予告する。
1、当該番組のスポンサー企業各社に対して調査報告を送付。
2.スポンサー企業が問題の所在を確認し、自らの判断により適切に対処することで、違法報道による社会的な負の影響(ネガティブ・インパクト)にスポンサー企業自身が加担するリスクを防ぎ、社会的責務・株主に対する責務をより良く果たせるよう提言書を添付。
3.放送事業者とスポンサー企業が協同して果たすべき社会的責任について、広く国民的な注意喚起運動を開始する。


 そもそも、圧力なんぞかけたくないといってるわけだし、どちらかというと抗議文に近い物かもしれない。だとするなら、表現の自由の範疇だと思うな。不買運動につながるような物もない。何の問題もないと思うよ。

偏向報道に比べればね

 まあ、とりあえず、朝日新聞が植村を切りとばしたように、重要なポストにいたやつを切ればいいんじゃね。そのうえで

誰もいなくなった

というなら、それはそれまでの放送局でしょ。停波して何の問題もない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スポンサーへの圧力だ〜 どこが? 行き先のない道しるべ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる